クラッシュロワイヤル攻略まとめ

Supercell

クラッシュ・ロワイヤル【クラロワ攻略】グラチャレ30連勝の実績! 8/11アップデート後の高回転ディガーデッキ

クラッシュ・ロワイヤルの攻略記事

【クラロワ攻略】グラチャレ30連勝の実績! 8/11アップデート後の高回転ディガーデッキ

2017-08-18 14:55 更新

高回転ディガーのおすすめデッキ

低コストなディガーやアサシンユーノを中心に攻めていくデッキ。出してきた相手のカードを相手の陣地で削ってしまう。

IMG_1741

【高回転ディガーデッキの各カードの役割】

ディガーディガー攻めの要。ほかのユニットと組み合わせて相手の攻撃を分散させる、このデッキの主役。エリクサーポンプに強いのも魅力的だ。
アサシンユーノアサシンユーノ攻めの要。流行りのアイスウィザードに強く、橋前での攻防に秀でている。出すユニットに困った時は単体で最前線に出すのも十分アリだ。
エレクトロウィザード(Sサイズ)エレクロトウィザード攻守の要。弱体化されても尚強く、射程が長いためユーノやナイトを後ろから援護できるのが強い。
アイススピリットアイススピリット1コストでコウモリを処理できるのは魅力的。ユーノや穴掘りに出てきたミニペッカなどの動きを止められ、デッキの回転率もあげられる。
ナイト(Sサイズ)ナイト守りの要。このユニットを盾にして、アサシンユーノやディガーを展開していく。体力が高い為、ユニットのターゲットを長くとってくれる。
クラロワインフェルノタワーインフェルノタワー相手のゴーレムなどの大型ユニットへの対抗策。ダークネクロが減ったため、活躍できる場面が増えた。
クラロワポイズンポイズンヒールが弱体化されたいま、猛威を振るっているスペル。ディガーポイズン+αでタワーとユニットにまとめてダメージを与える戦法が現環境では有効に機能する。
ローリングウッド(Sサイズ)ローリングウッドプリンセスやゴブリンはもちろん、相手のユニットのターゲットをズラすのにも有用だ。

高回転デッキ使用時の攻撃方法

<攻撃時に主力となるカード>

相手を上下に揺さぶろう!

基本的には相手の攻めをナイトなどで守ってから、アサシンユーノやディガーでカウンターしていく形が基本。アサシンユーノのダッシュ攻撃を警戒して橋前の方にユニットを出される事が多い為、ディガーをタワーの近くに出すと相手はユニットを上下に分けて展開せざるを得なくなる。これでリズムを崩していくことが本デッキのコンセプトだ。

ポイズンは相手のユニットとタワーをできるだけ巻きこむのが望ましい。序盤は、アサシンユーノやナイトを処理しようとしたユニットと、ディガーを処理しようとしたユニットの両方をポイズンで巻きこむのがいい手だ。相手陣地で、できるだけ削ることができれば、自陣のタワーだけで相手のユニットを処理できる場面が多くなる。

IMG_1742
▲ナイト+エレウィズにディガーを追加して、相手にユニットを出させた後に、アサシンユーノを出して橋前を制圧していく。上下で相手の対応が間に合わなくなる。

<防御時に主力となるカード>

攻撃は最大の防御

ナイトやエレキウィザードで防衛していこう。インフェルノタワーは大型(ジャイアント、ラバハウンド、ゴーレム)には有効だが、枯渇やホグデッキにはあまり出したくは無い。基本的にユニットを出して守り、カウンターの形を作るのが理想だ。相手のライトニングやポイズンで、こちらのユニットが削られないように橋の近くで守りつつすぐに攻撃に転じるのがいい。

軽いデッキなので、攻め続ける事で相手の重量級ユニットを出させないようにすることもできる。

IMG_1743
▲相手のホグに対し、エレキウィザードを前の方に出し守りつつ、前にいるアサシンユーノの援護をしている様子。ここからナイトやディガーを追加して攻めていく。

アリーナ10、レジェンドのトロ上げおすすめデッキ

ゴブリンギャング入り
呪文枯渇デッキ(アリーナ9)
05
ゴーレム+エレクトロウィザード
デッキ(アリーナ7)
02
高回転迫撃砲デッキ
(アリーナ8)
03
高回転三銃士デッキ
(アリーナ8)
04

⇒アリーナ別おすすめデッキ

最強デッキまとめバナー
カード
クラロワ最強カードランキング

ピックアップ 一覧を見る