クラッシュロワイヤル攻略まとめ

Supercell

クラッシュ・ロワイヤル【クラロワ攻略】60式ムート+ペッカデッキ(URなし)

クラッシュ・ロワイヤルの攻略記事

【クラロワ攻略】60式ムート+ペッカデッキ(URなし)

2017-07-30 19:40 投稿

【Amazonでこの本を購入する】

60式ムート+ペッカデッキ(URなし)

新たに実装された60式ムートにペッカなどをあわせたウルトラレアなしのオススメデッキを紹介。

【60式ムート+ペッカオススメ編成】

クラロワ_60式ムート&ペッカデッキ_01
60式ムート60式ムート固さを生かし、攻撃時、防衛時ともにターゲットになるように配置。対空性能がないので、ベビードラゴンやファルチェなどと組み合わせるといい。
クラロワ ペッカペッカホグライダー、ジャイアント、攻城バーバリアンをはじめとしたユニットの迎撃からカウンターで活躍。基本は防衛で使用。
クラロワ_ファルチェ執行人ファルチェペッカの後ろに追従するように出し、ペッカ迎撃に登場する多数のユニット撃破を狙う。
クラロワベビードラゴンベビードラゴン対空性能のないペッカや60式ムートと組み合わせて使用。
クラロワ コウモリの群れコウモリの群れ相手のインフェルノタワーへのターゲット取りや、対空性能のない相手ユニットへの迎撃に活躍。
クラロワスケルトンスケルトンエリートバーバリアン、ミニペッカをはじめとした地上ユニットの誘導兼防衛用。手札回しにも活躍。
クラロワポイズンポイズン相手のエリクサーポンプへの削りや、三銃士、スケルトンラッシュ防衛で活躍。
クラロワザップザップ使用時0.5秒の気絶効果とターゲット切り換え効果で活躍。ペッカに対するインフェルノタワーや、小物ユニットに対して使用。

60式ムート+ペッカデッキの各カードの役割

60式ムート+ペッカデッキ使用時の攻撃方法

<攻撃時に主力となるカード>

ペッカをタワーに届かせるように各ユニットで援護

本デッキはペッカの高火力によるダメージをタワーに届かせるのが目的のデッキとなる。そのため、ペッカの後方に執行人ファルチェをはじめ、主力となるカードを追従させてアタックを仕掛けよう。

なお、敵がペッカを中心に群がってきたらポイズンによるダメージを加えることでより大ダメージを狙える可能性がアップするので積極的に狙っていこう。

クラロワ_60式&ペッカデッキ_03
▲攻めの際にポイズンを使えば、ゴブリン系、ガーゴイル系の防衛を一気に突破できるぞ。

60式ムートだけでアタックを仕掛けるのもアリ

60式ムートのHPはかなり多く、移動砲台モードのシールドを削り切られたとしても、通常砲台モードとしてさらに攻撃を仕掛けられるので、ユニットのジャマが入らなければかなりのダメージを稼げる。敵の攻撃の隙をついて、逆サイドに単独で攻め入らせてみるのも作戦のひとつとして使っていこう。

クラロワ_60式&ペッカデッキ_02
▲60式ムートはシールドが終わった後も敵のターゲットを取り続けてくれるので、コウモリの群れなどを後から出して忍ばせるのも効果的と言える。

60式ムート+ペッカデッキ使用時の防御方法

<防御時に主力となるカード>

ペッカの高火力で、敵ユニットの攻撃を凌げ

ペッカの高火力は守りでも活躍が期待できる。ホグライダー、攻城バーバリアンをはじめ、ジャイアント、ロイヤルジャイアント、ゴーレムといったユニットにあわせて守りで出し、カウンターを狙っていこう。

60式ムートで迫撃砲、巨大クロスボウからの攻撃を防げ

敵陣から攻撃が可能な建物(迫撃砲・巨大クロスボウ)は防衛に失敗すると大ダメージを与えられてしまう。しかし、60式ムートをうまく使えばダメージを最小限に抑えつつ、防衛することが可能だ。同時に出現する別のユニットに対しては都度呪文やコウモリの群れと合わせて防衛していこう。

クラロワ_60式&ペッカデッキ_04
▲建物が同時に出てきた場合も慌てず60式ムートにターゲットを持たせつつ、別ユニットでサクサク建物を撃破し、そのままカウンターを狙おう。

アリーナ10、レジェンドのトロ上げおすすめデッキ

ゴブリンギャング入り
呪文枯渇デッキ(アリーナ9)
05
ゴーレム+エレクトロウィザード
デッキ(アリーナ7)
02
高回転迫撃砲デッキ
(アリーナ8)
03
高回転三銃士デッキ
(アリーナ8)
04

⇒アリーナ別おすすめデッキ

デッキ
カード
クラロワ最強カードランキング

クラッシュ・ロワイヤル

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルリアルタイムストラテジー
メーカーSupercell
公式サイトhttps://clashroyale.com/ja
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る