1. サイトTOP>
  2. 『メギド72』アタック性能がガチ!サバト召喚&イベントで登場する新メギド“ベヒモス”&“ハーゲンティ”の性能まとめ

『メギド72』アタック性能がガチ!サバト召喚&イベントで登場する新メギド“ベヒモス”&“ハーゲンティ”の性能まとめ

2018-12-05 21:00 投稿

性能も演出もグッドなメギド登場!

DeNAのスマホアプリ『メギド72』で、2018年11月27日からスタートしたイベントクエストでは、“ハーゲンティ(バースト)”が、11月30日から開催されるサバト召喚では“ベヒモス”が新たに登場する。

本記事では、これら新メギドの性能を紹介していく。

セクスィーなベヒモスは戦闘力も期待大!

11月30日から12月7日までのあいだ開催されるサバト召喚“ワンパク番長大暴れ!”では、ラッシュスタイルのファイターであるベヒモスが初めて登場。

サバトではメギドの登場確率がふだんの2倍になっているため、新たにメギドを入手したい場合は温存していた召喚チケットをここで使うのもアリだろう。

▼ベヒモスのここに注目!

・スキルによるシフトでアタックやスキル、覚醒スキルの性能が変化!
・獣形態時はアタックで6回攻撃!
腹筋がセクスィー! そしてイケボ!

157_ベヒモス_3

ベヒモス最大の特徴は、スキルによってヴィータ形態と獣形態のシフトが行える点だ。

獣形態になることでアタック、スキル、覚醒スキルの性能が変化し、とくにアタックは6回攻撃に変化し、ヴィータ形態に比べて大きくダメージが伸びるぞ。

獣形態にシフトしたうえで固定ダメージ追加やアタックフォトン強化を付与すれば、かなりの戦闘力を発揮するだろう。

ヴィータ形態時のスキル(変化前①)ヴィータ形態時のスキル(変化後)

▲ワイルドなヴィータ形態からワイルドを通り越してビーストな獣形態へとシフト。見た目の変化も楽しめるメギドだ。

固定ダメージ付与

▲攻撃回数が多いだけに、固定ダメージ追加を行った状態でのダメージは注目すべきものとなる。

ヴィータ形態、獣形態ともに奥義の性能は変化せず、4回攻撃を行うと同時に自分にスキルフォトンを追加するものとなっている。

スキルフォトンが追加されるため、獣形態にシフトしてからアタックフォトンだけを積んでいってもいずれは再びヴィータ形態へとシフトすることになる。

ここで注目したいのは、ベヒモスのマスエフェクトだ。リーダーに設定した場合、自分の覚醒ゲージが3本から4本に増加するので、奥義を撃たずにアタックできる回数が1回増えるのだ。

獣形態時の奥義

▲奥義自体の威力も侮りがたいものがある。ヴィータ形態にシフトした後は再びスキルフォトンを積み、獣形態をキープして戦うといい。

マスエフェクト

▲ラッシュスタイルのメギドに対しては戦闘開始時の覚醒ゲージが+1される効果が発生するので、1ターン目から速攻をしかけるデッキを作るのにも向いている。

ハーゲンティ(バースト)は新要素のチェインに注目!

11月27日から12月5日までに渡って開催されるイベントクエスト“呪いの指輪と猛き迅狼”では、クエストクリアーでバーストスタイルのトルーパーであるハーゲンティが仲間になる。

新要素“チェイン”により、味方の行動順を早めることができるという、一風変わったメギドだ。

▼ハーゲンティ(バースト)のここに注目!

・チェインの発動で味方の行動順を早められる!
・スキルではダメージとともに確率で敵の覚醒ゲージが減少!
・奥義で味方全体の攻撃力アップ&味方単体にチェイン!

メギド_20181130 (4)

ハーゲンティ(バースト)の特徴は、何と言ってもチェインの存在だ。

チェインは発動することで、対象となっている味方が直後に行動できるようになるというもの。

行動順が遅いメギドでもすばやく行動できるようになるだけでなく、複数のフォトンを積んだ味方を対象とすれば、本来なら2巡目、3巡目となる行動を1巡目に発動させることもできる。

これまでは基本的に1巡のうちにフォトン(オーブ)は1回しか発動できなかったが、チェインを使えば1巡のうちに複数回発動することも可能となる。

メギド_20181130 (5)

▲チェインによる行動順の変化は、画面左のアイコンに黄色い光がつき、アイコンがくっついた状態で示される。

ハーゲンティ(バースト)自身がチェインを発動させるには、奥義か覚醒スキルを使用する必要がある(覚醒スキルについては、チェイン中のみチェインを発動できる)。

ハーゲンティ(バースト)だけでは1度のチェインしかできないが、彼女をリーダーにすることで、マスエフェクトによってバーストスタイルのスナイパーがスキルを使用した際、50%の確率でチェインが発動するようになる。

この場合、味方がスキルを発動した際のチェインによってハーゲンティ(バースト)の奥義か覚醒スキルが発動すれば、さらに別の味方へとチェインがつながり、一気に行動することができる。

また、ハーゲンティ(バースト)は特性によってチェイン中は味方への強化と敵への弱体の効果ターンが+1されるのもポイントだ。

メギド_20181130 (2)メギド_20181130 (1)[1]

▲奥義で味方全体の攻撃力アップ、覚醒スキルで敵全体の防御力ダウンができる。演出がいちいちおもしろいのもハーゲンティ(バースト)の魅力だ。

メギド_20181130 (3)メギド_20181130 (1)

▲確率で覚醒ゲージを減少させることのできるスキルも便利。チェイン数に応じてダメージ倍率と覚醒ゲージの減少量も変化するぞ。

メギド_20181130 (3)[1]

▲リーダーに設定すれば味方からチェインが発生するほか、自分の覚醒ゲージ減少の命中率アップや、バーストスタイルのトルーパーに対する素早さと全体攻撃アップの効果も発動する。奥義が厄介な相手や敵の数が多いクエストに有効だ。

マスエフェクトによるチェインは確率依存であるため、チェインを主軸とした戦法を安定させるのはまだ難しいが、今後もチェインを発動できるメギドが登場すれば、PvPも含めて戦いかたに大きな変化が見られそうだ!

戦力的にもキャラクター性的にもナイスメギド!

ベヒモスは強力なアタッカーとして、ハーゲンティ(バースト)は行動順変化による新たな戦術を考えるきっかけとして、それぞれ新戦力として要注目なメギドとなっている。

イベントクエストでの活躍も魅力的だが、戦闘中の演出を見ればより愛着がわいてくることだろう。とくに、攻撃的なイメージから一転してユニークなアクションを見せてくれるベヒモスの勝利演出は必見なので、入手できた人はぜひともチェックしてほしい。

メギド72

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーDeNA
公式サイトhttps://megido72.com/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧