モンスターストライク攻略まとめ

(C)mixi, Inc.

モンスターストライク【モンスト】最高クラスのホーミングSSが強い!リン・ツー(獣神化)の評価

モンスターストライクの攻略記事

【モンスト】最高クラスのホーミングSSが強い!リン・ツー(獣神化)の評価

2016-02-12 19:57 更新

まさかの貫通タイプに!

ドーモ、ヤマザキです。2016年2月8日より、ロイゼと共にリン・ツーの獣神化が可能になりました。進化・神化に比べ、どのように変わったのか見ていきましょう。

リン・ツー
▲リン・ツー(獣神化)。SSのボイスは「鍛え上げし技と力……、世に轟き示さん!」。ロイゼ(獣神化)と同じく、別人と見紛うばかりに逞しくなりました。

【関連記事】
“火の獣神竜を求めて”攻略と適正モンスター紹介
“闇の獣神竜を求めて”攻略と適正モンスター紹介
高ステータスとトリッキーな友情コンボが魅力!ロイゼ(獣神化)の評価
覇者の塔30、35階にもオススメ!ワールド(獣神化)の評価
水属性最高レベルの実力!?スサノオ(獣神化)の評価
ストライク(獣神化)の評価! カウンターキラーが強すぎる!
アグナムート(獣神化)の評価! 阿修羅戦でさらに活躍!?
不動明王戦で大活躍!獣神化アグナムートXを使ってみた

リン・ツー(獣神化)、進化・神化との違い

貫通タイプに変更
・進化よりHPが約600低く、攻撃力が約4200(ゲージ込み)、スピードが約48高い
・神化よりHPが約1200、攻撃力が約1200(ゲージ込み)、スピードが35高い
・アビリティは幻獣キラーL+アンチワープ
・友情コンボはエナジーサークルM+超爆発
・SSは乱打からホーミング

最大のポイントは、進化・神化とは異なり貫通タイプになったこと。獣神化モンスターとしては初のボールタイプ変更になります。

ステータスは全体的に上がっており、とくにスピードの上がりかたが目覚ましいですね。HPは進化と神化の中間といったところで、星6モンスターとしては高い数値ではありません。

アビリティは幻獣キラーL+ゲージでアンチワープ。進化と神化のいいところ取りをした形です。

友情コンボはメインがエナジーサークルMに。パワー型のため威力は低めですが、総合的に見れば火力はグっと上がっていますね。

ユウジョウ
▲進化・神化同様に超爆発も持っているため、従来通り起爆役としても使うことができます。

そしてSSは、乱打ではなくホーミングに変更。さらに、13ターンと21ターンで撃ち分けが可能になっています。従来の獣神化モンスターのSSは進化・神化のものを純粋強化したものだったため、ボールタイプ変更と併せて異例の処置と言えます。

ちなみにこのSS、ホーミングSSとしては間違いなくトップクラスの性能です。

SS300左SS300右
▲同等の条件下で放った場合。左が13ターン、右が21ターンのものです。

13ターンで使えるSSとしては十分すぎる性能であることに加え、21ターン時の300万オーバーはすさまじい威力です。画像は妖精族へのダメージですが、キラーも発動する木属性の幻獣族相手ならば、単純計算で700万以上ものダメージを出せることになります。

リン・ツー(獣神化)にオススメのわくわくの実

数値は上昇したものの依然としてスピードは遅めなため、加速系の実を付ければ使用感はかなり変わると思います。加撃系の実で、高い攻撃力をさらに増すこともオススメです。“熱き友撃の力”でエナジーサークルMをバランス型に近い値までもっていくのもアリですね。

リン・ツー(獣神化)にオススメのクエスト

貫通タイプになったため、貂蝉のクエストが新たな活躍の場になりそうです。もちろんガッチェスやフェンリルのクエストでも、これまで以上の働きをしてくれると思います。

クシナダはすでに強豪がひしめきあっている状態なので最適というわけではありませんが、SSが非常に優秀なため、手持ちが少なければ選択肢に加えてもよいでしょう。

クシナダ戦
▲クシナダでは、直接攻撃よりもSSと友情コンボの使い勝手のよさが光ります。

【関連記事】
“月をも惑わす可憐な花”貂蝉戦・攻略
“木獅子!ガッチェスの王国”ガッチェス戦・解説
“神を喰う狼牙の邪光”フェンリル戦・解説
“八岐ノ森の贄比女”クシナダ戦・解説

リン・ツー(獣神化)の総評

獣神化としては、異例の強化となりました。

従来の獣神化は進化や神化の上位互換となることが多く、ボールタイプは同じ、SSは純粋強化となっていました。

しかしリン・ツーの場合、アビリティは進化と神化を併せたものですが、ボールタイプは反射から貫通に、SSもまったく違うものに変化。結果的に、ほぼ別のモンスターになったと言ってもいいでしょう。

ただし、火属性の貫通+アンチワープ持ちはアヴァロンやルビー(神化)、ウォッカ(神化)など優秀なものが揃っており、高難易度クエストに幻獣族のボスは登場していないことを考えると、育てる優先度はそこまで高くはないと思います。

ただ、アヴァロンのクエスト登場と同時に大活躍できるようになった天草四郎(神化)の例もあります。今後、リン・ツー(獣神化)が最適となるクエストが登場する可能性は十分にあるのではないでしょうか。

爆絶では火、水属性ともにワープが出現していますし、つぎにやってくるであろう木の爆絶に期待したいところですね。

【関連記事】
“渇望の果ての理想郷”アヴァロン戦・攻略
“悠久の祈りと魂が還る聖海”ニライカナイ戦・攻略
タイガー桜井流!“爆絶”ニライカナイ戦攻略の極意
徹底攻略!“爆絶”ニライカナイ戦で押さえておきたいポイントと適正モンスター紹介

ピックアップ 一覧を見る