メギド72攻略まとめ

メギド72『メギド72』第3のトランス!射撃・投擲系の攻撃に効果を上乗せする“バレットアーツ”を解説

メギド72の攻略記事

『メギド72』第3のトランス!射撃・投擲系の攻撃に効果を上乗せする“バレットアーツ”を解説

2019-11-27 11:20 更新

弾丸を生成して効果を上乗せ!

DeNAより配信中の『メギド72』。

多種多様な戦いかたを楽しめることに定評のある本作に、またも新たな戦術要素が追加された。

本記事では、新要素“バレットアーツ”の効果や、バレットアーツを扱えるメギド、その使いみちなどを解説していく。

【追記:11月27日】

本記事で紹介している内容について、一部修正予定があるとのアナウンスが出されました。

修正内容の詳細はゲーム内のお知らせを確認してください。

バレットアーツ(Bアーツ)とは

バレットアーツ(Bアーツ)は、“協奏”や“怒闘”に続く、第3のトランス効果。

特定の技で生成される“バレット”を消費することで、一部の技に防御力無視やダメージ増加など、バレットごとに異なる効果を上乗せできるというものだ。

メギド_20191025バレット (8)メギド_20191025バレット (6)

▲バレットを生成する技を使用することでバレットアーツが発動し、バレットを消費できる技の性能が一部変化する。

バレットを生成した後に“Bアーツ”の表記がある技を使うことで、バレットを消費した攻撃を行うことが可能だ。

バレットアーツを発動し、バレットを消費して技を発動すると、ダメージ倍率や攻撃範囲、状態異常付与の確率などが強化される。

フルフルの覚醒スキルであれば、攻撃範囲が敵横一列から敵全体へと変化するため、バレットによる追加効果を抜きにしても技の使い勝手がよくなっているぞ。

バレットの効果はあくまで追加効果なので、基本的にもとからある効果がなくなることはないようだ。

メギド_20191025バレット (24)
メギド_20191025バレット (23)

これまでのトランスとの最大の違いは、技によって生成するバレットの効果が異なるという点。

名前は同じ”バレットアーツ”でも、生成するメギドと消費するメギドの組み合わせによって違う戦いかたを楽しめるようになっている。

メギド_20191025バレット (3)メギド_20191025バレット (4)

▲生成したバレットの効果は、画面右下の弾丸マークをタップすると確認できる。バレットは生成した順番で消費されるので、複数種類のバレットを生成した場合、行動の順番にも気を配ろう。

メギド_20191025バレット (5)

▲バレットを消費する技を使う際は、フォトンを与えるタイミングで消費するバレットの効果を確認できる。ただし、表示されるバレットはあくまでフォトンを渡す瞬間での順番をもとに表示されるので、フォトン追加などによってズレが生じることもある。

基本的には、1回に消費するバレットはひとつだが、技によっては複数のバレットを消費することもある。

仮に防御無視のバレットとダメージ増加のバレットを同時に消費した場合、両方の効果が同時に発動するので、組み合わせ次第で非常に強力な攻撃を行うことも可能だ。

メギド_20191025バレット (7)

▲オリエンスの覚醒スキルは最大で10個のバレットを消費し、消費したバレットの数だけランダムな敵に攻撃を行う。

使用するバレットによっては感電の付与や防御力の低下といった効果を発生させることもでき、単純なアタッカーの強化だけでなく、敵の妨害など新たな立ち回りをさせられるのが魅力と言える。

バレットを生成できるメギド

2019年10月時点では、バレットを生成できるメギドは、アガレス(カウンター)、オリエンスの2体。11月中旬にはフォカロル(ラッシュ)が登場予定だ。

このうち、アガレス(カウンター)はイベントで仲間にすることができる。

アガレス(カウンター)

祖002_アガレス(カウンター)_3

アガレス(カウンター)は覚醒スキルでバレットを生成でき、その効果は防御力80%無視()と感電付与効果の追加だ。

※防御無視:敵の防御力が一定量無視される効果のこと。敵の防御力が高い場合や、味方の攻撃の倍率が低めでヒット数が多い場合のサポートに有効。

防御力が高い敵への対策や、スキル封じの手段としても使えるため、かなり使い勝手がいい。

アガレス_バレット

オリエンス

真019_オリエンス_3

オリエンスは奥義によって、ダメージ増加と強化解除の効果を付与するバレットを生成する。

ダメージ倍率の高い技と組み合わせて一気にHPを削れるうえに、手軽な強化解除手段としても便利だ。

オリエンス_バレット

フォカロル(ラッシュ)

祖041_フォカロル(ラッシュ)_3

フォカロル(ラッシュ)はスキルと奥義によって異なるバレットを生成できる。

スキルで生成するバレットは防御力低下と飛行特効の効果を、奥義で生成するバレットはレベル×20(★6でレベル×40)の固定ダメージを付与する。

攻撃回数の多いバレット消費技を持つメギドと組み合わせれば、安定してかなりのダメージを出せるだろう。

メギド_20191025バレット (25)

▲『メギド72』公式番組”アジトTV”#9( https://youtu.be/rVY4njJ6sfQ )で公開されたフォカロルの能力。

バレットを消費できるメギド

バレットを消費できるのは、弓や銃系統の武器による射出、あるいは投擲系の攻撃を行う技だ(ムルムルのスキルは武器を投げるがバレット消費技にならないなど、物を投げる攻撃がすべて対象になるわけではない)。

現時点では、上記のバレットを生成できるメギド3体に加え、9体のメギドがバレットを消費する技を持っている。

アガレスアリトンインキュバス
(カウンター)
メギド_20191025バレット (20)メギド_20191025バレット (13)メギド_20191025バレット (27)
フルフルベリアルマルコシアス
メギド_20191025バレット (17)メギド_20191025バレット (16)メギド_20191025バレット (19)
マルコシアス
(バースト)
レラジェレラジェ
(ラッシュ)
メギド_20191025バレット (12)メギド_20191025バレット (18)メギド_20191025バレット (11)r

これらのなかでも、マルコシアス(カウンター)はスキル、覚醒スキル、奥義のすべてでバレットを消費できるうえに、覚醒スキルは列攻撃、奥義は高ダメージ倍率の攻撃と、バレットの効果を活用しやすいメギドだ。

バレットを生成できるメギドを仲間にしたら、上記のメギドと組み合わせたパーティーをいろいろと試してみるといいだろう。

バレットパーティーを考えよう

バレットアーツを中心にパーティーを考える場合、要となるのはやはりバレットを生成するメギドの存在だ。

ここでは、イベントで仲間にできるアガレス(カウンター)のみを起用する場合と、オリエンスやフォカロル(ラッシュ)も組み込んだパーティーを紹介しよう。

▼防御無視と感電特効で攻める!

敵の防御力を一定量無視できるアガレス(カウンター)のバレットは、防御無視のマスエフェクトを持つメギドやオーブがない場合にはとくに役立つ。

また、バレットには感電を付与する効果もあるため、禁断の書やフォトンイーターといった感電特効の技を持ったオーブとの相性もいい。

バレット生成要員をアガレス(カウンター)のみとする場合、バレットによる防御無視で着実にダメージを与えつつ、感電が入った後に感電特効のオーブで攻める戦法が有効だ。

マルコシアスアガレス
(カウンター)
シャックス
メギド_20191025バレット (19)メギド_20191025バレット (10)メギド_20191025バレット (21)

▲シャックスの専用オーブ・ピヨピヨも感電特効の効果を持っているので、こちらもアガレス(カウンター)との相性はいい。滞水の地形を発生させるメギドやオーブと組み合わせれば、禁断の書やピヨピヨの威力はさらに倍増!

▼バレットでパーティー!

同時に複数種類のバレットを消費した場合、各バレットの効果がすべて発動するという特性を考えると、やはり組んでみたいのは全バレット混合パーティーだろう。

アガレス(カウンター)、オリエンス、フォカロル(ラッシュ)の各バレットを生成した状態でオリエンスの覚醒スキルを使えば、防御無視&感電付与、ダメージ増加&強化解除、防御力低下&飛行特効、さらに固定ダメージも加わるという鬼のような攻撃が可能だ。

オリエンスはリーダーにすることで戦闘開始時に覚醒ゲージが最大になるうえに、カウンター/スナイパーの覚醒に必要なゲージを-1できるので、自身やアガレス(カウンター)のバレット生成をすばやく行うことができるぞ。

また、特定のメギドに集中してバレットを消費させたい場合(オリエンスの覚醒スキル用にバレットを貯めたいなど)、逆にバレットを消費しないメギドを多めに編成するのもアリだろう。

アガレス
(カウンター)
フォカロル
(ラッシュ)
オリエンスクロケル
メギド_20191025バレット (10)メギド_20191025バレット (28)メギド_20191025バレット (9)メギド_20191025バレット (15)

▲バレット生成要員の3体がいずれも覚醒状態になる必要があるので、後列の覚醒ゲージを+1できるクロケルやブエルなどがいると準備を整えやすい。攻撃を受け止めるための盾役も忘れずに組み込もう。

手持ちメギドの再確認を!

協奏、怒闘に続く第3のトランスとなるバレットアーツは、アガレス(カウンター)などの新規メギドはもちろん、既存のメギドにも新しい立ち回りをさせることができる要素だ。

アガレス(カウンター)などを仲間にしたら、まずは手持ちのなかでバレットを消費できるメギドを確認し、バレットアーツを意識したパーティーを組んでみるといいだろう。

本格的に使ってみることで、それまであまり起用していなかったメギドの意外な強さを発見できる、かもしれないぞ。


▼注目の記事

メギド72

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーDeNA
公式サイトhttps://megido72.com/
配信日配信中
コピーライト