クラッシュロワイヤル攻略まとめ

Supercell

クラッシュ・ロワイヤル【クラロワ攻略】バトルでは“後出し狙い”が絶対有利!『クラッシュ・ロワイヤル』

クラッシュ・ロワイヤルの攻略記事

【クラロワ攻略】バトルでは“後出し狙い”が絶対有利!『クラッシュ・ロワイヤル』

2016-03-10 12:38 更新

勝つには後出しが基本!?

基本的にこのゲームは、先に動いたほうが不利となる。先に動けば、相手はその手に対する効率のよい手段を選択できるためだ。とくにユニットを先出しした場合、そのまま相手陣地まで進むとタワーからの集中砲火を浴びるので、低コストの弱いユニットでも容易に撃破可能となってしまう。これはエリクサーアドバンテージ<※勝つための絶対条件>につながるため、戦況は確実に後出しのプレイヤーへと傾くことになる。

つまり、バトル開始後しばらくは、相手の手を見てから、それに対応するように立ち回ってエリクサーアドバンテージを少しずつ広げ、アドバンテージがある程度大きくなったら一気にユニットを出撃させてタワー破壊を狙う。これこそが『クラッシュ・ロワイヤル』の典型的な勝ちパターンだといえる。

<ポイント>

●開幕でいきなりユニットを出さない
●相手の手を見て、有利なユニットをぶつける
 1
▲要するに、じゃんけんは後出しのほうが有利ということ。

勝ちにつながるバトルの具体的な流れ

あくまで理想論ではあるが、ここで『クラッシュ・ロワイヤル』の勝ちパターンの流れを追ってみる。

1 バトルが開始したら、エリクサーを溜めながら敵が動くのを待つ。
エリクサーアドバンテージの面から、エリクサーが満タンのまま放置することは絶対に避けるべきだが、相手が動かない場合は差が生じないので、相手が焦れて動くまで待つ。

2
▲クラロワTVでも、開始後エリクサーが満タンになるまで両者とも動いていないバトルがほとんど。

2 相手がユニットを出したら、それよりコストが低いユニットを出撃。
このとき、自陣のタワーの攻撃が届く範囲にまで敵ユニットを引き込みたいので、ユニットは自陣の最深部に配置する。

 3
▲相手ユニットを見た瞬間に、そのエリクサーコストとおおまかな能力くらいはわかるようになっておきたい。

3 敵ユニットをタワーと低コストユニットで撃破。
自陣に侵入してきた敵のユニットを、タワーの攻撃と低コストユニットで撃破し、エリクサーアドバンテージを得る。

 4
▲例えば、ジャイアントを槍ゴブリンで撃破できれば、エリクサー3つ分のアドバンテージとなる。

4 1から3を何度かくり返してアドバンテージを広げる。

5 アドバンテージが大きくなったと見たら、一気にユニットを出撃させる。
自陣最深部にユニットを配置すれば、敵陣タワーへと移動しているあいだにもエリクサーが溜まるので、さらなるユニットを出撃、合流させることができる。エリクサーが満タン近くある場合は、最前線から出撃させて速攻を狙ってもいい。

 5
▲合流時には、移動速度を考慮し、ジャイアントやゴーレムなどのHPが高いユニットが最前線になるように配置すること。

6 1から5を繰り返してキングタワーを破壊する。

実際のバトルでは防衛施設や呪文の存在、デッキ構成、手持ちのカード運、カードやタワーのレベルなど、さまざまな要因があるため、この通りにはいかないだろう。だが、敵の攻撃に対処し、エリクサーアドバンテージを広げ、一気に攻めるという流れが勝ちパターンであることは、どのレベルであっても変わらない。とにかく相手の高コストのユニットを、できるだけ低コストのユニットで撃破するということをつねに念頭に置いてバトルに挑むようにしよう。

6
▲場合によっては同コストのユニットで対抗してもいい。マイナスにさえならなければ問題はない。

ピックアップ 一覧を見る