#コンパス攻略まとめ
#コンパスの攻略記事

『#コンパス』“ゼータキャノン”に“エレメントソニック”など驚きの原作再現度!『ロックマンエグゼ』コラボのこだわりポイントをチェック

2023-10-12 12:29 更新

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

#コンパス 【戦闘摂理解析システム】

“ロックマン.EXE & 光熱斗”の原作再現こだわりポイントをまとめて紹介!

『#コンパス』では現在、人気ゲーム『ロックマンエグゼ』とのコラボを開催中。

ロックマンエグゼこだわり_バナー

【開催期間】
2023年9月25日~10月15日

今回はそんな『ロックマンエグゼ』コラボから新ヒーローのロックマン.EXE & 光熱斗を中心に、原作ネタに絡めたイベントの魅力をピックアップ。攻略記事だけでは伝わらない本コラボの魅力についてまとめていく。

今回のコラボをきっかけに『#コンパス』を始めるかどうか迷っている人や、今回のコラボガチャにBMを使うべきか迷っている人は、ぜひこの記事を参考にしてほしい。

『ロックマンエグゼ』コラボについて

今回のコラボでは新プレイアブルヒーローとしてロックマン.EXE & 光熱斗が参戦。コラボガチャからは、原作のキャラたちのイラストを採用したカードが排出される。

コラボヒーロー

ロックマン.EXE_ステータス用 2023-09-20 07-01-40

コラボカード

コラボコスチューム

また新たにロックマンエグゼシリーズから各作品の原作キャラをモチーフとしたコラボコスチュームが登場。

ロックマンエグゼ‗こだわり21_横300幅ロックマンエグゼ‗こだわり22_横300幅
ロックマンエグゼ‗こだわり23_横300幅ロックマンエグゼ‗こだわり24_横300幅
ロックマンエグゼ‗こだわり26_横300幅

『ロックマンエグゼ』コラボのこだわりポイントを一挙解説!

ここからは、新コラボヒーローの“ロックマン.EXE & 光熱斗”に詰め込まれたこだわりポイントについて紹介していこう。

演出へのこだわり

まずは戦闘面の演出面でのこだわりポイントを紹介。

 

●攻撃モーション

ロックマンの攻撃モーションは通常攻撃、カードスキル、ヒーローアクション、ヒーロースキルのすべてに原作を彷彿とさせる要素が詰め込まれている。

まずは通常攻撃だが、原作においても多用する“ロックバスター”が通常攻撃となっている。もちろんロックマンの代名詞ともいえる装備だが、なんとこの“ロックバスター”はとあるコスチュームにしているとモーションが変化するのだ。

“グレイガビースト”のコスチュームにしていると、モーションが『ロックマンエグゼ6』のグレイガビーストと同じ、膝立ちをして屈みながらのモーションに変化する。

ロックマンエグゼ‗こだわり02_横300幅ロックマンエグゼ‗こだわり01_横300幅

▲左が“オリジナル”のモーションで、右が“グレイガビースト”時の通常攻撃モーション。連射力が爆速になるところまでは再現されていないが、3Dモデルでこのモーションが見られるのは『#コンパス』だけではないだろうか。

つぎはヒーローアクションだが、チャージして斬撃を飛ばすというもので原作を遊んだことがあるプレイヤーには印象深い“バリアブルソード”での攻撃となっている。

ロックマン_HA03_300ロックマン_HA04_300

▲余談ではあるが、筆者もまさかこの令和の時代に“バリアブルソード”に助けられることになるとは微塵も想像していなかった…、当時の記憶がよみがえってくる…!

最終の4段階目までチャージして放つと、原作でも猛威を振るったあの“エレメントソニック”を放つことができる。

性能は『#コンパス』用に調整されており、属性が乗った斬撃を4発放ち、さらに斬撃は、原作同様に複数体にヒットさせることもできる。

一度、相手にヒットすると最終段まで当たりやすいところも再現されており、なによりも熱斗君やロックマンが「バリアブルソード!」や「バリアブルソード!スロットイン!」とボイス付きで放ってくれるのはファンとしては感涙ものだ。

ロックマンエグゼ‗こだわり04_横400幅

▲このチャージ中のエフェクトも原作ファンならおなじみだろう。チャージショットを溜めた際のエフェクトで、原作で言うところの“タメうち”が“バリアブルソード”になった使用感となっている。

各種攻撃モーションは、原作ゲーム内の“バトルチップ”を使用した攻撃にちなんだモーションを行ってくれる。ここではその一部を紹介!

・近距離攻撃モーション

 
ロックマンエグゼ‗こだわり05_横400幅

▲原作の“ソード系”のモーションを再現。

・遠距離攻撃モーション

ロックマンエグゼ‗こだわり06_横400幅

▲“バルカン系”を使用した際のモーション再現。

・周囲攻撃モーション

ロックマンエグゼ‗こだわり07_横400幅

▲“バンブーランス”が周囲モーションとなっている。よく見ると足もとには原作の“バンブーランス”に描かれていたあの顔が…

・連撃攻撃モーション

ロックマンエグゼ‗こだわり10_横400幅

▲連撃モーションは“トルネード系”!原作でも『#コンパス』でも連続ヒットする共通点がある。

最後はヒーロースキルだが、名称は“P.A《ゼータキャノン》”。

原作でも特定の“バトルチップ”を組み合わせることで発動できた、切り札的存在の“P.A(プログラムアドバンス)”が『#コンパス』内でも実装されている。

発動時のエフェクトもこだわり抜かれており、ヒーロースキル発動時に原作の《キャノン》のイラストのカードが出現する。

本来ならば『#コンパス』ではカードのレアリティが表記されている部分にはレアリティには存在しない、A・B・Cが記載されている。

これも原作での“P.A《ゼータキャノン》”の発動条件である“キャノンを特定の順番で使用する”を再現しているものだ。

もちろん性能も、一定時間《キャノン》が使い放題となる原作と同じ性能となっている。

ロックマン_HS02_300ロックマン_HS03_300

▲《キャノン》A・B・Cを重ねてひとつのカードに!もちろんP.Aは“プログラムアドバンス”の略だろう。

ロックマンエグゼ‗こだわり08_横400幅

▲もちろん《キャノン》にも専用モーションが準備されている。

●そのほかのモーション

『#コンパス』内における状態異常に“スタン状態”というものがあるが、この状態になったロックマンの姿を見てほしい。

ロックマンエグゼ‗こだわり03_横300幅

原作を遊んだことをある方なら絶対に一度は目にしたことがあるはず。

原作でロックマンが敵の攻撃を被弾した際のモーションの再現なのだ。『#コンパス』のスタッフの力の入れようがこちらにも伝わってくる作り込み具合。

こだわりはこれだけではない。ヒーロースキルを発動すると、ロックマンのまわりにピンク色のリング状のエフェクトが発生するのだが、こちらも原作要素。

ロックマンとオペレーターである熱斗君が、一心同体になったときに発生する“フルシンクロ状態”のエフェクトが発生するのだが、この状態の時に耳を澄ますと、“あるSE”が流れている。

こればかりは記事だけでは伝わらないので、ぜひとも一度自分の耳でその驚異的な再現度を味わってほしい。

ロックマンエグゼ‗こだわり09_横400幅

コスチュームへのこだわり

本コラボでは、ロックマンのコスチュームが6種類あり、それぞれ各ナンバリングタイトル『1』~『6』にちなんだものとなっている。ここでは、全6種類のコスチュームの元ネタをチェックしていこう。

まず、最初に入手できるのがオリジナルコスチューム、これはロックマンの基本的な形態で“ノーマルスタイル”と表現されることもある。

 
ロックマンエグゼ‗こだわり011_横400幅

つぎは『2』『3』から“サイトスタイル”と“ヒートシャドースタイル”で、これらはロックマンが備えている“スタイルチェンジ”という能力で発現する姿。

“サイトスタイル”に関しては、このコラボイベントのために新たなグラフィック技術を『#コンパス』内に実装したほどの力の入れよう。原作では入手方法が難しかった“サイトスタイル”もさわれるので、当時遊んでいた方で手に入れられなかった方は『#コンパス』の世界で触れてみてはいかがだろうか。

ロックマンエグゼ‗こだわり012_横300幅ロックマンエグゼ‗こだわり013_横300幅

『4』『5』からは“ダークロックマン”と“フォルテクロスロックマン”が登場している。

“ダークロックマン”は、原作では口調も荒々しく変わり攻撃的になるが、『#コンパス』の世界では、口もとは不敵な笑みを浮かべているものの、性格や口調は変わらない。

“フォルテクロスロックマン”も、当時公開されていたアニメの映画を見に行かなければ手に入らないものだったため、憧れていたプレイヤーも多いのではないだろうか。

ロックマンエグゼ‗こだわり014_横300幅ロックマンエグゼ‗こだわり015_横300幅

そして最後は『6』から“グレイガビースト”のコスチューム。上記でも触れたが、このコスチュームでは通常攻撃のモーションが変化することに加え、ほかにも特殊な演出がある。

ロックマンエグゼ‗こだわり016_横300幅

なんと、このコスチュームを使用した状態での戦闘開始時に先頭にいる場合、『6』と同じくロックマンが“グレイガビースト”に変化するモーションが入るのだ。

ロックマンエグゼ‗こだわり17_横300幅

もちろんこれらの特徴はほんの一部で、“ロックバスター”の形状なども各コスチュームで変わっている。詳細はぜひその目で確かめてみてほしい。

ホーム画面のこだわり

ホーム画面では、ロックマンと熱斗君のやり取りも見られるほか、原作内でロックマンがいた“PET”がプレイヤーの端末に変わったような形で声をかけてくれる場面も。

ときにはプレイヤーに対して「ダークチップを使いなさい…なんてね」と冗談を言う場面もある。(※ダークチップは強力な反面ロックマンに悪影響を及ぼす原作の“バトルチップ”の名称)

ロックマンエグゼ‗こだわり19_横300幅ロックマンエグゼ‗こだわり20_横300幅

▲さまざまな反応を楽しもう!極稀にユーモア溢れるセンスが爆発したロックマンが見られることも…?

コラボは10月15日まで開催中!

今回紹介するこだわりポイントは以上。各種演出やキャラクターモデルについて、原作愛あふれる作り込みが随所に仕込まれているのがおわかりいただけたのではないだろうか。

このほかにも、「感じはどうだ?」「ん…なんか変だけど大丈夫!」といった原作要素をもとにしたセリフでのやり取りや、『#コンパス』世界のウイルスを見たロックマンの様子が見られるシーンなど、ファンにはうれしいこだわりがたくさん詰まっている。

上記であげた原作要素はほんの一部であり、もっと探せば新たな発見があることだろう。

コラボ期間は2023年10月15日までとなっており、これを逃すとしばらく入手できる機会はないだろう。

現在『#コンパス』内ではキャンペーンを実施しており、すでに遊んでいるプレイヤーに紹介してもらうことで、簡単に“ロックマン.EXE & 光熱斗”を手に入れることができる機会があるため、本記事で興味を持った方は一度『#コンパス』の世界に触れてもらいたい。


#コンパス 【戦闘摂理解析システム】

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクション
メーカーNHN PlayArt/ドワンゴ
公式サイトhttp://app.nhn-playart.com/compass/
公式Twitterhttps://twitter.com/cps_niconico
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る