ゴシックは魔法乙女攻略まとめ

© 2015 CAVE Interactive CO.,LTD

ゴシックは魔法乙女【ごまおつ攻略】脱初心者宣言!ギルドバトル攻略【実践編】

ゴシックは魔法乙女の攻略記事

【ごまおつ攻略】脱初心者宣言!ギルドバトル攻略【実践編】

2017-06-26 09:37 更新

脱初心者宣言!ギルドバトル実践攻略

『ゴシックは魔法乙女』の一つの大きな要素であるギルドバトル。

ギルドに貢献したい!GPを稼ぎたいけど、どう立ち回ったらいいかわからない。そんな脱初心者を目指すプレイヤー向けに、上級者に近づくための基本テクニックを紹介する。

ギルドバトル(以下、ギルバト)は非常に奥が深く、戦いかたも千差万別であるが、これら基本を知れば応用できるものばかり。基本を押さえて仲間とともにバトルを制そう。

◆ギルバト実践のポイント
・ショットはロックビーム、スキルは全体攻撃、アイテム吸収
・ショットの属性は有利で、全体攻撃の属性はそれ以外で
・緑キューブはスル―しよう
・Boss戦ではラブマックスを切ろう
・ブレイクではアイテム吸収を使おう
・動画をチェックしよう

▼ギルバトの基本はこちら
ギルドの基本ルールと参加するメリット
ギルドバトルの戦いかたとGP稼ぎのコツ

ショットはロックビームが最適

マルチウェイ、サイクロン、ガトリングなど使えるショットは数あれどギルバトのショットと言えばロックビーム。道中、大型の敵戦、Boss戦とギルバトすべての場面において最適で、ギルバトショットの王様と言えるだろう。

ギルバトに真剣に取り組むとなれば、まず目指すのはそれぞれの属性のロックビームを揃えることなので目標として報酬やガチャをチェックしよう。

▼ロックビームの性能と使いかたはこちら
拡散型ショット“ロックビーム”の使いかたと評価
テクニカルショット“ロックビーム”の使いかた

IMG_5872
▲こちらは既に期間終了してしまったが、オーブ交換も見逃さずにチェックしておこう。

スキルは全体攻撃とアイテム吸収

ギルバト向き筆頭とも言えるスキルは全体攻撃とアイテム吸収のふたつだろう。設置や援護範囲ももちろん使えるが、基本はこのふたつと思っておけば大丈夫だ。

全体攻撃は非常に数も多いので編成にも困らないはず。アイテム吸収の場合、覚醒すると効果時間が延びるので編成を意識してみよう。その場合は属性より覚醒優先の編成でOKだ。

IMG_5878
▲アイテム吸収もオーブ交換でゲットできることも!?即交換したい。

ショットの属性は有利、全体攻撃は有利以外

ショットは有利属性を使うのがセオリー。それはガードアンブレラ撃破時やBossの弱点属性玉破壊でのジュエルなど有利属性のショットの場合、稼げる場面が多くなるからだ。火力が問題ないからといって有利属性以外のショットを使うと大きくGPを損してしまう。ギルバトはあくまでもクリアではなく、GP稼ぎがメインと心がけよう。

逆にスキルの全体攻撃は有利属性を避けよう。大型の敵の出す岩稼ぎで発動するが、有利属性の場合、スキルで本体を撃破してしまう可能性がある。ショットは有利、全体攻撃は有利以外と覚えておこう。編成編でも記載したように、ギルバトは出撃使い魔の属性ボーナスがないため、属性を合わせる必要がない。

ショット、スキルとピンポイントで属性を調整するという自由度の高さが通常と大きく異なる点なので覚えておこう。

ギルドシューティングでのテクニック

ギルバトでは、通常と同様、なるべく多くの敵をマジカルリングにマーキングして倒すのが基本だ。マーキングした敵を一定量撃破することでジュエルケージが出現する。ということでロックビームを使用する場合、撃ちっぱなしは厳禁。

敵を遥か遠くで撃破してしまわないように、敵に近付いて撃破→撃ち止め、ジュエル回収→近づいて撃破とメリハリを付けることが大切だ。これはギルバトに限ったことではないが上級者ほどショットを撃たない時間が長い傾向にあるのでぜひ真似してもらいたい。

大型の敵には全体攻撃がおすすめ

大型の敵が来たら絶好の稼ぎ場所。岩を吐いたら全体攻撃を発動。ジュエルケージを大量に放出するのでこれを確実に破壊してジュエルを回収する。

IMG_5861
▲岩に合わせて全体攻撃を発動!大型の敵を瞬殺すると、これだけにジュエルケージをムダにすることになってしまう。

キューブの対処法

ギルドバトルではふだん見かけない緑色のキューブが登場する。これはキューブ青、キューブ赤とは違い、撃ったところでコンボもスコアも稼ぐことができない。完全な障害物として登場しているので、撃ちにいってムダな動きをしないよう気を付けよう。大型の敵撃破時の爆風に巻き込めば、ほかのキューブ同様破壊しジュエルを排出させることは可能だ。

Boss戦はまずラブマックスを切る

コンボも最高に達しているBoss戦は当然ながら最大の稼ぎ場所となる。まずBossを瞬殺してしまわないようにラブマックスを切ろう。ラブマックス状態だと火力オーバーでショットを当てないよう調整しているつもりでも撃破してしまうことが多い。

ここは勇気を持って乙女とのラブマックスをお断りし、使い魔チェンジでBoss戦突入演出中に切ってしまおう。

そしてboss戦では弱点属性玉を破壊してジュエルを回収していく。基本的にはBossの正面に位置取りして、目の前に飛んでくる属性玉を撃ち、ジュエルを回収していく。

それ以外の行動にはショットを適度に切りながら属性玉を待ち、飛んできたら破壊してジュエルの回収だ。それに対しての撃ち返しもないので、気を付けるべきは残り時間だ。とにかくギリギリまで稼いでいこう。上級者になるとピッタリ残り0秒で撃破し、このBoss戦だけで道中と同等のGPを稼いでしまうこともあるのだ。

IMG_6531
▲横に逸れる属性玉は追わないようにしよう。被弾の元だ。
IMG_6532
▲このように目の前に来た属性玉を狙い撃ちだ。

ブレイクでのアイテム吸収

ブレイクチケットを使用すると発生するジュエルの数が倍増する。画面いっぱいに出現するジュエルを追っていると、パターンが崩れ、炙りの精度が落ちて本末転倒になってしまうことも。そこでアイテム吸収を使えば、出現するジュエルはすべて回収してくれるので、炙りに専念することができる。

もしここで全体攻撃も併用する場合は発動待機時間が発生するので早めにアイテム吸収を発動しておくといいだろう。
もちろんこのブレイクチケットはBPブーストも併用したい。

BPブーストとは?

BPブーストとは消費BPを増やす代わりにGPボーナスを得る機能だ。

ブーストとは
▲BPブーストによるGPボーナス値はギルド戦により異なるぞ。

使用できる回数は通常3回、イベントで10回など上限が設けられている。
ギルドバトルの戦いかたとGP稼ぎのコツでも紹介しているように、ブレイクはhardで使うのが基本となっており、さらにこのBPブーストを併用するのがほぼ共通の認識となっている。

自分のギルドでは時間内に何回ブレイクチケットを使えるかを把握してBPブーストを温存したい。
このBPブーストとブレイクはギルドバトルの勝敗を大きく分ける重要な要素なので、ギルド戦の流れを読んで効率良く使っていこう。

動画をチェックしよう

そしてギルバトが始まると、全国のプレイヤーが動画を投稿する。序盤だけでも沢山の動画が投稿されるので、数回出撃したら一旦それらを観にいくのもいいだろう。 最初は上手い人のプレイをマネするのも上達のコツ。動画は、ホーム画面の“攻略動画”アイコンから見に行こう。

ここで紹介したテクニックは上位のプレイヤーはすべて意識していること。これらを応用してさらに反属性での岩炙りや、ヘルパーを使用した炙り、設置や援護範囲を使用した大型稼ぎなど、稼ぎ方法をさらに構築している。ショットやラブマックスの調整はスコア大会にも共通するテクニックなので少しずつ慣れて実践し、ギルドの中での活躍を目指そう。

初心者必見の攻略&おすすめショット集

kouryaku▲ゲームをスタートしたら覚えておきたいことまとめ
集中ショットバナー▲初心者にもおすすめな育てるべき集中ショット選
拡散ショット 最強 おすすめ▲初心者にもおすすめな育てるべき拡散ショット選
集中ショット名評価拡散ショット名評価
ショットBWショットA
ウェーブBサイドショットB
バルカンBWウェーブB
マジカレーザーBWスプレッドB
ニードルAプラズマレイA
スプレッドBプラズマビームS
バックショットCホーミングC
ガトリングAホーミング改A
DDPレーザーSSスプラッシュB
ローリングAバーナーB
バーストBバウンドS
ツインショットAロックビームS
GODマグナムSSリングカッターA
ヴァイパーSマルチウェイS
ロックナパームBオールレンジB
ブラスターAフレイムS
ドラゴンバーンSSロックバレットS
メガレーザーSファントムS
サイクロンSSVショットB
ソードSアサルトA
ランサーSカオスウイングS
ラブレインAライトニングA
アビスSスプラッシュ改A
トレースビームBワイバーンS
ヘビーキャノンAクロスブレードSS
デルタショットBバレルロールA
ドラゴンデーンSバフォメットS
グラビトンSフォトンレイS
マルチサーベルSDRIドリルS
パイルバンカーSS
XプロージョンS
ドラゴンドーンSS
スパイラルS
フェニックスSS

ゴシックは魔法乙女 ~さっさと契約しなさい~

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルシューティング
メーカーケイブ
公式サイトhttps://gomaotsu.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る