1. サイトTOP>
  2. 『真・三國無双』がスマホ向け格闘ゲームに!さっそくプレイしてみた【TGS 2016】

『真・三國無双』がスマホ向け格闘ゲームに!さっそくプレイしてみた【TGS 2016】

2016-09-15 20:46 投稿

開発は中国の大手メーカー“完美世界”

三國無双_格闘ゲーム_01

2016年9月15日から開催中の東京ゲームショウ2016に前年に引き続き中国の大手メーカー“完美世界(パーフェクトワールド)”が出展している。その出展タイトルの中に、『真・三國無双』のスマホ向け格闘ゲーム、その名も『真・三國無双 激闘版』がプレイアブル出展。日本語にローカライズされているが、日本配信については未定とのこと。

三國無双_格闘ゲーム_02
三國無双_格闘ゲーム_03

手のひらでハイクオリティとサクサクプレイが融合

本作は、『真・三國無双』シリーズの武将40名以上が家庭用ゲーム機と遜色ないハイクオリティで登場し、決められたアクションボタン(攻撃、スキル、防禦、回避など)をタップすることでコンボ攻撃や、敵の攻撃の防御・回避、必殺技をくり出して戦う3on3マッチバトルとなっている。

三國無双_格闘ゲーム_04
▲画面右下の大きめのボタンが通常攻撃。それを囲むボタンが各種スキル。画面左の表示されていない部分をタップで後方回避、長押しでガードとなっている。移動はオートでアクションボタンをタップすれば自動的に間合いをつめる。
三國無双_格闘ゲーム_05
▲アクションボタンをタップするだけで簡単に連続攻撃をくり出せるため、誰でも爽快感溢れるバトルを楽しめるのがウリのひとつ。
三國無双_格闘ゲーム_06
▲シリーズでおなじみの無双奥義も。形勢を一気に逆転できるまさに切り札と言える。

本作では、NPCとの戦いに明け暮れるストーリーモードを基本的にプレイしていく。レベルアップの要素もあり、育てるおもしろさがあるのもポイントだ。

また、ストーリーモードの中には、ランニングゲームのような“騎馬戦”も用意されており、画面右から迫りくる敵をアクション ボタンをタップして、バッサバッサと斬り伏せていく。このモードでは、家庭用ゲームの『真・三國無双』シリーズのような一騎当千の楽しさを体験できた。

そして、格闘ゲームと言えばやはり対人戦。本作ではリアルタイムでほかのプレイヤーとマッチングし、実際に激闘を繰り広げることが可能。筆者もさっそくパーフェクトワールドの担当者の方とリアルタイムバトルを試遊してみたところ、ラグを感じることなく快適なプレイを楽しめた。前述の操作性もあり、初見でも一方的にやられるようなことはなさそう。

三國無双_格闘ゲーム_07
▲画面左はじにユニットが固定され、スクロールして乗馬しているような演出を取っている。
三國無双_格闘ゲーム_08
▲敵がプレイヤーの騎馬になだれ込んでくるので、『真・三國無双』シリーズならでは一騎当千っぷりを満喫してもらいたい。

ステージでコスプレイヤーどうしがバトル

パーフェクトワールドブース内に用意されているステージでは、コスプレイヤーどうしが対戦。失礼ながらやり込んでいるようには見えないふたり。ところが、いざバトルが始まると、華麗なコンボや無双奥義での逆転など、名勝負を披露。

試遊前にステージを見ていたら「プロか、プロなのか!」と度肝を抜かれたいただろうが、筆者はプレイ済み。改めて本作の操作が簡単で、誰もが手軽に格闘ゲームならではの攻防を楽しめることを再確認できた。

三國無双_格闘ゲーム_09
▲いざ、尋常に勝負!
三國無双_格闘ゲーム_10
三國無双_格闘ゲーム_11
▲ド派手な攻防を繰り広げているのが、さきほどのコスプレイヤーと思うと、いかに本作が遊びやすいかが理解できる。
三國無双_格闘ゲーム_12
▲コスプレイヤーのひとり、貂蝉の恰好をしている。

本作は中国、香港、マカオ、台湾でのリリースは予定されているが、現段階での日本版リリースは未定とのこと。

tgs 2016 情報まとめ

真・三國無双 激闘版

メーカー
パーフェクトワールド
配信日
未定
対応機種
スマートフォン(試遊ではiPadを使用)
備考
※本作は中国、香港、マカオ、台湾でリリース予定のタイトルとなり、日本でのサービス自体が未定となっています。

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧