クラッシュ・ロワイヤル攻略まとめ

Supercell

クラッシュ・ロワイヤル“クラロワリーグ イースト”week4・3日目最終バトルの結果を掲載

クラッシュ・ロワイヤルの攻略記事

“クラロワリーグ イースト”week4・3日目最終バトルの結果を掲載

2020-04-26 22:07 更新

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

クラッシュ・ロワイヤル

クラロワリーグ イーストweek4・3日目の試合結果

『クラッシュ・ロワイヤル』公式プロリーグの”クラロワリーグ イースト”、week4・3日目の結果を紹介。すでに上位4チーム、下位4チームは決定しているが、リーグ内での順位がかかった最終決戦となった。

【MATCH1】
○W.EDGM 
vs Nova esports×(2-0)
【MATCH2】
○PONOS vs Team Timing×(2-0)
【MATCH3】
×FAV gaming vs Talon○(0-2)
【MATCH4】
○TTG vs KIX Team×(2-0)

 11857376348234
 11857376372349
11857376392012

W.EDGM vs Nova esports

W.EDGM vs Nova esports(2-0)

【KING OF THE HILL】

○W.EDGM vs Nova esports×(3-1)
●1回戦
○Wange vs Lciop×
Wange選手はゴブ小屋入りのスケラデッキ、Lciop選手はロイホグデッキ。Wange選手が序盤にカウンターからのスケラでタワーを1本破壊。Lciop選手もロイホグで1本取り戻し、オーバータイムへ。Wange選手は防戦に回るが、守りきったあとカウンターのスケラを入れつつ攻め込んでタワーに大ダメージ、タワーを折って勝利した。

 01

●2回戦
×Wange vs Bking○
Wange選手はゴブ小屋入りのラムライダーデッキ、Bking選手は巨スケ入りのホグデッキ。Bking選手がホグを使った波状攻撃で押していき、徐々にリード。最後はクエイクで削ってフィニッシュ。

 02

●3回戦
○Higher vs Bking×
Higher選手はコウモリ、ディガーなどの、バルーンデッキ、Bking選手はホグデッキ。Bking選手はHigher選手のバルーンをボムタワーで誘導するのに失敗し、大ダメージ。Higher選手がタワーを1本破壊して勝利。

 03

●4回戦
○Higher vs LittleChen×
Higher選手は巨スケ入りのホグデッキ、LittleChen選手もホグデッキ。Higher選手が巨スケからのホグライダーを通して大きくダメージリード。だが、LittleChen選手もホグを通して盛り返していく。最後はHigher選手が削り勝った。

 04

【トリプルドラフト形式】

○W.EDGM vs Nova esports×(2-o)
●1回戦
○Higher vs Bking×
Higher選手はホグ、ボウラー、ライトニング、エリゴレ、Bking選手はダークネクロ、ライドラ、ロケット砲士、スケバレなどをピック。序盤はHigher選手がホグで削っていくが、Bking選手がエリゴレの形を作って盛り返していく。だが、最後はホグとライトニングで削って勝利。

 05

●2回戦
○Higher vs Bking×
Higher選手はディガー、アイスウィズ、ロケット、Bking選手はスパーキー、マスケット、バトルヒーラーなどをチョイス。Higher選手はロケットでスパーキーを守りつつ、スケバレ、ディガーで攻めて勝利した。

 06

PONOS vs Team Timing

○PONOS vs Team Timing×(2-0)

【KING OF THE HILL】

○PONOS vs Team Timing(3-0)
●1回戦
○ライキジョーンズ vs Haruki×
ライキジョーンズ選手はゴブ小屋入りのラヴァデッキ、Haruki選手はエリゴレデッキ。ライキ選手はエリゴレをババで止めながらラヴァでガンガン攻めて立てていく。大きくダメージを奪い、最後はディガポイでフィニッシュ。

 07

●2回戦
○ライキジョーンズ vs Greed×
ライキジョーンズ選手はゴブジャイスパーキー、Greed選手はラヴァデッキ。お互いに陸受け、空受けが厳しい状態なので削りあいに。両者ともにあと一撃というところになり、わずかな差でライキ選手が勝ち切った。

 08

●3回戦
○ライキジョーンズ vs Sado×
ライキジョーンズ選手はラヴァデッキ、Sado選手はメガナイトラムデッキ。ライキ選手はHarukiはSado選手がマスケットをさいたタイミングでラヴァを展開、空ユニットで攻めてタワーを破壊。ライキ選手が3タテのパーフェクト勝利。

 09

【トリプルドラフト形式】

○PONOS vs Team Timing×(2-0)
●1回戦
天GOD vs Greed
天GOD選手はバトルヒーラー、バルーン、ライドラ、Greed選手はゴブ小屋、ガゴ群れ、ロケット砲士などをピック。天GOD選手がバルーンを展開してタワーを削り、ファイアボールで破壊して勝利。

 10

●2回戦
天GOD vs Greed
天GOD選手はハンター、ライトニング、ババ小屋、ロイジャイ、Greed選手はゴブ小屋、エレウィズ、メガナイトなどをチョイス。天GOD選手はロイジャイで展開するが、Greed選手も硬い防御で通さない。最後はタイブレイカールールでわずかにダメージが上回った天GOD選手が勝利。PONOSがパーフェクトで勝利した。

 11

FAV gaming vs Talon

×FAV gaming vs Talon○(0-2)

【KING OF THE HILL】

×FAV gaming vs Talon○(2-3)
●1回戦
×きたっしゃん vs Line○
きたっしゃん選手は遅延スケラ、Line選手はディガー、マスケットなどのデッキ。Line選手はディガーでジワジワ削っていく。きたっしゃん選手はスケラで攻めるが、きっちり防衛してLine選手が勝利。

 12
 12-1

●2回戦
○だに vs Line×
だに選手はウォルブレ入りのメガナイトデッキ、Line選手はクロスボウデッキ。Line選手は防衛から形を作っていく立ち回りで、だにせんしゅはディガーやメガナイトで積極的に攻めていく。だに選手はLine選手の防衛を突破して、ディガーやマスケットでダメージを稼いでいく。最後はLine選手がファイボでの削り、だに選手もディガーで削り、ダメージ勝負に。だに選手が左右に攻撃を振って、逆サイドにミニペッカ、ウォールブレイカーを通してギリギリで勝利した。

  13
 13-1

●3回戦
○だに vs OneCrown×
だに選手はロイヤルホグ、OneCrown選手スケバレ入りの枯渇デッキ。だに選手はメガナイトを使って相手のボムタワーを出させ、そのあとロイホグを展開してダメージを与えていく。OneCrown選手もスケバレ、ゴブリンバレル、プリンセスでダメージを稼いでいくが、だに選手がロイホグ、クエイクでタワーを先に破壊した。

 14

●4回戦
×だに vs Blizzard○
だに選手はゴブ小屋入りのスケラデッキ、Blizzard選手はインドラ入りのスケバレ、ディガーの高回転デッキ。Blizzard選手の高回転の攻めにだに選手は防衛に回らされる。だに選手もスケラでダメージを返すが、Blizzard選手の削りがわずかに勝った。

  15
 15-1

●5回戦
×JACK vs Blizzard○
JACK選手はバルーンデッキ、Blizzard選手はバトルヒーラー入りのラムデッキ。Blizzard選手が序盤から有利に攻め続け、JACK選手のバルーンも完全に抑え込んで勝利。

  16
 16-1

【トリプルドラフト形式】

×FAV gaming vs Talon○(0-2)
●1回戦
○けんつめし vs Line×
けんつめし選手はポイズン、ロイヤルホグ、ザッピー、Line選手はゴブ小屋、ラヴァ、ホバリングなどをセレクト。けんつめし選手は相手のラヴァ展開に合わせてロイホグで攻めつつ、ザッピー、メガナイトで防衛。ロイホグでタワーを1本破壊。Line選手もラヴァで攻め立てるが、けんつめし選手が防衛しきって勝利。

  17
 17-1

●2回戦
×けんつめし vs Line○
けんつめし選手はアイスウィズ、スパーキー、ババ小屋、ロイジャイ、Line選手はプリンセス、ゴブ小屋、ムート、メガナイトなどをピック。けんつめし選手がスパーキー+ロイジャイの形を作って大きくダメージリード。だが、Line選手がプリンセス、メガナイトで形を作って逆転勝利。

  18
 18-1

●3回戦
×けんつめし vs Line○
けんつめし選手はスパーキー、バトルヒーラー、エレウィズ、Line選手はプリンス、ゴブジャイをピック。序盤はLine選手がうまく攻めを決めて大きくタワーダメージを稼ぐ。けんつめし選手はロイジャイスパーキーの形を作るが、Line選手がしっかりと防衛。Talonが勝利した。

  19
 19-1

TTG vs KIX Team

○TTG vs KIX Team×(2-0)

【KING OF THE HILL】

○TTG vs KIX Team×(2-1)
●1回戦
○D.King vs JayTV×
両選手ともにゴブジャイスパーキーデッキ。JayTV選手がD.King選手のスパーキーにライトニングを撃ったが間に合わず、そのままD.King選手がカウンターの形を作って勝利した。

 20

●2回戦
○D.King vs Onion×
D.King選手はゴブジャイスパーキーを連投、Onion選手はムート、バトルヒーラーなどのラムデッキ。Onion選手はスパーキーを見てから逆サイのラムライダーでダメージを稼ぐが、そのままカウンターのミニペッカが入って大ダメージを受けてしまう。最後はD.King選手がライトニングでフィニッシュ。

 21

●3回戦
×D.King vs iSlaw○
D.King選手はジャイムートデッキ、iSlaw選手はメガナイトラムライダーデッキ。中盤までお互いに守りつつ試合は大きく動かなったかが、iSlaw選手がメガナイト、ラムライダーで形を作りつつ、防衛ユニットをライトニングで一掃。タワーを1本破壊してiSlaw選手が勝利した。

 22

●4回戦
○AUK vs iSlaw×
AUK選手はババ小屋入りのメガナイトラムデッキ、iSlaw選手はインドラ、ユーノなどのメガナイトデッキ。iSlaw選手はAUK選手のババ小屋に苦戦してダメージを稼げない。AUK選手が鉄壁の守りを見せ、ほとんどダメージを受けずにiSlaw選手を下した。

 23

【トリプルドラフト形式】

○TTG vs KIX Team×(2-1)
●1回戦
○D.King vs Benzer Ridel×
D.King選手はムート、ファイボ、Benzer選手は吹き矢ゴブリン、ダークネクロなどをピック。Benzer選手のライトニングミスを見て、D.King選手は橋前メガナイトを展開し、タワーをすかさず破壊。D.King選手が勝利した。

 24

●2回戦
×D.King vs Benzer Ridel○
D.King選手はロイジャイ、ダークネクロ、プリンス、Benzer選手はゴブジャイ、ムート、エレウィズなどをピック。D.King選手がロイジャイを使って大きくダメージリード。Benzer選手選手はロイジャイの受けに苦戦し、ゴブジャイも通らず圧倒的なリードを取られていたが、ムート、盾の戦士、ゴブジャイ、ディガー、ポイズンを差し込んで一気に逆転した。

 25

●3回戦
○D.King vs Benzer Ridel×
D.King選手はホグ、ナイト、ハンター、アイスウィズ、Benze選手はムート、プリンス、バルーンなどをピック。Benzer選手はバルーンを狙うが、D.King選手はアイスウィズ、ハンターで完璧に抑えていく。D.King選手はホグ、ライトニングを使ってタワーを削って勝利。

 26

クラッシュ・ロワイヤル

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルリアルタイムストラテジー
メーカーSupercell
公式サイトhttps://clashroyale.com/ja
配信日配信中
コピーライト