BFB チャンピオンズ2.0攻略まとめ

© CYBIRD

BFBチャンピオンズ2.0【BFBチャンピオンズ攻略】4-2-3-1 フォーメーション考察

BFBチャンピオンズ2.0の攻略記事

【BFBチャンピオンズ攻略】4-2-3-1 フォーメーション考察

2016-12-06 22:56 投稿

4-2-3-1で登場しやすい攻撃パターン、必要とされる能力やスキルを考察

30回の攻撃シーンからパターン分けし、それぞれの特徴をまとめる。

RAMRB
DMFCB
ST/CFSS/CAMGK
DMFCB
LAMLB

4-2-3-1 登場した攻撃パターン

中央突破パターン

30回中11回登場。

登場した能力値
決定力
アシスト
キック精度
コントロール
ビジョン
スピード
タフネス
キック力×
ヘディング×
4-2-3-1center
ポストプレイになるパターンは思いのほか少ない。タフネスやヘディングといった密集戦能力よりはビジョンの広い視野が前衛に欲しい。

サイドから切り込むパターン

30回中9回登場。

登場した能力値
決定力
コントロール
アシスト
ビジョン
スピード
タフネス
キック力
キック精度
4-2-3-1side1
▲コントロールとビジョンでパスをつなぎ、スピードで短期決戦のパターンが多い。コントロールシュートは重宝する。
4-2-3-1side2
▲こちらはサイドから強引に単独で突っ込むパターン。タフネスがカギ。ストライカーにはビジョンが必要となりやすい。

サイドからクロスのパターン

30回中4回登場。

登場した能力値
アシスト
ビジョン
キック力
キック精度
コントロール
スピード
タフネス
決定力
ヘディング
4-2-3-1cross
▲意外にもクロスの展開は少なめだった。シュートはヘディングとキックが半々。

中距離シュートのパターン

30回中2回登場。

登場した能力値
決定力
キック力
キック精度

センター→サイド→センターとパスでつなぐパターン

30回中2回登場。

登場した能力値
決定力
コントロール
アシスト
ビジョン
タフネス
キック力
キック精度
4-2-3-1censi
ダイナミックパスがあるとよさげ。ここでもタフネスは重要。

後方からロングパスのパターン

30回中1回登場。

登場した能力値
決定力
アシスト
ビジョン
スピード
キック力
キック精度

ロングフィードのパターン

30回中1回登場。

登場した能力値
決定力
アシスト
スピード
タフネス
キック力
ヘディング

4-2-3-1 重要なスキル

コントロールシュート

シュート系スキルの中ではもっとも活躍の機会は多そうだ。

ダイナミックパス

DMFのどちらかは持っておきたい。

カットインドリブル

サイドからの攻撃時はスピード勝負になることが多いので、SMFに持たせたい。

4-2-3-1 おすすめの選手

BFBチャンピオンズ_G・バイル'12G・バイル’12(星7)

・LAMに最適
・高レベルのカットインドリブルカットインシュート
ダイナミックパスも評価
・スピードが高い

BFBチャンピオンズ_ササ'16ササ’16(星7)

・SS/CAMにおすすめ
・スキルバランスが良い
・スピードも高い

4-2-3-1 総評

サイドの厚みのわりにクロスになるパターンは少ない。意外とポストプレイが要求される場面も少なめ。際立った特徴がなく、各パターンの登場バランスは平均的といえる。

1トップには決定力とタフネス、パサーとなる2列目以降はアシストとキック精度、全体的にはコントロールとビジョンが欲しい。これらも一般的な能力の振りかたの範疇だ。

クロスではなくカットインに優れたサイドアタッカーが多いとき、真価が発揮されるフォーメーションといえるだろう。

※表中の記載について
◎……81%以上登場した
○……51〜80%程度登場した
△……21〜50%程度登場した
×……20%以下登場した

⇒4-2-3-1 ポジション適性
⇒フォーメーション一覧
⇒スキル一覧
⇒効率のいい選手の育てかた
⇒フォーメーションの基礎知識

<ポジションごとの能力値の振りかた>
⇒FWの能力値の振りかた
⇒MFの能力値の振りかた
⇒DFの能力値の振りかた
⇒GKの能力値の振りかた

ピックアップ 一覧を見る