ゴシックは魔法乙女攻略まとめ

© 2015 CAVE Interactive CO.,LTD

ゴシックは魔法乙女【ごまおつ攻略】ショット考察シリーズ(4)ソードのテクニカルな使いかた

ゴシックは魔法乙女の攻略記事

【ごまおつ攻略】ショット考察シリーズ(4)ソードのテクニカルな使いかた

2017-06-05 01:16 更新

集中ショットのソードを解説

『ゴシックは魔法乙女』(以下、『ごまおつ』)には多彩なショットが存在する。今回はその中でも『ごまおつ』随一の使用難易度を誇るとも噂されるソードを解説していこう。

▼ソードの基本情報はこちら
集中型ショット“ソード”の使いかたと評価&対応使い魔一覧

スコア向け強ショット“ソード”を学ぶ

ソードはその他のショットとまるで違う性質を持っており、ただ押しっぱなしのプレイでは本来の性能を引き出せない。

このショット独自のフォーメーションとシステムを理解して、練習することが大切だ。

◆集中型ショット“ソード”のポイント
・フォーメーションはタップの度に入れ替わる
・リターンソードシステムを学ぼう
・タップ連とはなんぞや!?
・ソードのメリット・デメリットを知る

フォーメーションについて

ソードには“前方”“後方”“四方”と3つのフォーメーションが存在する。これがタップの度に入れ換わることとなり、四方の後は再び前方に戻る。

もちろん四方にした状態で道中を進めるが、これではソードのポテンシャルを引き出せずに、そもそもソードを使う必要もないことになってしまう。

あくまでもこのフォーメーションが基本の形だと理解しておこう。

IMG_6331
▲剣がクルクルと回り、主人公の周辺で待機する。

リターンソードシステムについて

ソードの最大の特徴とも言えるのが、このリターンソードシステムだ。

このリターンソードシステムとは、指を離すことで、フォーメーションに応じた形でソードが飛んでいく。そして再びタップすると、フォーメーションが変わり、それと同時にソードが戻ってくることを指す。

ちなみに戻ってくるソードにも当たり判定があり、これを当てることでコンボがモリモリ伸びていくというわけだ。

IMG_6317
▲その他のショットでは考えられない範囲に飛んでいくリターンソードシステムがソードの醍醐味だ。

というわけで、コンボを伸ばすためにはリターンソードを当てたい。リターンソードを沢山当てるためには、短い間隔でソードを飛ばしたい

このようにソードでコンボを稼ぐことを突き詰めると、最終的に後述のタップ連に行きつくことになるだろう。

ソード操作の奥義“タップ連”とは?

よりソードをうまく使いこなすために必要な“タップ連”。このテクニックは高速でリターンソードをくり出すために、画面を連打することを指す。

この“タップ連”の難しいポイントは、飛ばしたソードが画面外に出てしまうと再タップしてもリターンソードが発生しないこと。逆にタップ連が早すぎても、ソードが飛んでいなければリターンソードの意味がない。

このようにソードでのタップ連は早すぎても遅すぎても効果がなく、さらにはこれをやりながらの移動になるので身体でタイミングをつかむしかない。ここは練習あるのみなのだ。

コンボを稼ぐときは、あくまでも戻ってくるソードで炙るというイメージを持ち、絶妙なタイミングを身体で覚えよう。

ソードのメリット・デメリット

ソードは押しっぱなしの場合、フォーメーション問わず主人公の周りに滞留するのでスキルのジャマを一切しないという利点がある。

どんな状況でもスキルのジャマにならないというのは、ごまおつのショットでも数が限られている。そのため、スコア大会向けのショットという枠で考えるとさらに貴重な存在だ。

ソードは周囲を取り囲むキューブ赤などにも効果的で、主人公の後方にあるタイミングでもソードを飛ばすことで炙れるのだ。

IMG_6324
▲前後左右、どこの赤キューブからも得点アイテムを稼ぐことができるぞ。

その一方でキューブ青にはソードが吸収されてしまい、リターンソードが発生しないどころか主人公が無防備になってしまう。

キューブ青ステージの場合は、ソードは使わずサブショットに切り換える準備も必要になってくる。幸いソードは集中ショットなので、キューブを広範囲で炙りやすい拡散ショットと組み合わせるとベストだ。

IMG_6321
▲キューブ青の前では、このように主人公が丸裸にされてしまう。素直にサブショットに切り換えよう。

ソードの真価はラブマックスで

ソードもほかのショット同様ラブマックスで効果が急上昇する。とくにこのときのコンボ生成力は凄まじく、一気にスコアを伸ばすチャンスだ。

画面の制圧力も格段に上がり、どんな岩の猛攻でもすべて炙り尽くすほどだ。

しかしソードのラブマックスは効果的な反面、危険も伴っている。ラブマックスが発動するときと、そして切れるときはソードが無条件で飛び、フォーメーションがリセットされる。これにより、倒したくない大型の敵を倒してしまったり、ギリギリで炙っていた岩に被弾する危険性が出てしまう。

ラブマックスがどこで発動し、どこで切れるかのおおよそのタイミングをつねに考えるのが大切だ。稼ぎポイントに合わせてラブマックスを調整するクセを付けておこう。

ソードを使いこなすために

◆ソードを使いこなす方法まとめ
・リターンソードが効率いいタップ連のタイミングを身につける
・キューブ青があるか否かをきちんと把握して出撃
・ラブマックスの発動タイミング、切れるタイミングを管理

このようにソードはごまおつ随一の難易度を誇るショットだが、使いこなせれば百人力。さまざまなステージで練習できるよう、できればひとつは持っておきたいショットと言えるだろう。

初心者必見の攻略&おすすめショット集

kouryaku▲ゲームをスタートしたら覚えておきたいことまとめ
集中ショットバナー▲初心者にもおすすめな育てるべき集中ショット選
拡散ショット 最強 おすすめ▲初心者にもおすすめな育てるべき拡散ショット選
集中ショット名評価拡散ショット名評価
ショットBWショットA
ウェーブBサイドショットB
バルカンBWウェーブB
マジカレーザーBWスプレッドB
ニードルAプラズマレイA
スプレッドBプラズマビームS
バックショットCホーミングC
ガトリングAホーミング改A
DDPレーザーSSスプラッシュB
ローリングAバーナーB
バーストBバウンドS
ツインショットAロックビームS
GODマグナムSSリングカッターA
ヴァイパーSマルチウェイS
ロックナパームBオールレンジB
ブラスターAフレイムS
ドラゴンバーンSSロックバレットS
メガレーザーSファントムS
サイクロンSSVショットB
ソードSアサルトA
ランサーSカオスウイングS
ラブレインAライトニングA
アビスSスプラッシュ改A
トレースビームBワイバーンS
ヘビーキャノンAクロスブレードSS
デルタショットBバレルロールA
ドラゴンデーンSバフォメットS
グラビトンSフォトンレイS
マルチサーベルSDRIドリルS
パイルバンカーSS
XプロージョンS
ドラゴンドーンSS

ピックアップ 一覧を見る