クラッシュ・ロワイヤル攻略まとめ

Supercell

クラッシュ・ロワイヤル【クラロワ】”クラロワリーグ アジア” 日本チームの初戦で熱戦相次ぐ!Week1 Day3 の試合結果

クラッシュ・ロワイヤルの攻略記事

【クラロワ】”クラロワリーグ アジア” 日本チームの初戦で熱戦相次ぐ!Week1 Day3 の試合結果

2018-04-30 13:17 更新

クラロワリーグ アジア Week1 Day3の試合結果

『クラッシュ・ロワイヤル』(以下『クラロワ』)公式のesportsリーグ”クラロワリーグinアジア”がついに開幕した。

日本チームの初陣となるWeek1 Day3 は2018年4月29日に試合が行われ、その結果、GameWithが2勝、FAV gaming(ファミ通App)が1勝1敗、PONOS Sportsが1敗となった。

result
▲試合結果

クラロワリーグルール

  • セット1:1on1
  • セット2:2on2
  • セット3:1on1(セット2までにどちらかのチームが2勝した場合は行わない)
  • BANピックルール:お互い1枚のカードを指定し、合計2枚のカードを使わずに対戦
  • タイブレーカールール:特定の試合が引き分けだった場合、必ず決着を付ける

Match1: PONOS Sports vs GameWith

Match1は第1セット、第2セットを連取したGameWithが勝利した。

crl123
▲喜ぶアマテラス選手/ユイヒイロ選手

第1セット:フチ(PONOS Sports) vs shun(GameWith):GameWithが2勝

SHUNFUCHI
▲フチ vs shun

※BANカードは、エリクサーポンプ(フチ)、ポイズン(shun)

・1試合目(勝者 shun:GameWith)

フチは枯渇デッキ。shunは三銃士デッキ。枯渇回しで優勢だったフチに対し、shunがカウンターで左タワーを破壊し返し、勝利。

・2試合目(勝者 shun:GameWith)

フチはディガーとスケルトンバレルの枯渇デッキ。shunはゴーレムとダクネデッキ。shunは1試合目同様、細かいダメージの蓄積で劣勢ながら、盾の戦士で粘り強く攻撃を受け止め続け、左のタワーに忍ばせたインフェルノドラゴンによって試合を決した。

第2セット:みかん坊や/天GOD(PONOS Sports) vs アマテラス/ユイヒイロ(GameWith):GameWithが2勝1敗

2on21
▲みかん坊や/天GOD vs アマテラス/ユイヒイロ

※BANカードは、両チームでトルネード

・1試合目(勝者 みかん坊や/天GOD:PONOS Sports)

PONOS Sportsはゴーレムとダークプリンス、プリンスのいわゆるGPPデッキで、ラヴァハウンドを軸としたGameWithに対し終始圧力をかけ続け勝利。


・2試合目(勝者 アマテラス/ユイヒイロ:GameWith)

GameWithは1試合目の反省をふまえデッキにPekkaを加えてゴーレム対策。そして残り1分の段階でロケットでゴーレム背後のユニットを潰して一気に有利に。さらに右のタワーをディガーとロケットで削り切り勝利をもぎ取った。

・3試合目(勝者 アマテラス/ユイヒイロ:GameWith)

2試合目と同じような展開。GameWithがPONOS SportsのGPPをしっかり守り切り、ディガーとロケットで左のタワーを削り切った。

Match2:FAV gaming vs DetonatioN Gaming

第1セット、第2セットを連取したFAV gaming の勝利

crl222
▲指で天を指すけんつめし選手

第1セット:RAD(FAV gaming) vs koo(DetonatioN Gaming):FAV gamingが2勝

1on12
▲RAD vs koo

※BANカードは、ゴーレム(RAD)、ディガー(Koo)

・1試合目(勝者 RAD:FAV gaming)

得意のゴーレムを封じられたKooはラバデッキを採用するも、RADはそれを見越したかような陸攻めデッキでゴリゴリ攻撃。会心の相性勝ち。

・2試合目(勝者 RAD:FAV gaming)

どちらも三銃士デッキ。エリクサーポンプの建てあいから始まった開始1分半、Kooのペッカと逆サイドにRADが出した攻城バーバリアン、ゴブリンの群れが一気にKooのタワーをへし折り勝利。

第2セット:けんつめし/Oz(FAV gaming) vs Lewis/ピラメキ(DetonatioN Gaming):FAV gamingが2勝

2on22
▲RAD vs koo

※BANカードは、ラバハウンド(けんつめし/Oz)、ディガー(Lewis/ピラメキ)

・1試合目(勝者 けんつめし/Oz:FAV gaming)

両者ゴーレムデッキ。お互いなかなかダメージが入らない中、多彩なサブユニットの扱いで優勢に立ったFAV gamingの勝利。

・2試合目(勝者 けんつめし/Oz:FAV gaming)

両者ゴーレムデッキ。FAV gamingは両者でトルネードを持ち、けんつめしがポイズンを、Ozがファイアボールを準備。延長でDetonatioN Gamingの三銃士とダークプリンスを、トルネファイボでせん滅するなど見事な連携で勝利。

Match3:GameWith vs FAV gaming

GameWithが第1セット、第2セットを取り勝利。

crl314
▲紙一重で敗れたRAD選手

■第1セット:アマテラス(GameWith) vs RAD(FAV gaming):GameWith が2勝1敗1引き分け

1on13
▲アマテラス vs RAD

※BANカードは、インフェルノドラゴン(アマテラス)、エアバルーン(RAD)

・1試合目(勝者 アマテラス:GameWith)

アマテラスは三銃士デッキ。RADはスケルトンラッシュデッキ。開始1分、三銃士のうちの1ユニットとミニペッカの組み合わせで早々に右のタワーを落としアマテラスの勝利。

・2試合目(勝者 RAD:FAV gaming)

RADはゴレダークプリンスデッキ。アマテラスはホグファルチェデッキ。両者、右のデッキを落としながら、ゴーレムでしっかり形を作り続けたRADの勝利。

・3試合目(引き分け)

RADはゴーレムデッキ。アステラスはクロスボウとペッカを軸にしたデッキ。2分間の長いにらみ合いの後、相性不利なRADがトルネードをうまく使いながらしのいで引き分け。


・4試合目(勝者 アマテラス:GameWith)

第1セットの勝敗がかかった非常に重要な戦いは、RADがゴブリン軍団とペッカを組み合わせた珍しいデッキ。アマテラスはゴーレムデッキ。終盤、不利を悟ったRADが、逆転をかけてペッカで逆サイドからのカウンターを狙ったものの、わずか1秒の僅差でアマテラスがタワーを折り、勝利を収めた。

■第2セット:KK19212/shun (GameWith) vs けんつめし/Oz(FAV gaming):GameWith が2勝

2on23
▲KK19212/shun vs けんつめし/Oz

※BANカードは、トルネード(GameWith)、ラバハウンド(FAV gaming)

・1試合目(勝者 KK19212/shun :GameWith)

GameWithは開始2分、エアバルーンにまさかのレイジを重ねることでタワーに大ダメージを与え、勝利した。

・2試合目(勝者 KK19212/shun :GameWith)

GameWithは相手のゴーレムデッキを読んでのペッカデッキで終始有利に試合を運び勝利。Match3の勝者となった。

(BY ponta
pontasmile

クラッシュ・ロワイヤル

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルリアルタイムストラテジー
メーカーSupercell
公式サイトhttps://clashroyale.com/ja
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る