クラッシュ・ロワイヤル攻略まとめ

Supercell

クラッシュ・ロワイヤル“クラロワリーグ アジア”シーズン2はFAV gamingを下したOGN ENTUSが優勝!選手インタビューを掲載

クラッシュ・ロワイヤルの攻略記事

“クラロワリーグ アジア”シーズン2はFAV gamingを下したOGN ENTUSが優勝!選手インタビューを掲載

2019-12-06 16:20 更新

シーズン2決勝&オールスターマッチ

surpercellの人気アプリ『クラッシュ・ロワイヤル』のプロリーグ”クラロワリーグ アジア”。2019年11月2日韓国のソウルで、シーズン2オールスタマッチ&FINAL(決勝戦)が行われた。日本のFAV gamingを下し、韓国のOGN ENTUSがシーズン2アジア優勝となった。両チームのインタビューをリポートをお届け。

【決勝戦対戦カード】
●FAV gaming(日本)vs OGN ENTUS(韓国)
※シーズン2のプレイオフを勝ち抜いてきた2チーム

【2v2】
×FAV gaming ○OGN ENTUS
(けんつめし、きたしゃん vs One Crown、Thunder)
【1v1】
×FAV gaming ○OGN ENTUS
(JACK vs TNT)
【1v1】
○FAV gaming ×OGN ENTUS
(だに vs Dandelion)
【1v1】
×FAV gaming ○OGN ENTUS
(JACK vs TNT)

DSC_0514
▲シーズン2アジア優勝は韓国のOGN ENTUS。FAV gamingは準優勝の結果に。個人MVPはOGN ENTUSのTNT選手が獲得。

FAV gamingインタビュー

 DSC_0529

左から
●ニクロム(アナリスト)
●きたっしゃん選手
●おこめちん(監督)
●けんつめし選手
●だに選手
●JACK選手

――試合を振り返っていかがでしたか。

おこめちん もちろん、僕らもしっかりこの日のために準備をしてきたんですが、相手の準備のほうが一枚上手だったという印象です。

けんつめし 今回は2v2しか出場しませんでしたが、唯一の負け筋というか、トルネポイズンBANが来るのが予想外でした。準備はしていたんですが、向こうのほうが準備量が多かったです。飲まれてしまいました。

――今シーズンのFAVは、まず2v2を取ってその勢いのまま勝つというパターンが多かった印象です。初戦の2v2を取られてしまったのは痛かったですかね。

けんつめし ”チームの勢いをつけるために2v2で勝つ”というのができなかったのは、本当に申し訳ないですね。

きたっしゃん 僕らも少し甘い部分が見えましたし、その場での応用力も足りませんでした。ただ、ここでいろいろ経験で来たので、それを活かして世界大会でリベンジしたいです。

――JACK選手はシングルで出場しましたがいかがでしたか。

JACK 今回はシングルで2回負けてしまいました。いままでは自分の弱点、苦手とするデッキの練習をしていました。ただ、今回自分はマジックアーチャーに弱かったなと。そういった特定のカードに対して強いデッキを組んだりすることも、今後は必要なんじゃないかと思いました。

――デッキ選出で読み負けてしまった部分もあったと。

JACK そうですね。

――だに選手は、2連敗のあと値千金の1勝を上げるという活躍を見せましたね。

だに その前の戦いのことは考えずに吹っ切れて戦おうと思いました。練習してきたことは出せたと思います。

――今回の戦いで、世界大会に向けて活かせるものは見えましたか。

おこめちん 世界で見てもTNT選手はトップクラスのプレイヤーなので、世界基準の視点が見えたかなと。1v1の準備の方向性や、2v2も視野が広がったと思います。

――ニクロムさんはアナリストとして今回の戦いをどう見ましたか?

ニクロム こちら側が「使わないだろう」と予想していたデッキを用意してきて、予想外の結果になってしまいました。裏を書こうとして裏を書かれてしまった形です。

――今シーズンは準優勝という結果になりましたが、振り返ってみてどんなシーズンでしたか。

けんつめし このシーズンは、メンバーは韓国に滞在して監督だけ試合の前日に来て試合の次の日に帰るというスケジュールでした。試合の時以外は、選手同士だけでやり取りする時間が多かったんです。選手たちが自ら考えて動いて、試合の時は監督と一緒に動くという流れでした。選手たちが自ら考えてやって結果勝てたのかなと。監督の方針でもある「監督がいなくても強いチーム」に近づけたと思います。

――世界一決定戦に向けて、どういった気持ちでチーム全体として向かっていきますか?

けんつめし 今回優勝する自信はあったんですが、OGNに封じられて負けてしまい、「まだまだ足りないな」と思う部分が多く見つかりました。いい機会だったと思います。できれば試合に勝って反省したかったんですが、次につながるのは間違いないです。世界大会でOGNと当たって、リベンジして優勝したいです。

――世界大会に向けてコメントをお願いします。

だに ゲームの環境も変わるので、環境を見定めて練習して、世界大会で優勝できるように、チームに貢献できるようにがんばります。応援お願いいたします!

きたっしゃん ここで負けても終わりじゃなくて、まだ次(世界大会)があるので。ここ1ヶ月を使って調整し、自分たちの弱点を見つめなおして仕上げて世界大会に望みます。

JACK ここでくよくよしていても時間がもったいないので、弱点を潰すような練習を重ねて、世界大会に挑みます。

ニクロム ここまで順調にきましたが、気持ちを切り替えるタイミングができてよかったと思います。残りの時間でフルにがんばって勝ちたいと思います。

けんつめし 優勝したかったのはもちろんですが、2位から世界大会で優勝した方がストーリー性もあって面白いと思います。そこに期待していただければと思います! 今後もよろしくお願いいたします。

おこめちん シーズン1はなかなか勝てなくて苦しい期間が続きましたが、シーズン2ではボチボチ勝てるようになってきました。応援していただける人も増えてきて、応援していただける人のため、ファンの方々のためにも、世界大会で結果を示せるようにがんばります。

OGN ENTUSインタビュー

 DSC_0537

左から
●HAUL監督
●One Crown選手
●Thunder選手
●Dandelion選手
●TNT選手
●Victor選手

――シーズン2アジアチャンピオンになった感想をお願いします。

Thunder まだ実感が湧きませんが、とてもいい気分です。

――FAV gamingは手強かったですか?

Thunder シーズン2では、FAV gamingと3回戦って2回負けているので緊張はありました。ただ、負けるとは思っていませんでした。

――FAV gamingへの対策はしっかり行って実戦できたわけですね。

Thunder 今回はBANカードを新しいものにして、相手を翻弄しました。それがうまくハマって有利に戦えたと思います。

――TNT選手、MVPの感想をお願いいたします。

TNT 今回使ってるデッキはいくつかの弱点がありましたが、それをうまく補完できて勝てました。MVPが獲得できたことはとてもうれしいです。

――世界戦に向けて勢いがつきましたね。

Dandelion 今回優勝できたので、そのいい流れをつかんだまま、世界大会でも優勝を目指します。

――世界戦に向けての意気込みをお願いいたします。

HAUL いつも通りにがんばって、いい成績を出すようにします。

One Crown 最大限に努力して試合に勝ち、いい成績を残したいです。

Thunder これからもいいプレイをして、世界大会でも結果を出します。

Dandelion 世界大会では、より強いチームとの対戦が待っています。しっかりと準備をして戦いに挑みます。

TNT 最善を尽くし、悔いのないように戦います。

Victor とにかくすごく練習してきたので、すごくいい気持ちです。世界大会が楽しみです。

ドズルさん、岸大河さんからコメント

 S__41599052

▲実況解説を務めたドズルさん、岸大河さんからのコメントもいただいた。

――決勝大会を間近で見たご感想は?

ドズル とにかくTNT選手が強かったです。もともとすごく好きな選手なんですが、想像を超えてきたなと。彼の良さはどんな時も冷静なことで、JACK選手のロイジャイに対するオーブンなども顕著でした。

 S__41599054

▲4戦目のJACK選手対TNT選手の2セット目。ロイジャイの前にオーブンを設置し、ロイジャイのターゲットをタワーからずらして、ギリギリで競り勝ったシーン。

ああいうのも彼でしかできないなと。最後までブレずに戦うのがTNT選手の持ち味なので、世界とどう戦っていくのかが注目です。一方でFAVの良かったところは、いままで2v2で勝って1v1にバトンを渡すというパターンでした。今回は2v2を落としてしまって、JACK選手も負けてしまって、そこからいままで出てこなかっただに選手が勝って流れを変えたところです。そのあとのJACK選手のプレイはTNT選手に迫っていたので、そこはFAVの大きな収穫なのかなと。

岸 まず試合に入るとき、OGNのほうが集中力高く試合に臨めていたと思いました。また、FAVの強みは「2v2で勝ってチームのテンションを上げて勝つ」というパターンでしたが、今回はチームを支える人たちが負けたときの弱みが出てしまったかなと。OGNはチームとして、誰が敗れても自分たちで取り返せばいいというスタンスがあって、どこかでヘコんでも取り返せる強さがあるんですよね。そういったOGNのチーム機能がうまくいった印象です。

――今回はデッキの読み合いを含めてOGNは強かったですね。

ドズル TNT選手は、直近の10試合とガラっとデッキを変えてきたんですよね。同じ環境のプレイオフで激しい戦いを見せたので、JACK選手もビタ読みでペッカなどで対策してきたと思うんです。TNT選手は相手の準備を含めて裏まで読んでいたのかなと。どこまでの読み合いになるのかは難しいですが、FAVも1個1個の対策だけではなく、その次の次元の到達を目指し、世界を取ってほしいと思います。

岸 次元が高すぎて我々から見ててもわからない部分もあります。ただ、JACK選手にしても、試合後にすぐに自分で反省点が見えていることは、選手として素晴らしいと思います。一方で、デッキチョイスうんぬんはさておき、戦いを見る限りTNT選手が高レベルで仕上がっていたことは間違いないと思います。

――次の世界戦に向けてコメントをお願いします。

ドズル どちらのチームも世界の舞台は初めてで。今日FAVのみんなは普段と雰囲気が違って少し硬かったかなと。すごい舞台で緊張すると思うんですが、自分たちの持ち味を発揮できるように、気持ちの部分も含めてがんばってほしいと思います。

岸 FAVもOGNも、アジアの一つの仲間としてともに応援して送り出して上げたいと思います。各チームもお互いに練習試合したりしていますし、それぞれのチームのみんなパワーを集めて優勝してほしいです。アジアの代表としてみんなで応援しましょう! もちろん、キャスターとしては全チーム公平に見ていきます。

オールスターマッチ

ファン投票によって選ばれた10チームの選手たちによるエキシビジョンマッチとなっている。これは、クラロワリーグ アジアでは初の試みとなる。試合内容は下記の通り。

●セット1 ファンといっしょに2v2
(Bo1、出場選手はファンとペアを組み2v2形式で対戦)
DRX Line (DragonX) with fan VS Tocilovac (Talon) with fan

●セット2 クラロワリーグ アジア クラシックマッチ
(Bo1、出場選手は5つのデッキから一つを選んで対戦)
iSlaw (SANDBOX GAMING) VS みかん坊や (PONOS)

●セット3 マストカードマッチ
(Bo1、ファンが投票で選んだマストカードを1枚ずつデッキに入れて対戦)
KK (GameWith) VS Manong Jhipee (Bren Esports)

●セット4 トリプルドラフトマッチ
(Bo1、出場選手はトリプルドラフトモードを使ってバトルを行う)
Joker (DetonatioN Gaming) VS Legend (KIX)

●セット5 スターマッチ
(Bo3、ファン投票で得票数1位2位の選手同士が対戦)

X-Bow Master (OP.GG SPORTS) VS BenZer Ridel (Chaos Theory)

 DSC_0017

このオールスターマッチでは、試合に勝った選手は、その場でユニフォームサインを書き、会場の誰かにプレゼントを実施した。

 S__41599053

▲Manong Jhipee選手のサイン入りユニフォームを、きおきおがゲットするというハプニングも!?

 DSC_0211

▲そんなきおきおさんからもコメントを入手。

――決勝戦の感想は?

きおきお もう声が枯れるまで応援しました。とういうか声が枯れちゃったんですけど、さっきぼんさん(ぼんじゅうる)からのど飴貰いましたよ(笑)。

――応援しすぎて、サイン入りユニフォーム貰っちゃいましたね(笑)。

きおきお そうなんですよ(笑)。あれ裏話があって、みんなペンライトみたいなの横に振ってたんですよ。これは差別化しないといけないなと思って、縦に振ったんですよ。そうしたら来てくださいました。感謝感激でございます! 「うるせーやつがいるな」ってアピールできたと思います(笑)。

――試合を見ていかがでした?

きおきお 僕が何か言うのなんておこがましいんですが、マジックアーチャーの使いかたは、目から鱗でした。自分で使うと全然使えないんですけど、マジアチャ使いまくりたいと思います。

――世界戦も楽しみですね。

きおきお 気持ちを切り替えて、FAVもがんばっていただきたいです! 世界戦めっちゃ楽しみです! みんなも応援しましょう!

  DSC_0540

▲おまけ(!?)で、その辺を歩いていたぼんじゅうるさんからのコメントもゲット。

――今日の試合いかがでしたか?

ぼんじゅうる すっごい試合でしたね。でも、正直FAVが勝つと思っていたんですよ。2v2で負けるとは夢にも思わなくて。すっごいなと。OGNさん、強かったと思います。

――ハイレベルな戦いでしたね。

ぼんじゅうる 全部が惜しい試合で、ちょっとした噛み合わせでどうなるかわからないアツイ試合ばかりでした。だに選手も強かったし。FAVは負けてしまいましたが、そんなに実力差はなかったんじゃないかなと。負けたけどすがすがしい。僕が言うのも何なんですが……(笑)。

――次はいよいよ世界一決定戦です。

ぼんじゅうる そうなんですよ! 世界でリベンジしてもらいましょう。まだまだ、強くなるぞと、FAVは。#FAVWINでお願いします! みんなで世界戦を応援しましょう!

クラッシュ・ロワイヤル

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルリアルタイムストラテジー
メーカーSupercell
公式サイトhttps://clashroyale.com/ja
配信日配信中
コピーライト