1. サイトTOP>
  2. 『メギド72』効率を求めるだけが編成じゃない!ネタパーティーを組んで遊んでみよう

『メギド72』効率を求めるだけが編成じゃない!ネタパーティーを組んで遊んでみよう

2019-07-24 07:20 投稿

強さもいいけど、愛情もね!

DeNAより配信中の『メギド72』。本作ではキャラクター性もバトル性能も多種多様なメギドたちをどう組み合わせて戦うか、とパーティーを考えるのも楽しみのひとつだ。

ふだんであれば強敵、難所を乗り越えるためのパーティーを考えるところだが、今回は視点を変えて、戦闘よりもネタ性を重視したパーティーを考えてみたい。

自分の好きなメギドを詰め込むもよし、ビジュアルや関係性などを統一したメンバーで編成するもよし、メギドが多いだけに組み合わせを考えるだけでも、これがけっこう楽しいのである。

本記事では、ネタパーティーを3つほど組み、実際に戦ってみた様子をお届けするぞ。

なお、今回はDeNAの開発端末を借りてのプレイとなる。ネタパーティーなどという企画にも快く端末を貸してくれる運営チームに感謝!
※戦うボスにより、一部ネタバレを含む場合があるので、メインクエストの4章・5章を未クリアの場合は要注意!

パーティーその1:ピンク髪は正義!

まずは、ビジュアル面を統一したパーティーの“ピンク髪は正義!”

現実世界ではあまりお目にかからない髪色ながら、2次元では強い魅力を放つピンクヘアー……。

そんなピンク髪で統一したパーティーが見てみたい、という思いに駆られてピンク髪なメギドを集めてみたところ、これが意外にけっこうガチなパーティーとなった。

メギド_20190628ネタパ (29)

▲左から、サキュバス、マルバス、ベリアル、グレモリー、ハルファス。あぁ、ナイスピンク!

単体攻撃、範囲攻撃どちらもこなせるハルファスに、点穴を溜めて大ダメージを狙えるベリアルが揃い、マルバスが回復、グレモリーが妨害を仕掛け、サキュバスが支援を行う。

役割分担を見てもバランスが取れており、ピンク髪は正義であるということが証明されたと言っても過言ではないだろう。

戦ってみた:VSベレト(ステージ36)

ビジュアル的な戦闘力も高いピンク髪パーティー、その実際の戦闘力やいかに!

ということで、可憐なメンバーと対比するべく、カエルチックなビジュアルであるメギド体のベレトとの戦いに挑んでみた。

メギド_20190628ネタパ (1)

▲ピンク髪女子たちの前に立ちはだかるカエルボディ! 果たして勝負の行く末は!?

メギド_20190628ネタパ (25)メギド_20190628ネタパ (22)

▲戦闘中の光景がひたすらに美しい……(ただし味方の行動時に限る)。この眼福っぷりはまさに感謝感激あらかわいい~、といったところだ!

メギド_20190628ネタパ (24)メギド_20190628ネタパ (23)

▲ベレトのスキルによる追撃はアタック扱いなので、グレモリーの奥義を使えば大幅にダメージ減! グレモリーはメギド体でもピンク髪という点もポイント(?)だ。

メギド_20190628ネタパ (21)メギド_20190628ネタパ (19)

▲ハルファスがスキルによる全体攻撃でレイジファントムのHPを削り、リーダーにしたベリアルが溜めた点穴で一気にベレトを倒すという作戦だ。

メギド_20190628ネタパ (26)

▲バトル終盤、点穴が溜まったベリアルの覚醒ゲージが一切溜まっていないのにスキルフォトンを積んでしまうという操作ミスも飛び出し、勝敗が読めない展開に……? 結果はぜひ動画で確かめてほしい。

▼バトルの様子を動画でチェック!

パーティーその2:THE・鉄壁

多くのステージを攻略していくうえで欠かせない存在と言えば、やはり盾役のメギドだろう。

基本的にパーティーに1体だけ入れる盾役だが、逆に盾役メギドのみで組んだらどうなるのか……。

そんな可能性(?)に挑んでみたパーティーが“THE・鉄壁”だ。

メギド_20190628ネタパ (30)

▲左から、ザガン、サブナック、ロノウェ、ガープ、ボティス。これだけ守りが厚ければソロモンも安心だろう。

盾役のみのメンバー構成ではあるが、ガープ専用オーブのベインチェイサーや、ダメージを受けた回数に応じてダメージ倍率が上昇するザガンの奥義などを使えば、意外と攻撃手段にはそこまで困らない。

オーブで回復と奥義を連発で撃っていくための覚醒ゲージ増加用オーブもセットしていけば、盾役だけでも十分に戦えるということを証明できる、かもしれない!

戦ってみた:VSガブリエル(ステージ47)

THE・鉄壁の5体で戦う相手として選んだのは、全体攻撃によってかばうを無視する盾泣かせのガブリエルだ。

最後に笑うのは悪魔の盾か天使の矛か……、いま決戦のゴングが鳴る!

メギド_20190628ネタパ (17)

▲ふつうにプレイしていたらまずお目にかからない盾役5人衆が天使に挑む!

メギド_20190628ネタパ (14)メギド_20190628ネタパ (12)

▲ガープのベインチェイサーとザガンの奥義が火を噴く! すべての攻撃が全体攻撃なガブリエルはかばう泣かせだが、攻撃を受けた回数に応じて性能が強化される技は相性がいいとも言える。

メギド_20190628ネタパ (15)メギド_20190628ネタパ (11)

▲ロノウェとボティスはオーブのゴルゴンで覚醒ゲージを支援! ギリシア神話のゴルゴンは鏡の盾によって倒されたことを考えると、今回の鉄壁パーティーとは奇妙な縁があるようにも思える……?

メギド_20190628ネタパ (16)メギド_20190628ネタパ (13)

▲味方全員のダメージを軽減するサブナックのスキルは頼もしいが、ガブリエルの奥義は強化解除からの強力なダメージ! かなり五分五分の展開を見せたバトルの結末は……!?

▼バトルの様子を動画でチェック!

パーティーその3:KZ5

『メギド72』でネタと言えばさまざまな要素が挙がるが、外せないネタと言えば……、やはり“クズ”だろう。

メギド_20190628ネタパ (27)

▲公式クズのフラウロス。“勇猛な戦士だが性格が相当に悪い。一言でいえばクズ”。ここまで振り切った説明文もなかなかない。

そこで、思考や言動が冗談抜きで悪魔的なメギドたちをピックアップし、魅惑の外道ユニット“KZ5”を結成してみた。

メギド_20190628ネタパ (28)

▲左から、デカラビア、フラウロス、インキュバス、フォルネウス、メフィスト(カウンター)。すごく……ヤバいです……。

誰ひとりとして連携を取ってくれなさそうなメンバーではあるが、インキュバスとフラウロスの攻撃、フォルネウスの回復、メフィストのバリア付与、デカラビアの妨害&支援と、戦闘面でのバランスはまずまずだ。

戦ってみた:VSアスモデウス(ステージ31)

ふだんの行いがだいぶアレなKZ5の面々。目に余るクズ行為は、ついに混沌より愛の戦士を呼び出した……!

などという妄想により、KZ5にはアスモデウスとの戦いに挑んでもらうことにしてみた。

メギド_20190628ネタパ (10)

▲HPを一気に削り切らないとたいへんなことになるアスモデウス戦、火力不足が懸念されるが、果たして!?

メギド_20190628ネタパ (9)メギド_20190628ネタパ (8)

▲デカラビアが邪悪スマイルで毒を仕掛けるも、無情な“無効”の2文字が涙を誘う……!

メギド_20190628ネタパ (7)

▲組み合わせが組み合わせなだけに、ただケンカをしているように見えるが、あくまでもバリア付与&攻撃力アップの立派な支援である(ただしHPは減る)。

メギド_20190628ネタパ (5)

▲奥義が回復技ということもあり、メンバーのなかでは比較的まともに見えるフォルネウス。イベントクエストなどでは常識的な発言が多いが、メギド個別のストーリーではなかなかのヤバさを発揮している。

メギド_20190628ネタパ (6)メギド_20190628ネタパ (2)

▲攻撃の軸となるのは女性特効の技やマスエフェクトを持つインキュバスと、インキュバスのマスエフェクトに便乗してダメージが上昇したフラウロス(フラウロスはトルーパーなので、ぶっちゃけ前列に立つアスモデウスとの相性はよくない)。

メギド_20190628ネタパ (4)メギド_20190628ネタパ (3)

▲頑張ってアスモデウスのHPを減らすも、煉獄の炎に仲良く全員焼かれるKZ5の面々。果たしてアスモデウスを下して明日をつかむことはできるのか……!?

▼バトルの様子を動画でチェック!

アイデアは尽きない!

今回紹介したパーティーは、まだまだほんの一例だ。

外見やキャラクター性、あるいはストーリー内で関わりのあるメンバーのパーティーなど、ネタパーティーの組み合わせを考えるだけでも楽しめるぞ。

ネタパーティーを考えて実際に戦ってみると、それまでに試していなかったメギドの活用法や戦術の組み合わせが生まれ、意外と攻略に役立つこともある! ……かもしれないので、ぜひとも試してみてほしい。

最後に、そのほかのネタパーティーを掲載しておこう(ネタと言いつつ、一部はシンプルに相性がいい組み合わせにもなっているぞ)。

俺らイケメン

ストーリー内で関わりがあると言えば、“俺らイケメン”の3人は外せないだろう。

3体ともリジェネレイト体(カウンター)で揃えれば、マスエフェクトも噛み合って戦闘面でも優秀だぞ。

メギド_20190628ネタパ (38)

死者の国の4冥王

同じくストーリー内で関わりのあるメギドでは、“死者の国の4冥王”も組み合わせたパーティーだ。

全員カウンタースタイルでマスエフェクトをしっかり活用できるのもあり、こちらも十分に戦えることだろう。

メギド_20190628ネタパ (31)r

キューティーヴァイオレンスナンバー5

かつてピックアップ召喚で登場し、さりげなく高い人気を誇る武闘派女子ユニット(?)のキューティーヴァイオレンスナンバー5。

攻めの姿勢が強く出たメンバーにフォトンをどう割り振るか、なかなかに悩ましい……!

メギド_20190628ネタパ (32)r

腹筋自慢大会

腹部や鼠径部が攻めているメギドも多いじゃないか、ということで腹筋自慢大会開幕!

本当はリーダー枠を空けて、「ソロモンがリーダーだ!」というネタにしたかったが、残念ながらリーダー不在のパーティーを組むことはできなかった……!

メギド_20190628ネタパ (34)r

混沌たる愛をこめて

こちらは“愛”というキーワードで集めてみたメギドたち(アスモデウスだけ若干方向性が違うが)。

戦闘中はきっとソロモンを巡るギスギスとした空気が味わえることだろう!(プレイヤーの脳内で)

メギド_20190628ネタパ (36)

我らイケオジ

(外見的に)若いイケメンだけでなく、程よく熟したイケオジたちが揃っているのも『メギド72』の魅力。

俺らイケメンに対抗し、我らイケオジなパーティーを組めば、「ステキ!」、「イケオジ!」、「ブッ込むんじゃオヤジィー!」という黄色い声援が飛んでくる、かも……?

メギド_20190628ネタパ (33)r

メギド72

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーDeNA
公式サイトhttps://megido72.com/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧