クラッシュロワイヤル攻略まとめ

Supercell

クラッシュ・ロワイヤル【クラロワ攻略】攻城バーバリアン+三銃士(ヒール)デッキ

クラッシュ・ロワイヤルの攻略記事

【クラロワ攻略】攻城バーバリアン+三銃士(ヒール)デッキ

2017-06-23 16:15 更新

タイミングを見計らい、一気に焼き払え

建物のみに進軍する攻城バーバリアンに三銃士、さらにはヒールなどもあわせたオススメ編成デッキを紹介。

【攻城バーバリアン+三銃士オススメ編成】

クラロワ_攻城三銃士_01
クラロワ 攻城バーバリアン攻城バーバリアン相手の主軸カードの逆サイドを狙う使いかたができると◎ タワーに到達したときの破壊力は抜群!
三銃士三銃士キングタワー後方から場に出そう。防衛時の中央出しや、敵のタワー撃破後の敵陣中央出しも効果的。相手のスペルには注意。
クラロワガーゴイルの群れガーゴイルの群れ攻撃時はディガーを先行させろ。防衛時はファイアスピリット、執行人ファルチェなどに注意して使いたい
クラロワ 穴掘り師ディガーガーゴイルの群れを攻めで生かすために先行させる。プリンセスなどの遠距離ユニット迎撃にも使っていきたい。
ナイト(Sサイズ)ナイト敵ユニットからタワー防衛のために使用。ダメージが少量なら別ユニットとともにカウンターで。
ヒールヒール瀕死のユニットに使い、奇襲で用いる使いかたが強力。
クラロワザップザップ細かいユニットの排除、ターゲットの切り換えに使用する。
クラロワエリクサーポンプエリクサーポンプ序盤~中盤はこれを設置し、守りきりエリクサーリードを取っていこう。

攻城バーバリアン+三銃士デッキの各カードの役割

攻城バーバリアン+三銃士デッキ使用時の攻撃方法

<攻撃時に主力となるカード>

序盤~中盤は我慢の時間

序盤から中盤にかけては、エリクサーポンプの設置を優先しつつ、防衛を行っていこう。適時防衛に使用したユニットに攻城ババや穴掘りを加えることでカウンターを狙っていく。

クラロワ_攻城三銃士_05
▲エリクサーポンプを出すと、敵の攻撃が通りやすくなってしまう。この攻撃をなんとか耐えきるべく、ナイト、ディガーのどちらかは手札に用意しておきたい。

様子を見つつ、我慢をして相手のスペルや編成を見極め、後半三銃士を裏から2:1でセパレートさせ、片方に攻城ババ、もう片方に穴掘りなど、両面で攻めていこう。相手に即効性のダメージを出すスペルやユニットがいない場合は、ヒールを用いて、攻城ババから発生するバーバリアンや三銃士、ガーゴイルの群れといったユニットに使用して一気にタワーを落とし切ろう。

三銃士やガーゴイルの群れをヒールでカバーしつつ攻めろ

今回攻撃時に主力となるこれらカードは基本的ユニットが攻めてきたのに対し、防衛で使用したい。その後、カウンターにディガーを合わせることでダメージを重ねられるぞ。

なお、ガーゴイルの群れ、三銃士の2体は呪文で瀕死のダメージを受けたときにヒールを使い、体力を回復させて攻めよう。

クラロワ_攻城三銃士_02
▲建物に誘導され、アリーナタワーと槍ゴブリンの攻撃をうけるも、ヒールがあれば押し切れて、そのままタワー破壊も狙えるぞ。

 攻城バーバリアン+三銃士デッキ使用時の防御方法

<防御時に主力となるカード>

防衛は三銃士をどう守るかが肝

本デッキは、高コストユニットがいずれも呪文のみで崩される可能性を秘めている。とくに、いちばんのダメージソースである三銃士はライトニング一発でやられてしまう。相手のデッキが重量級であれば、三銃士での防衛は必須となってくる。

そこで、ライトニング持ちの相手には、“避雷針”というテクニックを使用する。マスケット銃士より体力の高いユニットを付近に出し、ライトニングのダメージを吸収するといった具合だ。攻城ババを展開することですべてのダメージは攻城ババが身代わりとなってくれる。

攻城ババ以外にも、ナイトやディガーを展開したり、タワーの付近に出し三銃士をより多く残すなど、いかに守るかが本デッキ最大のポイントだ。

クラロワ_攻城三銃士_04
▲テクニックの避雷針はこちら。攻城バーバリアンが三銃士にあたる予定だったライトニングを受ける。これで三銃士が生きたまま攻めに回れるぞ。
クラロワ_攻城三銃士_03
▲防衛時もヒールは大活躍。ただし、ガーゴイルの群れは一撃でやられるスペルの前では、ヒールが空ぶってしまう為、相手のデッキを見極めよう。

アリーナ10、レジェンドのトロ上げおすすめデッキ

ゴブリンギャング入り
呪文枯渇デッキ(アリーナ9)
05
ゴーレム+エレクトロウィザード
デッキ(アリーナ7)
02
高回転迫撃砲デッキ
(アリーナ8)
03
高回転三銃士デッキ
(アリーナ8)
04

⇒アリーナ別おすすめデッキ

デッキ
カード
クラロワ最強カードランキング

ピックアップ 一覧を見る