BFB チャンピオンズ2.0攻略まとめ

© CYBIRD

BFBチャンピオンズ2.0【BFBチャンピオンズ攻略】3-4-2-1 フォーメーション考察

BFBチャンピオンズ2.0の攻略記事

【BFBチャンピオンズ攻略】3-4-2-1 フォーメーション考察

2016-10-19 17:01 投稿

3-4-2-1で登場しやすい攻撃パターン、必要とされる能力やスキルを考察

30回の攻撃シーンからパターン分けし、それぞれの特徴をまとめる。

RM/RWB
SS/CAMDMFCB
ST/CFCBGK
SS/CAMDMFCB
LM/LWB

3-4-2-1 登場した攻撃パターン

中央突破パターン

30回中9回登場。

登場した能力値
決定力
アシスト
キック精度
コントロール
ビジョン
スピード
タフネス
キック力
ヘディング
3-4-2-1center1
▲中央突破でもっとも多かった中距離パスでつなぐパターン。パスを放つ側にはキック力とキック精度、パスを受けてシュートを打つ側には決定力とタフネスが必要。
3-4-2-1center2
▲中盤からパスを放ち、スピード勝負になる展開も多かった。
3-4-2-1center3
▲小刻みなパスでつなぐパターン。テクニカルパスが連発すると成功度はグンとアップ。

サイドから切り込むパターン

30回中7回登場。

登場した能力値
決定力
コントロール
スピード
アシスト
キック力
キック精度
タフネス
ビジョン×
3-4-2-1side1
▲単独で切り込むパターンが多かった。ドリブル系スキルがあるといいだろう。
3-4-2-1side2
▲こちらはアシストとタフネスを駆使しパスで隙を突くパターン。いずれのパターンもスピードが大きく要求されている。

後方からロングパスのパターン

30回中6回登場。

登場した能力値
決定力
アシスト
ビジョン
スピード
キック力
キック精度
3-4-2-1long
▲ほかのフォーメーションに比べ登場回数は多い。ビジョンとキック精度に長けたDMFは配したい。

サイドからクロスのパターン

30回中5回登場。

登場した能力値
コントロール
アシスト
ビジョン
キック力
キック精度
決定力
スピード
タフネス×
ヘディング×
3-4-2-1cross
▲ヘディングで決める場合、決定力は不要。

ロングフィードのパターン

30回中1回登場。

登場した能力値
決定力
アシスト
スピード
タフネス
キック力
ヘディング

中距離シュートのパターン

30回中1回登場。

登場した能力値
決定力
キック力
キック精度

センター→サイド→センターとパスでつなぐパターン

30回中1回登場。

登場した能力値
決定力
コントロール
アシスト
ビジョン
タフネス
キック力
キック精度

3-4-2-1 重要なスキル

テクニカルドリブル

スピード重視の展開が多いので、SS/CAM選手を中心に持たせよう。

ポストプレイ

中距離パスをFWが受ける場面が多いので、できれば持たせたい。

ピンポイントクロス

RM/RWB(LM/LWB)に持たせたい。

ダイナミックパス

DMFのうち、ひとりには持たせたい。

3-4-2-1 おすすめの選手

BFB Champions_[Ca]ササ'01ササ’16(星7)

・スピード能力が高い
・高レベルのテクニカルドリブル
・パスやシュートスキルも評価

メッカム’02メッカム’02(星7)

・理想的なRM選手
・高いキック精度
・高レベルのピンポイントクロスアグレッシブSMF

3-4-2-1 総評

攻撃パターンはばらけている印象だが、全体としてスピード重視なフォーメーション。中盤の選手を中心にテクニカルドリブルを持った選手は多いほうがいいだろう。

中央突破のパターンがいちばん多いが、注目したいのはロングパスやクロスのパターン。中空へ放つパスを得意とする選手と、タフネスやヘディング力に優れた前衛を配しておこう。

※表中の記載について
◎……81%以上登場した
○……51〜80%程度登場した
△……21〜50%程度登場した
×……20%以下登場した

⇒3-4-2-1 ポジション適性
⇒フォーメーション一覧
⇒スキル一覧
⇒効率のいい選手の育てかた
⇒フォーメーションの基礎知識

<ポジションごとの能力値の振りかた>
⇒FWの能力値の振りかた
⇒MFの能力値の振りかた
⇒DFの能力値の振りかた
⇒GKの能力値の振りかた

ピックアップ 一覧を見る