クラッシュロワイヤル攻略まとめ

Supercell

クラッシュ・ロワイヤル【クラロワ攻略】クラッシュアジアクラウンカップ(アジアカップ)でけんつめし選手が決勝進出決定!

クラッシュ・ロワイヤルの攻略記事

【クラロワ攻略】クラッシュアジアクラウンカップ(アジアカップ)でけんつめし選手が決勝進出決定!

2017-07-09 13:08 更新

香港の強敵を打ち砕いたバトルの模様をお届け

『クラロワ』アジア大会“Clash Asia Crown Cup 2017(アジアカップ)”の決勝2日目。けんつめし選手は香港代表の“TMD Aaron”選手と対戦する。三銃士を使った多彩なデッキの使い手とのこと。以下、戦いの模様を掲載していく。

▼1日目のけんつめし選手の戦い

1i【クラロワ攻略】Clash Asia Crown Cup 2017(アジアカップ)けんつめし初戦の相手は最多トロフィー6500超えの強敵!
クラロワ_アジア_01
クラロワ_アジア_02

本大会は、BANピックルール(お互いが1枚使用禁止カードを選択する)でのBO5(3本先取)で行われる。両選手が選択した禁止カードは以下のとおりとなっている。

クラロワ_アジア_03
▲けんつめし選手は三銃士を、Aaron選手はインフェルノタワーをそれぞれBANする形に。

1試合目

けんつめし選手は“巨大クロスボウ”を中心としたデッキ。対するAaron選手は“ゴーレム”、“ダークネクロ”を中心としたデッキでの対決に。

序盤~中盤にかけて、けんつめし選手は左右への巨大クロスボウでの揺さぶりと、ゴーレム対策に用意したインフェルノドラゴンで確実な攻めと防衛を見せる。

しかし、試合終盤、巨大クロスボウがなかなか刺さらない展開が続いた中で、耐久力の有り余ったゴーレムや追従するユニットがアリーナタワーに到達してしまい、タワーが落とされ敗北してしまった。

クラロワ_アジア_04
▲巨大クロスボウの展開を嫌ったAaron選手が防衛ユニットを多数展開するもエレクトロウィザード、アイスゴーレムで守り、タワーへの先制攻撃を決める。
クラロワ_アジア_05
▲しかし終盤、ゴーレムの耐久力が高い状態でAaron選手の攻めの形が整ってしまい、これに押し切られけんつめし選手敗北。

2試合目

Aaron選手は引き続き“ゴーレム”、“ダークネクロ”を中心としたデッキ。これに対しけんつめし選手は“ペッカ”、“執行人ファルチェ”といったユニットを採用したデッキでのバトルに。

Aaron選手が丁寧に攻めの形を作り、果敢にも攻撃を行うも、対策を重ねたユニットたちによる盤石の防衛からの攻城バーバリアンによるカウンターが決まり、危なげなく勝利。

クラロワ_アジア_06
▲2試合目はペッカや執行人ファルチェといったAaron選手のデッキに対してカウンターデッキで完璧な守りを見せるけんつめし選手。
クラロワ_アジア_07
▲終盤、敵のエレクトロウィザードをトルネードでタワー後方へと引っ張り、攻城バーバリアンの突進攻撃をヒットさせるシーンも。

3試合目

三銃士が封じられたAaron選手は1日目にも光った“ペッカ”を採用したデッキを使用。対するけんつめし選手は1日目の戦いでこちらも光った“ラヴァハウンド”を中心とした空軍デッキを採用してのバトルに。

この戦いでけんつめし選手はラヴァハウンド、インフェルノドラゴンという盤石の構えを場に出したあと、逆サイドにペッカを出されるというピンチに陥る。しかし、ここも落ち着いて、残りのカードを回して削り、最後には敵の攻撃ユニットをライトニングで一掃するというナイス防衛を見せた。

そして、展開済みだったラヴァハウンドがAaron選手のタワーに刺さり、そのまま削り切って勝利を収めた。

クラロワ_アジア_08
▲けんつめし選手が攻撃の形を作るのほぼ同じタイミングでAaron選手が逆サイドにペッカを展開し、ピンチに。
クラロワ_アジア_09
▲しかし落ち着いていたけんつめし選手はベビードラゴン、ゴブリン、吹き矢ゴブリンで確実にペッカを削り、ダークネクロともどもライトニングで一掃するという防衛を見せる。
クラロワ_アジア_10
▲その後、ほぼ無傷だったラヴァハウンドがタワーに到達。Aaron選手も防衛ユニットを展開するが、それ以上に攻撃ユニットを展開し、押し切る形に。

4試合目

いよいよリーチとなったけんつめし選手は2試合目に光った“ペッカ”デッキを採用。対して追い詰められたAaron選手は1試合目に勝利した“ゴーレム”を中心としたデッキでのバトルに。

序盤は低コストカードでの様子見が展開されたが、Aaron選手がゴーレムを出してきたタイミングでけんつめし選手はペッカを展開。2試合目同様、トルネード+執行人ファルチェによる防衛もささり、逆サイドに展開した攻城バーバリアンでダメージリードを取ると、その後はしっかりと防衛を行いつつ、相手タワーを削り切り決勝進出を果たした。

 クラロワ_アジア_12
▲最終戦もAaron選手のゴーレムにペッカを当てて、確実に防衛を行うけんつめし選手。
クラロワ_アジア_13
▲最後のアタックでは、攻撃にトルネードを用い、ガーゴイルをベビードラゴンで一掃。また体力の残り少ないペッカでエレクトロウィザードを撃破するなどのファインプレイを見せた。

見事に勝利を飾り、決勝トーナメントへと駒を進めたけんつめし選手。バトル後の放送席でのコメントで以下のように語っていた。

「インフェルノタワーのBANに関しては“なるほどな”と思った。このBANで相手が重量級ユニットでくると予測できた。初戦は実際に重量級ユニットでくるかの確認もかねての戦いだったので、敗北してもそこまでショックではなかった。明日もひとつひとつ目先の相手に集中していきたい」

いよいよアジア頂点も見えてきたけんつめし選手の戦いに引き続き注目していきたい。

クラロワ_アジア_14

▼アジアカップ関連記事

1i【クラロワ攻略】クラッシュアジアクラウンカップ(アジアカップ)の会場が超スゴイ!けんつめし意気込みコメントも
1i【クラロワ攻略】Clash Asia Crown Cup 2017(アジアカップ)けんつめし初戦の相手は最多トロフィー6500超えの強敵!
1i【クラロワ攻略】Clash Asia Crown Cup 2017(アジアカップ) 決勝戦がついに開幕! 日本からは“けんつめし”が参戦

クラッシュ・ロワイヤル

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルリアルタイムストラテジー
メーカーSupercell
公式サイトhttps://clashroyale.com/ja
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る