BFB チャンピオンズ2.0攻略まとめ

© CYBIRD

BFBチャンピオンズ2.0【BFBチャンピオンズ攻略】4-2-1-3 フォーメーション考察

BFBチャンピオンズ2.0の攻略記事

【BFBチャンピオンズ攻略】4-2-1-3 フォーメーション考察

2016-12-03 13:44 投稿

4-2-1-3で登場しやすい攻撃パターン、必要とされる能力やスキルを考察

30回の攻撃シーンからパターン分けし、それぞれの特徴をまとめる。

RWRB
DMFCB
ST/CFSS/CAMGK
DMFCB
LWLB

4-2-1-3 登場した攻撃パターン

サイドから切り込むパターン

30回中10回登場。

登場した能力値
決定力
スピード
コントロール
アシスト
ビジョン
タフネス
キック力
キック精度
4-2-1-3side
▲サイドからボールを受け、タフネスとビジョンを使ってシュート。この展開がもっとも多かった。キック力やキック精度は不要で、アシスト側にはスピードが必要。

サイドからクロスのパターン

30回中7回登場。

登場した能力値
決定力
アシスト
ビジョン
スピード
キック力
キック精度
コントロール
タフネス
4-2-1-3cross
▲アーリークロスの展開が多めの印象。この場合、カウンターアタックが発動しやすいようだ。

中央突破パターン

30回中6回登場。

登場した能力値
決定力
アシスト
ビジョン
キック精度
コントロール
タフネス
スピード
キック力×
ヘディング×

センター→サイド→センターとパスでつなぐパターン

30回中4回登場。

登場した能力値
決定力
コントロール
アシスト
ビジョン
キック力
スピード
タフネス
キック精度
4-2-1-3censi1
▲意表を突く展開のセンターサイド間を往復するパス。キラーパスで成功度がアップ。
4-2-1-3censi2
▲こちらはマイナス方向のクロスを放ちセンターへ戻すパターン。クロスではあるが本パターンに分類している。アシストやコントロールだけでなくスピードも重要。

中距離シュートのパターン

30回中2回登場。

登場した能力値
決定力
キック力
キック精度

後方からロングパスのパターン

30回中1回登場。

登場した能力値
決定力
アシスト
ビジョン
スピード
キック力
キック精度
4-2-1-3long
▲ロングパスからのカウンターは思いのほか少ない。

4-2-1-3 重要なスキル

キラーパス

発動機会は多い。

ダイナミックパス

DMFは持っておきたい。

カットインドリブル

両翼を担う選手が持っているとよい。

4-2-1-3 おすすめの選手

BFB1785チャベ・アランセチャベ・アランセ’14(星7)

・DMFに最適
・高レベルのダイナミックパスキラーパス
・守備能力も高い

BFB Champions_[Ca]A・ロッパン'00A・ロッパン’10(星7)

・RWに最適、LWも得意
・高レベルのカットインシュートカットインドリブル
・スピードが高い

4-2-1-3 総評

ロングパスの展開が思いのほか少なかったが、それ以外はフォーメーションの見た目通りといったパターン傾向。サイドからクロスやドリブルで切り込む場面がとても多い。

とはいえピンポイントクロスやカットインドリブルが必ずしも必要とはえいない。CAMやDMFがサイドから攻める場面も多々あるからだ。

それならば、キラーパスやダイナミックパスといった普遍的なスキルを優先したほうがいいだろう。サイドからの展開だけでなく、中央突破時などでも発動の可能性は高い。

※表中の記載について
◎……81%以上登場した
○……51〜80%程度登場した
△……21〜50%程度登場した
×……20%以下登場した

⇒4-2-1-3 ポジション適性
⇒フォーメーション一覧
⇒スキル一覧
⇒効率のいい選手の育てかた
⇒フォーメーションの基礎知識

<ポジションごとの能力値の振りかた>
⇒FWの能力値の振りかた
⇒MFの能力値の振りかた
⇒DFの能力値の振りかた
⇒GKの能力値の振りかた

ピックアップ 一覧を見る