ゴシックは魔法乙女攻略まとめ

© 2015 CAVE Interactive CO.,LTD

ゴシックは魔法乙女【ごまおつ攻略】脱初心者宣言!ギルドバトル攻略【実践編part2】

ゴシックは魔法乙女の攻略記事

【ごまおつ攻略】脱初心者宣言!ギルドバトル攻略【実践編part2】

2017-07-19 14:18 更新

脱初心者宣言!ギルドバトル攻略【実践編】part.2

『ゴシックは魔法乙女』のひとつの大きな要素であるギルドバトル(以下、ギルバト)。脱初心者宣言!ギルドバトル攻略【実践編】では、上級者に近づくための基本テクニックを紹介した。

今回は、前回では書ききれなかった基本テクニックを中心に紹介していく。どれもギルバトに真剣に取り組もうと思い始めたプレイヤー必見のものばかりなので、しっかりと役に立ててもらいたい。

◆ギルドバトル実践編 part.2のポイント
・★1、★2を活用して低コスト編成を作ってみよう
・ギルバトでもスキル覚醒を意識して編成しよう
・キャラオーバーを意識してアイテム吸収を使いこなそう
・アイテム吸収と合わせて全体攻撃を使ってみよう

▼ギルバトの基本はこちら
ギルドの基本ルールと参加するメリット
ギルドバトルの戦いかたとGP稼ぎのコツ

具体的な編成について

一歩進んだギルドバトルの編成と参加メリットでは守護使い魔編成など、通常編成との違いについて紹介した。今回はさらに進んで、具体的な編成例を挙げていこうと思う。

低コスト編成を作ってみよう

ギルバトのステージはeasyからhardまでの3種類となっており、easyの活用はギルドにとっても大きな戦略となっている。チェインを稼ぐためにeasyを周回する場合は、なるべくコストを抑えた編成を心がけたい。

easyでは稼げるGPが控えめなので、低コストの編成に割りきってしまえばいいわけだ。

出撃に必要なBPは編成のコストを参照しているので、★1と★2を中心とした低コスト編成を組むことで消費BPをおさえよう。ちなみに、★1と★2の消費BPには差がないぞ。ちなみに2017年6月の時点で、★1は11種、★2は12種存在する。

IMG_7056
▲★1から★6まで余すことなく使いどころがあるのがごまおつのいいところ。

ショットやスプレッド、スプラッシュというラインアップの中でおすすめするのはやはりWショットだ。クリアのしやすさもダントツなので各属性のWショットを用意したい。

具体的には★2闇セレネ、★1光レイア、★2水ユリカ、★1風シャルドナ、★1火ルイトガルトがおすすめ★1水のアクアもWショットであるが、魔力の高いユリカがベターだろう。

ギルバト編成の魔力は使っていないほうのショットの魔力も参照しており、集中枠も大切だ。ここは★2の中でもっとも魔力の高いシャマナがおすすめ。

ついで火コロナ、光アウロラとなるので、シャマナがない場合はこの辺で代用してみよう。とにかく低コストで高魔力を目標に工夫してみよう。

IMG_7049
▲このシャマナは★2で最高魔力を誇っている。限界突破4にして編成したい。
IMG_7048
▲実際の編成はこんな感じ。スキルを使う必要がないのですべて外している。

使い魔図鑑でも少し離れた場所(下のほう)にいる★1、★2の4体はあとから実装された使い魔だ。今後も★1、★2の使い魔が実装される可能性があるかも知れないので、そのときはショット、魔力に注目してもらいたい。

★1、★2を売却してしまったというプレイヤーは、エーテルスコア大会やストーリーでドロップするので小まめに周回してみてはいかがだろうか。

IMG_7050
▲エーテルスコア大会にてドロップ。
IMG_7052
▲第8章”終わりなき戦い”normalにてドロップを確認。

親密度あげはスキル覚醒を

BPを回復する清めの雫、聖なる水が余ってしまって使いきれないというプレイヤーは、コストは度外視に親密度を稼ぐのもいいだろう。このときは通常の親密度あげと同様に覚醒を念頭に編成すると、30分のあいだでかなりの親密度を稼ぐことが可能だ。

もちろんギルバトはチームプレイなので、親密度あげはギルドのグレードや対戦相手を考慮したい。

アイテム吸収を使いこなそう

スキルのアイテム吸収はギルバトではとても重宝すると紹介した。これにはふたつの理由があり、ひとつは画面内すべてのアイテムを自動で回収してくれるので、ムダな動きをせずに済むこと。指を離しても回収が発動するので、ムダな撃ち出しを始めとするパターン崩れも防げるわけだ。

IMG_7066
▲boss戦で使えば、属性玉狙いに専念できるのでおすすめだ。シビアな時間との勝負なので極力負担は減らしたい。

もうひとつはキャラオーバーを防止し、スコアダウンを避けることができるということ。このキャラオーバーとは、画面上に出現可能なオブジェクトの数に上限があり、それ以上のアイテムが出現しなくなってしまう現象だ。

シューティングのタイトルではわりと知られた現象であり、ケイブの名作アーケードシューティング『エスプガルーダ』ではスコアに大きく影響してしまうとして知られている。

『ごまおつ』でもこのキャラオーバーは存在し、とくにジュエルが大量に出現するhard+ブレイクでは損をしてしまうことも。そこで出現と同時に問答無用で回収してくれるアイテム吸収が役に立つというわけだ。

アイテム吸収も覚醒させよう

親密度あげでも覚醒は大切と書いたが、アイテム吸収も覚醒が大切だ。最大10秒と書かれていても、それはスキルレベル10、非覚醒での時間であって、覚醒すれば話は別だ。

k
▲ギルドバトルでも覚醒はとても大事なのだ。
IMG_7067
▲日替わりで各属性のロックビームを使うとして、スキルを全て覚醒させるのは意外に大変だ。アイテム吸収の種類は多いに越したことはない。

効果時間を検証してみた

スキルレベル10の最大10秒アイテム吸収を覚醒させると、およそ16.6秒。スキルレベル10の最大13秒アイテム吸収は覚醒で、およそ21.6秒。非覚醒時の効果時間も1秒ちょっとの誤差があったので、これは端末に依存してのものと思われる。従って10秒アイテム吸収はおよそ15秒13秒アイテム吸収はおよそ20秒。覚醒すると効果時間は1.5倍に延長されるということで良さそうだ。

最大10秒アイテム吸収のスキルレベル1の場合は、非覚醒で約6秒。覚醒でやっと10秒に乗るかという感じなのでレベルはきちんとマックスにして使いたい。3枚の10秒アイテム吸収を覚醒させれば、非覚醒のアイテム吸収を4枚以上積んでいるのと同等の効果時間となる。いかに覚醒が大切かがわかると思う。

IMG_7054IMG_7055

全体攻撃を活用する

覚醒で時間を延ばした場合は、アイテム吸収の数を減らし、全体攻撃を入れるという使いかたもできるだろう。スキル攻撃はどこで撃破しても、マジカルリング内で撃破するのと同じ効果を持っている。

ギルバトではマジカルリング内で敵を撃破するとジュエルを排出するというシステムなので、全体攻撃を使うことにより画面のあらゆる場所からジュエルを排出させることが出来てしまう。先にアイテム吸収を発動し、大型の敵の岩に合わせて全体攻撃を撃てば、大量に出るジュエルをムダなく回収することができるわけだ。

IMG_7065
▲ここでアイテム吸収を発動し、ジュエルケージを壊していこう。

このようにギルドバトルでは、スコア大会同様に覚醒がとても重要な要素となるので今後の編成に役立ててもらいたい。低コスト編成、親密度上げ編成、ガチ稼ぎ編成と組んでみて状況に応じて使っていこう。

初心者必見の攻略&おすすめショット集

kouryaku▲ゲームをスタートしたら覚えておきたいことまとめ
集中ショットバナー▲初心者にもおすすめな育てるべき集中ショット選
拡散ショット 最強 おすすめ▲初心者にもおすすめな育てるべき拡散ショット選
集中ショット名評価拡散ショット名評価
ショットBWショットA
ウェーブBサイドショットB
バルカンBWウェーブB
マジカレーザーBWスプレッドB
ニードルAプラズマレイA
スプレッドBプラズマビームS
バックショットCホーミングC
ガトリングAホーミング改A
DDPレーザーSSスプラッシュB
ローリングAバーナーB
バーストBバウンドS
ツインショットAロックビームS
GODマグナムSSリングカッターA
ヴァイパーSマルチウェイS
ロックナパームBオールレンジB
ブラスターAフレイムS
ドラゴンバーンSSロックバレットS
メガレーザーSファントムS
サイクロンSSVショットB
ソードSアサルトA
ランサーSカオスウイングS
ラブレインAライトニングA
アビスSスプラッシュ改A
トレースビームBワイバーンS
ヘビーキャノンAクロスブレードSS
デルタショットBバレルロールA
ドラゴンデーンSバフォメットS
グラビトンSフォトンレイS
マルチサーベルSDRIドリルS
パイルバンカーSSインフェルノSS
XプロージョンSマインボンバーS
ドラゴンドーンSS
スパイラルS
フェニックスS
デモンズホーンS
ツイストクローS
ギルティィソーS

ゴシックは魔法乙女 ~さっさと契約しなさい~

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルシューティング
メーカーケイブ
公式サイトhttps://gomaotsu.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る