BFB チャンピオンズ2.0攻略まとめ

© CYBIRD

BFBチャンピオンズ2.0【BFBチャンピオンズ攻略】4-3-1-2 フォーメーション考察

BFBチャンピオンズ2.0の攻略記事

【BFBチャンピオンズ攻略】4-3-1-2 フォーメーション考察

2016-12-01 21:27 投稿

4-3-1-2で登場しやすい攻撃パターン、必要とされる能力やスキルを考察

30回の攻撃シーンからパターン分けし、それぞれの特徴をまとめる。

RB
FWCMFCB
SS/CAMCMFGK
FWCMFCB
LB

4-3-1-2 登場した攻撃パターン

サイドからクロスのパターン

30回中10回登場。

登場した能力値
決定力
アシスト
ビジョン
キック力
キック精度
コントロール
スピード
タフネス
4-3-1-2cross
▲本フォーメーションでもっとも多かったのがクロス。ダイナミックパスでクロスする場面もあった。

中央突破パターン

30回中9回登場。

登場した能力値
決定力
コントロール
アシスト
タフネス
キック精度
キック力
ヘディング
ビジョン
スピード
4-3-1-2center1
▲中央突破のパターンでは、中盤から中距離パスで攻める展開が大多数。ポストプレイがあると成功度アップ、ストライカーには決定力とタフネスが必要。
4-3-1-2center2
▲ややサイド寄りからのパスで始まるパターンも中央突破としてカウント。こちらもタフネスが求められることが多い。

後方からロングパスのパターン

30回中5回登場。

登場した能力値
決定力
アシスト
ビジョン
スピード
キック力
キック精度

センター→サイド→センターとパスでつなぐパターン

30回中3回登場。

登場した能力値
決定力
コントロール
アシスト
ビジョン
キック力
スピード
タフネス
キック精度
4-3-1-2censi
▲センターとサイドをパスでつなげるパターンでもダイナミックパスの発動があった。

サイドから切り込むパターン

30回中1回登場。

登場した能力値
決定力
コントロール
アシスト
ビジョン
スピード
タフネス
4-3-1-2side
▲1回しか登場しなかったサイド攻め。アグレッシブSB発動によるSBの単独突破が唯一。

中距離シュートのパターン

30回中1回登場。

登場した能力値
決定力
キック力
キック精度

ロングフィードのパターン

30回中1回登場。

登場した能力値
決定力
アシスト
スピード
タフネス
キック力
ヘディング

4-3-1-2 重要なスキル

ダイナミックパス

中央を司るCMFは持っておきたい。

アグレッシブDMF

攻守で重要となるCMFにあるとよい。

ポストプレイ

中距離の浮いたパスを受け取るパターンが多いので、FWは持っておきたい。

4-3-1-2 おすすめの選手

S・ザラード’14S・ザラード’14(星7)
・CMFに最適
・高レベルのダイナミックパスアグレッシブDMF
・攻守での活躍に期待
ダロガバ'04ダロガバ’04(星7)
・高レベルのポストプレイ
・ヘディングが得意な点も評価
・タフネスが高い

4-3-1-2 総評

サイドから細かいパスやドリブルで決めるパターンがほとんどないのが特徴。3CMFという中央に集中した陣形ならではといえる。

もっとも多かった中央突破のパターンはタフネスを要求されるのが特徴。FWやCAMにはぜひタフネスの高い選手を置きたい。

またクロスのパターンは多かったものの、蹴る選手はセンターの選手なので、ピンポイントクロスは必要ではないだろう。

とにかくCMFの立ち回りがカギ。攻撃的かつアシスト力に優れた選手を選んでいこう。ダイナミックパスは必ず欲しい。

※表中の記載について
◎……81%以上登場した
○……51〜80%程度登場した
△……21〜50%程度登場した
×……20%以下登場した

⇒4-3-1-2 ポジション適性
⇒フォーメーション一覧
⇒スキル一覧
⇒効率のいい選手の育てかた
⇒フォーメーションの基礎知識

<ポジションごとの能力値の振りかた>
⇒FWの能力値の振りかた
⇒MFの能力値の振りかた
⇒DFの能力値の振りかた
⇒GKの能力値の振りかた

ピックアップ 一覧を見る