ゴシックは魔法乙女攻略まとめ

© 2015 CAVE Interactive CO.,LTD

ゴシックは魔法乙女【ごまおつ攻略】巨大ドリルを使いこなせ!ヘルギガント徹底解説

ゴシックは魔法乙女の攻略記事

【ごまおつ攻略】巨大ドリルを使いこなせ!ヘルギガント徹底解説

2018-09-05 13:25 更新

半神ショットの実力やいかに!?

『ゴシックは魔法乙女』にて、8月31日に実装された新ショット”ヘルギガント”。ここではその性能を解説していくぞ。3代目セイラザードが携える新ショットの実力やいかに。

2

【ヘルギガント徹底解説のポイント】
・炙り性能、コンボ性能は圧巻
・物量ステージが得意
・傾けにクセがあるので要練習
・boss戦は不得意

ヘルギガントの基本性能

●メインドリルとサブドリル

ヘルギガントの形状は非常に特徴的で、通常時とラブマックス時でまったく異なっている。通常時の性能がラブマックスすることで発展するというよりは、ほぼ別のショットになると考えていいだろう。

3

通常時は前方のメインドリルと移動方向に発射されるサブドリルで構成される。”ドリル”と表現されているだけに、この性能は通常のショットとは異なり、敵に当たることで減速し炙り続けてくれる。このあたりはDRIドリルに近いかも知れない。

拡散型ショット“DRIドリル”の使いかたと評価&対応使い魔一覧

●ラブマックスで激変

ラブマックスすると形状が激変する。

4

主人公の前後から大きなドリルが突き出して、これは飛ばずにクロスブレードのようなショットへと変化する。

5

この巨大ドリルは左右に動くことで、それに合わせて傾けることができる。ドリルは基本的に低火力となっており、根元部分が高火力だ。このため、大型の敵などにこのドリルを刺すことが可能となっており、これによりゴリゴリとコンボを稼ぐことができるというわけだ。

大型の敵にぶっ刺すといえば、ちょうどこちらの記事にもあるようにシザースエッジを連想させる。

攻略班が気になるショットランキングベスト5(2018年8月版)

ヘルギガントとシザースエッジを並べてみるとこうだ。

IMG_7036_resultIMG_7037_result

ドリル型とエース型で、形状こそ違えど最大強化のマジカルリングにショットがすっぽりと収まる部分や立ち回りに共通点は多い。
(※……シザースエッジはマジカルリングから出ているようにみえるが波紋部分は収まっている)

シザースエッジとの最大の違いはラブマックスしていればどのように動いてもこのドリルを維持できることで、これこそがヘルギガントの強み。ドリルを傾けて、効率よくコンボを稼ぎ、撃破したいときは距離を調整する。

ドリル部分の判定は強めで、主人公の後ろからは前方と逆方向にドリルが出ていることになるので、ばら撒き型の岩に対しても強さを発揮することができるぞ。ただし真横だけは完全に弱点となるので、敵弾の侵入に注意が必要だ。

実際に使ってみた

ドリルの形状から比較的どんなパターンの岩にも対応できそうだ。後方のドリルは利点ではありながらも、それにより思わぬ方向から撃ち返しが来ることになるので注意が必要だ。

IMG_7118_result

▲対応力はかなり高い。撃ち返しに対しての慣れは必要そうだ。

やはり直線に吐きだされる岩には強く、ドリル部分を突き刺しながら立ち回ることができる。ただし有利属性で大型の敵をまったく撃破しないということはないので距離を調整しよう。

IMG_7119_result

▲ぶっ刺しがヘルギガントの真骨頂。

●傾きは基準線を把握する

ヘルギガントを使っていて気になるのはショットの傾きだ。

中央から右に移動すれば右に傾き、左に移動すれば左に傾く。この傾きの角度はショットの撃ち出しやラブマックスのタイミングとはまったく無関係で画面中央の基準となる位置(※ここでは便宜上”基準線”と表記)からどれだけ離れているかで決まっているようだ。

IMG_7106_resultIMG_7108_resultIMG_7107_result

この傾きは画面の端で移動を続けていると、本来傾く角度以上に傾けることができる。これは表面上、ショットが傾いているようにみえているが、実際は基準線がずれているだけ。

IMG_7110_result

▲例えば左に移動を続けショットを真横に向けるとする。

IMG_7109_result

▲すると基準線は右側にこれだけずれているといった具合。

この基準線は被弾やラブマックスの発動などでもとに戻らないので、以降はここからどれだけ離れたかによってショットの向きが決定されるということになる。これがクロスブレードの傾けとはまったく違う部分で、ヘルギガントの最大のクセといっていいだろう。

ヘルギガントは真横が非常に弱く、主人公の当たり判定が丸出しになってしまっている。傾けることでこのウィークポイントが上方向へずれていくことになるが、基準線がずれることで、ここのタイミングもずれていくことになるわけだ。

IMG_7113_result

▲右にいるときは、ウィークポイントが左横から左斜め上へと移動。基準線がずれれば、このタイミングも変わっていく。

ヘルギガントのまとめ

・炙り性能、コンボ性能は圧巻
・物量ステージが得意
・傾けにクセがあるので要練習
・boss戦は不得意

爽快なショットではあるが、難易度は高めだ。ショットの威力、形状から比較的目の前で岩の速度が変化するので、ある程度の練習は必要になる。ラブマックスしてしまえば指を離すことでショットも消えるので、スキルのジャマにはならなそうだ。

boss戦は逆にラブマックス状態だと属性玉を破壊しにくく、苦手な部類といっていいだろう。

IMG_7120_result

▲boss戦は素直にショットを変えたほうがいいかも知れない。

開幕後すぐに基準線を寄せて、以降は真横にして運用するというような立ち回りになるかは不明であるが、いずれにせよ今後の開発が楽しみなショットといえるだろう。

初心者必見の攻略&おすすめショット集

kouryaku▲ゲームをスタートしたら覚えておきたいことまとめ
集中ショットバナー▲初心者にもおすすめな育てるべき集中ショット選
拡散ショット 最強 おすすめ▲初心者にもおすすめな育てるべき拡散ショット選
集中ショット名評価拡散ショット名評価
ショットBWショットA
ウェーブBサイドショットB
バルカンBWウェーブB
マジカレーザーBWスプレッドB
ニードルAプラズマレイA
スプレッドBプラズマビームS
バックショットCホーミングC
ガトリングAホーミング改A
DDPレーザーSSスプラッシュB
ローリングAバーナーB
バーストBバウンドS
ツインショットAロックビームS
GODマグナムSSリングカッターA
ヴァイパーSマルチウェイS
ロックナパームBオールレンジB
ブラスターAフレイムS
ドラゴンバーンSSロックバレットS
メガレーザーSファントムS
サイクロンSSVショットB
ソードSアサルトA
ランサーSカオスウイングS
ラブレインAライトニングA
アビスSスプラッシュ改A
トレースビームBワイバーンS
ヘビーキャノンAクロスブレードSS
デルタショットBバレルロールA
ドラゴンデーンSバフォメットS
グラビトンSフォトンレイS
マルチサーベルSDRIドリルS
パイルバンカーSSインフェルノSS
XプロージョンSマインボンバーS
ドラゴンドーンSSシザースエッジ S
スパイラルSデスサイズS
フェニックスSシヌガ★ヨイS
デモンズホーンS
ツイストクローS
ギルティィソーS
ウロボロスSS
フェンサー S
極レーザーSS

ピックアップ 一覧を見る