1. サイトTOP>
  2. PC版が世界で大ヒットのハクスラ系アクションRPG『トーチライト』をプレイ!【TGS 2016】

PC版が世界で大ヒットのハクスラ系アクションRPG『トーチライト』をプレイ!【TGS 2016】

2016-09-17 19:04 投稿

中国でハック&スラッシュの黒船待機中?

アプリで『真・三國無双 激闘版』の開発を手がけている、中国大手のゲームメーカー“Perfect World”(パーフェクトワールド)が、東京ゲームショウ2016に出展。そのブースで、PC版が世界でヒットしたハック&スラッシュタイプのアクションRPG『トーチライト(TORCHLIGHT)』のアプリ版が試遊できたので、プレイしてみたぞ。

基本操作は、画面左側に表示されている仮想パッドで移動。右側に表示されているアクションボタンにタッチして敵を攻撃していく。5つあるアクションボタンの中でいちばん大きなものが通常攻撃で、その上部を囲むように各種スキルを発動するボタンが4つ並んでいる。大きさにメリハリがあるので、使い勝手は良好。

画面が大きいiPadでプレイしたと言うこともあるが、操作性は思った以上に快適。ド派手なスキル演出も含め、爽快感溢れるバトルが楽しめた。

画面①
▲スキルの中に発動後、一時的に使えなくなるモノもあり。このとき該当するアクションボタンがブラックアウトするので、視覚的にもわかりやすい。

ブースの担当者に確認したところ、アクションボタンに配置するスキルは試遊バージョンでも数10種類存在。自由に入れ換え可能となっているので、会場でプレイする人はいろいろと試してみるといいだろう。

 画面②
▲スキルの数が多く、十人十色の戦いかたが楽しめるハクスラ系ゲームとなっている。

パンダも参戦!?

ブースでプレイできる試遊Verで操作できるキャラクターは3体。槍や大剣を振り回すアタッカータイプ以外に、弓を駆使して戦うクエストに挑めた。とくに、弓使いの女性キャラクターは遠距離攻撃や氷の範囲魔法以外に、オオカミに変身したり、ペットのパンダがいっしょに敵と戦ったりと、武器や魔法以外の攻撃方法もあり、驚きの連続だった。

 画面③
▲中国と言えば、やっぱりパンダ!? 本家だからかパンダの造形がとってもリアルでかわいい。

また、ミッションの種類も豊富で、ボスがいる最深部を目指すものから、密室でつぎつぎと出現する敵を倒すものなど、シチュエーションの異なるバトルに挑めた。

ちなみに本作の日本配信日は2017年以降で、現時点では未定とのこと。早くパンダと冒険したい!

ほかにも試遊台が!

このブースには、『トーチライト』のほか、『真・三國無双』のスマホ向け格闘ゲーム『真・三國無双 激闘版』や、中国でも未配信のMMO『PERFECT WORLD』、乙女ゲーム『夢間集』の試遊台も。どれも2台以上iPadがあるので友だちといっしょにプレイすることも可能だ。ぜひ、立ち寄ってみては?

▼TGS 2016で遊んでみた
『真・三國無双』のスマホ向け格闘ゲーム

 S__20054037
▲『真・三國無双 激闘版』
 S__20054038
▲『PERFECT WORLD』
S__20054039
▲『夢間集』

関連記事
『真・三國無双』がスマホ向け格闘ゲームに!さっそくプレイしてみた【TGS 2016】
『真・三國無双6』をベースにしたスマホ版『真・三國無双 激闘版』が中国で展開決定! 国内はどうなる?
【事前登録】『真・三國無双』シリーズ最新作は簡単・爽快・お手軽

tgs 2016 情報まとめ

トーチライト(TORCHLIGHT)

メーカー
Perfect World
対応機種
iOS、Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧