1. サイトTOP>
  2. “FAVCUP2021”にて開催された『クラロワ』部門決勝戦でFAV gaming所属選手が激突!

“FAVCUP2021”にて開催された『クラロワ』部門決勝戦でFAV gaming所属選手が激突!

2021-03-15 10:19 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

クラッシュ・ロワイヤル

計8名のプレイヤーがトーナメントで対戦

2021年3月14日、KADOKAWA Game Linkageによる大会“FAVCUP2021 sponsored by v6プラス DAY2”が、ところざわサクラタウンにて開催された。

本大会では『Apex Legends』、『レインボーシックス シージ』、『PUBG MOBILE』、『クラッシュ・ロワイヤル』、『ストリートファイターV チャンピオンエディション』などのタイトルが選出され、各5部門で事前に予選を実施。

ogp

ここから勝ち上がった選手や招待選手が、本トーナメント大会に挑むこととなった。当日の対戦模様は、YouTube Live、Mildom、ニコニコ生放送で生配信。

本記事では、当日に配信された『クラッシュ・ロワイヤル』(以下、『クラロワ』)の試合模様や、その結果をお届けしていく。

2021-03-14_18h19_36

全2ステージの予選から有力プレイヤーが選出

今回の『クラロワ』部門では、事前予選が2ステージ実施された。1000人もの出場者から56名のプレイヤーを選出するステージ1のオンライン予選。

続けて、シングルイリミネーショントーナメントによって、招待選手を交えて対戦するステージ2のオンライン予選が開催された。

2021-03-14_17h24_31

本大会には、それらの予選を勝ち抜いた選りすぐりのプレイヤーが計8名集結。

2本先取で勝敗が決する3本勝負をもとに、シングルイリミネーショントーナメント形式で争っていくこととなる。

2021-03-14_17h24_38

▲デッキは選手が各自所持しているものを選択する方式に。

準々決勝・第1試合 がきにし選手VSRAD選手

第1試合では、ゴーレムデッキを得意とする、がきにし選手、FAV gaming所属のRAD選手が対戦。

1ラウンド目は、おたがいにローリングバーバリアンをくり出し、対等な立ち上がりに。

2021-03-14_18h50_32

そうして、ゆっくり中盤へ進んでいくと思いきや、がきにし選手が早々とゴーレムを着地させる展開に。

対するRAD選手は、トルネードで防衛しつつ、巨大スケルトンでゴーレムにわたり合っていく。

2021-03-14_19h31_48

さらに、RAD選手はゴーレムにうまく対処しながら、ベビードラゴンやエアバルーンを展開していく。

続けてRAD選手が再度、場に出したベビードラゴンとエアバルーンでタワー破壊に成功し、エアバルーンを送り出すタイミングを見極めることで勝利を収めた。

2021-03-14_19h31_52

2ラウンド目は、延長時間いっぱいまで攻防が続き、タイムアップによる判定勝ちが発生した。

このラウンドでは、1ラウンド目とは異なる60式ムートでダメージを与えていくがきにし選手。

2021-03-14_19h37_47

さらに、がきにし選手は延長時間までベビードラゴンなどを相手にうまく防衛。

続けて、巨大雪玉や60式ムートのダメージを、タワーに集中させることでタイムを使いきり、判定勝利を果たした。

2021-03-14_19h41_43

3ラウンド目は、がきにし選手が中盤から、連続して見習い親衛隊を展開。

対するRAD選手は、スケルトンラッシュで見習い親衛隊に対処しつつ、タワーをファイアボールや巨大雪玉で攻撃することで、判定勝ちを収める結果に。

2021-03-14_19h47_25

準々決勝・第2試合 YUYA選手VSゆぽん選手

第2試合でぶつかったのは、予選をともに近い順位で突破したYUYA選手、ゆぽん選手。

両選手とも、1ラウンド目はゆっくりとした立ち上がりを見せる中、YUYA選手がロイヤルホグをくり出し、攻撃を仕掛けていく。

2021-03-14_20h18_30

一方で、ゆぽん選手はローリングウッドをタイミングよく使い、ロイヤルホグを一掃。

そのまま防衛の調子を崩さずに、YUYA選手が攻撃に集中したところで、ホグライダーを着地させる。

さらにホグライダーの攻撃によって、ゆぽん選手はタワーへ大ダメージを与え続け、勝利する結果となった。

2021-03-14_20h18_37

2ラウンド目では、打って変わってエアバルーンとベビードラゴンを展開するYUYA選手。それによって、ゆぽん選手は防衛を強いられてしまう。

さらにYUYA選手は、巨大スケルトンで流れをつかみ、タワーへの攻撃に専念。そのままファイアボールで押し切り、YUYA選手が判定勝ちを手にした。

2021-03-14_20h27_08

3ラウンド目の対戦では、これまでにはなかった中盤にタワーが破壊される、すばやい攻防がくり広げられた。

スケルトンラッシュを駆使するゆぽん選手に、YUYA選手は盾の戦士でしっかりと応戦。

2021-03-14_23h41_58

スケルトンラッシュを一掃すると、そこからインフェルノドラゴンをくり出し、タワーに大ダメージを与えていく。

対するゆぽん選手は、防衛しきれずにタワーが破壊され、延長戦に入っていないものの、決定打を受けてしまい敗北。

防衛に使った盾の戦士を攻撃にも活かした、YUYA選手が第2試合を制することとなった。

2021-03-14_23h45_33

準々決勝・第3試合 Runadora選手VSライキジョーンズ選手

第3試合は、FAV gaming所属のライキジョーンズ選手がRunadora選手を迎え撃つ対戦に。

まず、1ラウンド目でライキジョーンズ選手が、中盤から見習い親衛隊を軸とした動きを見せる。

2021-03-14_21h13_17

さらに、ディガーで追い打ちをかけ、タワーに大きくダメージを与えることに成功。

ライキジョーンズ選手が、その勢いを保って、ファイアボール削りに移行していく。

2021-03-14_21h18_23

しかし、Runadora選手はそれを見逃さずに、ホグライダーを相手タワーへと走らせる。

そのまま間髪を入れずに、ホグライダーにローリングウッドを組み合わせて、タワーを破壊。一瞬の攻防を制したRunadora選手が1ラウンド目を先取した。

2021-03-14_21h18_25

その後、ライキジョーンズ選手は2ラウンド目でも、見習い親衛隊を軸に攻め続け、ラウンドを取り返そうとする。

対するRunadora選手は、ホバリング砲で大きくダメージを与えていこうとする展開に。一方、ライキジョーンズ選手は、見習い親衛隊の合間に出した60式ムートで、ホバリング砲を撃ち落としていく。

2021-03-14_21h22_28

これによって、Runadora選手は決定打となるダメージを出せなくなってしまい、判定で敗北する結果となる。

3ラウンド目は、これまでの2戦とは異なり、盤面に見習い親衛隊がいない攻防がくり広げられることに。

2021-03-14_21h32_10

Runadora選手が果敢に攻め込むも、ライキジョーンズ選手が盾の戦士を後続に出していくことで、ダメージを抑えることに成功。

ライキジョーンズ選手は、その後も数の有利を多く取っていき、インフェルノドラゴンとホバリング砲で大きくダメージを稼いでいく。

その結果、延長タイムギリギリで相手タワーを破壊し、ライキジョーンズ選手が第3試合で勝利した。

2021-03-14_21h37_11

準々決勝・第4試合 ひさと選手VSみかん坊や選手

第4試合には、長らくプロとしての活動を休止していた、みかん坊や選手が登壇。久しぶりの壇上で、ひさと選手を迎え撃つ試合となる。

1ラウンド目では、ロイヤルジャイアントを使って、タワーにダメージを与えていくみかん坊や選手。

2021-03-14_21h50_31

さらに、もう片方のタワーにも、ロイヤルジャイアントと巨大スケルトンを攻め込ませて、ひさと選手を防衛に専念させていく。

その結果、みかん坊や選手が終始ダメージを与え続け、タワーを破壊して勝利。

2021-03-14_21h53_58

2ラウンド目でも、みかん坊や選手はロイヤルジャイアントと巨大スケルトンを押し込むことに成功。

ここでも一貫して、ダメージ量で勝ち続け、タワーを破壊。大会中、初となる2本先取で、みかん坊や選手が貫禄を見せる試合をくり広げた。

2021-03-14_21h56_52

準決勝 みかん坊や選手VSライキジョーンズ選手

この後、みかん坊や選手は準決勝戦で、ライキジョーンズ選手と激突。

1ラウンド目、ライキジョーンズ選手が序盤に攻め込まれるものの、カウンターでザッピーをくり出し、手痛い反撃を与えていく。

2021-03-14_22h20_44

さらに、ディガーを追加し、確実にタワーを破壊。残り時間が多い中での破壊となったため、キングタワーにまでダメージを与える状況となる。

この攻防が決定打となり、ペースを握ったライキジョーンズ選手が勝利を収めることとなった。

2021-03-14_22h28_32

2ラウンド目、メガガーゴイルとスケルトンラッシュを軸にしたライキジョーンズ選手を相手に、みかん坊や選手はエアバルーンを攻め込ませる動きに。

一方、ライキジョーンズ選手がボムタワーで、エアバルーンの侵攻を阻止。

2021-03-14_22h08_26

みかん坊や選手は、そこから攻める流れを作れずにスケルトンラッシュの攻撃を受け続けてしまう。

これによって、ライキジョーンズ選手がタワーを破壊し、見事に勝利。準決勝戦を2本先取で制する結果となった。

2021-03-14_22h13_04

決勝戦 ライキジョーンズ選手VSRAD選手

決勝戦では、先ほどのみかん坊や選手との激戦を制したライキジョーンズ選手と、反対側の山でYUYA選手を倒し、勝ち上がったRAD選手がぶつかり、FAV gamingの所属プレイヤーどうしで優勝の座を争うことに。

1ラウンド目の序盤は、RAD選手がザッピーでインフェルノドラゴンを倒しつつ、タワーにダメージを与える戦況となっていく。

2021-03-14_22h41_26

さらに、中盤に入っても攻め込まれるたびに、後衛としてザッピーを展開。そこからカウンターに移り、タワーへと確実にダメージを与えていく動きを見せる。

ライキジョーンズ選手は、そのダメージ差をくつがえすことができずに判定負け。冷静にダメージを取り続けたRAD選手が、同門対決を先制した。

2021-03-14_22h41_27

2ラウンド目では、ライキジョーンズ選手が強気にロイヤルジャイアントで攻め込み、ダメージを取っていく。

それによって、ダメージで優位を取ったライキジョーンズ選手は、続けてじっくりとロイヤルジャイアントで攻めていく動きに。

2021-03-14_23h54_36

すると、チャンスをうかがっていたRAD選手が、ロイヤルジャイアントのいないタワーに攻め込み始める。

さらに、防衛をしようとしたライキジョーンズ選手のユニットをローリングウッドでタイミングよく一掃。

それと同時に、ダメージが逆転し、その勢いでタワーを破壊しきったRAD選手が2ラウンド目を先取し、決勝戦を制することとなった。

2021-03-14_22h46_04

優勝者には賞金40万円が贈呈

決勝戦後には、同門対決を制し、優勝を手にしたRAD選手、準優勝を果たしたライキジョーンズ選手への表彰式が執り行われた。

表彰式には、本大会プラチナスポンサーの日本ネットワークイネイブラーより、取締役経営企画部長を務める辻中伸生氏が登壇。受賞者への賞品が辻中氏より、贈呈されることとなる。

2021-03-14_22h58_38

優勝したRAD選手には、トロフィー、賞金40万円、『JBL Quantum ONE』、日清食品『カップヌードル』100食ぶんが贈られた。

準優勝となったライキジョーンズ選手には、賞金10万円が贈呈された。

2021-03-14_22h59_54
2021-03-14_23h00_09
2021-03-14_22h59_25

最後に、辻中氏より「本当に素晴らしい試合だったと思います。選手の皆さん本当にお疲れさまでした。ありがとうございました」という言葉をもって表彰式は締めくくられた。

2021-03-14_23h00_51

▼配信アーカイブはこちら。

クラッシュ・ロワイヤル

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルリアルタイムストラテジー
メーカーSupercell
公式サイトhttps://clashroyale.com/ja
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧