モンスターストライク攻略まとめ

(C)XFLAG
モンスターストライクの攻略記事

【モンスト攻略】ストーム戦(超究極)攻略と適正モンスター紹介/操られし「破」の力の継承者

2021-12-02 16:37 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

モンスターストライク

ストーム戦・攻略(超究極クエスト)

ステ

『モンスターストライク』の超究極クエスト“操られし「破」の力の継承者”では、闇属性の星6モンスター“ストーム”を運極で入手できる。

本クエストはウィロー、ゼルコバ、カンファーのクエストのクリアー回数に応じて対策レベルが上がり、道中での与ダメージをアップさせることが可能だ。

クエスト情報

出現モンスター属性:闇、水、木、光
出現ギミックワープ、ロックオン地雷、ダメージウォール、蘇生、レーザーバリア、クロスドクロ、敵防御ダウン、ドクロ、弱点露出、撃種反転パネル、内部弱点、亜侍封じ、敵回復

ボス属性:闇
ボス種族:亜人
スピクリ:30ターン
Sランクタイム:15分

攻略ポイント

ワープを対策。マインスイーパー持ちも1〜2体欲しい
アンチワープ持ちで固めよう。また、ロックオン地雷が3ターン起爆で威力が高いため、マインスイーパー持ちも1〜2体は連れて行こう。ダメージウォールは持続ターンが短く展開数も多くないため、対策必須ではない。

魔封じ、魔神キラー、カウンターキラーが活躍
出現する敵はボスを除いてすべて魔人。上記のキラー持ちがいれば大ダメージを狙える。

対策レベルを上げることで難度が低下
道中に出現するウィロー、ゼルコバ、カンファーは、対象のクエストをクリアーすることで対策レベルが上がり、与ダメージがアップする。逆に対策していないと敵が非常に固く、結果としてクエスト難度が高くなる。
なお、難度を下げるための優先度は、ゼルコバ>カンファー>ウィロー。
とくに相互蘇生をし、防御ダウンのキーとなるゼルコバの対策レベルを上げると攻略難度が大きく下がる。

運枠は不要
本クエストは1回クリアーで運極のストームが手に入るもの。運枠を優先する必要はない。

オススメモンスター

サンダルフォンサンダルフォン(獣神化)
撃種:反射
・超AW/全耐性/リジェネM+超SS短縮
竈門炭治郎(獣神化)竈門炭治郎(獣神化)
撃種:反射
・MSM/魔封じ/LS+超AW/バイタルキラー
アルセーヌ(アナーキー)アルセーヌ(アナーキー)
撃種:反射
・AW/ファーストキラー+連撃キラー/SSブースト
真田幸村(獣神化・改)真田幸村(獣神化・改)
撃種:反射
・AW/超LS+カウンターキラーM
椿(獣神化)椿(獣神化)
撃種:貫通
・AW/超MSM/魔封じM/ゲージ保持
エスカノール(獣神化)エスカノール(獣神化)
撃種:反射
・超AW/全キラー/無耐性+ダッシュ
エクスカリバー(神化)エクスカリバー(神化)
撃種:反射
・超AW/バリア/SS短縮
カーリー(獣神化・改)カーリー(獣神化・改)
撃種:反射
・MSL/LS
・AW(コネクト)
・スピードアップ
ルシファー&カエサル(獣神化)ルシファー&カエサル(獣神化)
撃種:反射
・MS/弱点キラー/バリア+AW
コーディリア&リア(獣神化)コーディリア&リア(獣神化)
撃種:貫通
・AW/超MSM+魂奪/ダッシュ
犬田小文吾(獣神化)犬田小文吾(獣神化)
撃種:貫通
・超MSM/魔封じM+AW/ダッシュ
トライデント(獣神化)トライデント(獣神化)
撃種:貫通
・超AW/魔封じL/ドレイン

ステージ1

11.ゼルコバを同ターン処理
2.カンファーを処理
ゼルコバ2体が相互に蘇生。同ターンに処理しよう。また、クロスドクロ発動でカンファーの防御が下がり有効なダメージが与えられるようになる。反射タイプは反転パネルで貫通化し、内部弱点を直殴りしよう。

ステージ2

21.ゼルコバを同ターン処理
2.カンファーを処理
このステージでもゼルコバの同ターン処理でカンファーが防御ダウン。ステージ1と異なりカンファーには弱点がないため、反射状態で壁を利用してダメージを与えていこう。
なお、カンファーは中央の数字で高威力の電撃を放つが、HPが十分にあれば耐えられるため、1体だけ残してSSを貯めてもいい。

ステージ3

31.ゼルコバを処理
2.ウィローを撃破
ゼルコバは1体につき1体を蘇生するため、3体以上を同時に倒して全滅させよう。
なお、ロックオン地雷は起爆まで3ターンかつ、威力が非常に高い。MSを持たない味方に付いたものは優先的に回収したい。

ボス1

41.ゼルコバを同ターン処理
2.カンファーを処理
3.ボスを撃破
ゼルコバの同ターン処理でカンファーとボスの防御が下がる。なお、ボスはほかの敵と異なり対策レベルによる与ダメージアップはなく、特別な対策は不要。そのため、防御ダウン後で配置がよければボス特効もアリだ。

ただし、ボスを倒してもカンファーは撤退しない。カンファーは下の数字で超高威力の攻撃をしてくるので注意しよう。

ボス2

51.ゼルコバを同ターン処理
2.ボスを撃破
ゼルコバの処理によるボスの防御ダウンが最優先。なお、このステージのボスの弱点は内部にあるため、反射タイプはステージ下部の反転パネルを経由し、直殴りしていこう。

ボス3

61.ゼルコバを同ターン処理
2.カンファーを処理
3.ウィローを処理
4.ボスを撃破
敵の数が多く動きにくい。ウィローは貫通状態のほうがまとめて倒しやすいが、SS使用時はパネルを踏んでも撃種が変化しないため、反射タイプは注意したい。
ボスはウィローを倒すことで弱点が出現し、ダメージを与えやすくなる。

あわせて読みたい

⇒【モンスト】モンフリ2022最新情報まとめ(9/26更新)
⇒爆絶感謝マルチガチャは今年で終了!? “とあるガチャの作り方”リポート
⇒珊瑚(獣神化)のステータスには“サンゴ”がいっぱいあるって知ってた? “復活!モンストリビアの噴水”
⇒9周年コラボを大予想!『ダイの大冒険』第2弾コラボには意外な壁が?
⇒“超・獣神祭”新限定キャラ“アルスラーン”は引くべき?オススメ度を解説
⇒App Storeの価格改定に伴うオーブ販売価格の一部変更が発表
⇒転送壁が登場した真の理由とは?飛行アビリティの意義は?バランス調整者にズバリ聞いてみた

⇒ローザ(獣神化・改)の評価と適正クエスト考察/稀少な3ギミック対応が後の高難度に刺さる可能性も?
⇒ブリギッド(獣神化)の評価と適正クエスト考察/天魔1で活躍できるように
⇒獣神化・改モンスターに関する情報はこちら
⇒獣神化モンスターに関する情報はこちら

⇒選抜!8周年人気投票ガチャはどのグループを選ぶべき?オススメキャラクターと注意点まとめ
⇒リセマラ所要時間は約5分!最新のリセマラ方法とオススメキャラまとめ
⇒強友情キャラのオススメランキング(2022年4月版)
⇒2体目用の“魂の紋章”解放に必要な魂気と全解放までの日数

最新のイベント

モンストニュース

モンストニュース【モンストニュースまとめ(09/15)】

ニュースピックアップ
・“プレイバックガチャ”、“ホップ!ステップ!限定!ガチャ”が開催
・“超究極・彩”クエストで“パンデモニウム”が降臨(9/18 12時~)
・新イベント“悠久のエルフヘイム3〜神秘の闘謐〜”が開催(9/17 12時~)
・ローザの獣神化・改が解放(9/20 12時~)
・新超絶クエスト“ゼクス”が登場(9/23 19時~)


クエスト攻略

新イベント『悠久のエルフヘイム3』攻略

エルフヘイム3【攻略まとめ】
ガチャキャラ評価
ピニャ・コラーダ

ピニャ・コラーダ

プルケ

プルケ

スピリタス

スピリタス

降臨キャラクター
アバドン(神化)_01

アバドン

アセナ

アセナ

ミズチ

ミズチ

【クエスト攻略】【クエスト攻略】【クエスト攻略】
簡易まとめ
【開催期間】
9月17日12時~10月2日11時59分

【注目ガチャ限定】
・リコルのコネクト発動要員にもなるプルケが魅力的
・次回イベントがコラボの可能性があるので、次回イベントが判明するまでステイを推奨
⇒今回のガチャは引くべき?

【運極オススメ度】
・アンチ転送壁を持つアバドン(神化)は今後輝く可能性が考えられる
⇒運極オススメ度の詳細はこちら

EXクエスト(今回の出現がラスト)

ハイネ_test
評価と攻略
ハイネ
クエスト攻略
【ハイネのポイント】
・アンチアビリティ3種持ち
・阿鼻やカタストロフィに適正
⇒ハイネの評価詳細はこちら

超究極(パンデモニウム)

パンデモニウム_バナー
評価と攻略
パンデモニウム(獣神化)

クエスト攻略

【パンデモニウムの簡易評価】
・砲撃型アタッチボム6+超絶ホーミング18で友情火力が極めて高い
・全属性での攻略が必須でソロでの運極は難度が高い
⇒運極は目指すべき?評価詳細はこちら
モンスト初心者最新画像

▲初心者&中級者向けお役立ち情報まとめ▲

高難度クエストの攻略と評価

攻略動画、やってます。

■ターザン馬場園のTwitter ■タイガー桜井のTwitter ■宮坊のTwitter

▲効率のいいラック上げの方法などの攻略テクはこちら▲

 

モンスターストライク

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクション
メーカーミクシィ
公式サイトhttps://www.monster-strike.com/
公式Twitterhttps://twitter.com/monst_mixi
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る