1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. スマゲ★革命>
  4. スクエニプロデューサー安藤武博氏のブログ“スマゲ★革命”第二十一回 「特モ二部、新作ニュース! 2012年春。」

スクエニプロデューサー安藤武博氏のブログ“スマゲ★革命”第二十一回 「特モ二部、新作ニュース! 2012年春。」

2012-05-15 19:42 投稿

●第二十一回 「特モ二部、新作ニュース! 2012年春。」


今週は特モバイル二部ニュースをやります。今、創っているタイトルの紹介ですね。現在、特モニ部には私を入れて12名のプロデューサーと候補生がいます。そのほとんどがオリジナルタイトルを手がけているのが特徴で細かな移植とかも合わせると、20ライン以上が稼動しています。その中でも具体的にお伝えできるお話を今回、なるべくやりますね。

はじめに『拡散性ミリオンアーサー』……アンドロイド版最終デバッグ中です。5月内のリリースは、ほぼできそうです。岩野が99%いけると言っています。その他、デッキ構築改修、騎士団バトル、ゲーム内チャットの実装を着々と進めています。チャットに関しては、ある”コラボ”を予定しています。その他にもカードに関してのコラボや遊びに関してのコラボも動いています。実現するかどうかは、今週来週次第って感じです。岩野に新作ニュースやるから何か出してと言ったら、今後配信予定のカードイラストを2枚提供してくれました。もちろん本邦初公開だバモファーン(※)!

(※)バモファーン・・・オンラインネットヤンクゲーム『疾走、ヤンキー魂。』第二期運営時に創られた擬音。言葉の意味はよくわからんが、とにかく威勢を出すときに多用していた。

  

岩野曰く「思わず萌え死にしそうになった」とのことで、右に同じ。どなたが手がけているか今はあえて伏せておきますね。ていうか、もうわかりますよね。ラフイラストの掲載を許可してくださった先生方にも感謝!

次に、新作『ガーディアン・クルス』……おなじく最終デバッグ中です。ここ最近は、サーバー負荷の軽減とゲーム内容の調整を徹底的にやっている感じですね。5月内リリースの線もまだ捨てきれないですが、実際は6月初頭~中旬までのリリースになる公算大です。ゲーム内容の詳細はこちらをご覧ください。『ミリオンアーサー』とはまた違った手触りの、ダークファンタジーに仕上がっています。骨太でシブいのが好きな方にはたまらないでしょうね。こちら、『ミリオンアーサー』や『ナイツオブクリスタル』とのタイアップを予定しています。特モ二部タイトル間でのお祭りは、今後も、しがらみが強烈にならない程度にやっていきたいと思います。

オグロアキラのイラストが光る新作『ガーディアン・クルス』。何回見てもカッコイイ!

原案はFFのアクティブタイムバトルシステムを考案した伊藤裕之。プロデューサーは『ナイツオブクリスタル』の田付信一。カードバトルですがガチャはありません。まずはiOSからサービス開始。Androidは年末までに開始の予定です。田付になんか出してー! といったら、未公開の魔獣イラストを出してくれましたバババモファーン!

イフリートとタイタンが登場。こういった最強魔獣をハンティングしていくのが『ガーディアン・クルス』というゲームですね。

次に『星葬ドラグニル』……ニコ生のスマゲ紹介番組『シシララ!』で紹介した新作です。序章無料の章配信型オリジナルアクションRPGです。こちらはデバッグを開始したところで、夏発売予定です。開発に、最近ではアニメ『神姫絶唱シンフォギア』などゲームにとどまらない活躍を見せているウィッチクラフト。彼らも元々は『ケイオスリングス』を手がけたメディアビジョン出身のクリエイター達です。言ってみれば本作は師弟対決的な様相も持っていて、さすが両作品共にそれぞれ特色のある良質なRPGになっていますね。もちろん『ケイオスリングス』も次を仕込んでいますよ。

前列左からミナ(CV水樹奈々さん)、アラン(CV木村良平さん)、コバック(CV三木眞一郎さん)の豪華キャストでお送りします。CVが豪華なのは、うちのスマゲブランド“シシララオーバードライブ”の、もはや必須条件になっていますね。キャラクターデザインは全くの新人(と言っていいでしょう)、韓国人作家のユ・ジェテ氏を大胆起用! 韓国人作家と良質な作品を送り出している当社のコミックス部門との連携で実現しました。このクオリティーを描ける人は日本でもなかなかいないクラスだと思います。世界に向けて、新人クリエイターの発掘も積極的に仕掛けていきます。

また、本作は4月に先行して少女病さんによる主題歌『unleash』のリリースがされていて、こちらにゲーム内での強力アイテムが育てられるシリアルが同梱されています。なによりゲームの世界観を見事に表現した、かなり素晴らしい仕上がりの楽曲になっています。CDを聴きつつ、夏の発売をお待ちください。

※主題歌『unleash』の詳細はこちら
※『星葬ドラグニル』紹介記事(ファミ通App)はこちら
※開発会社ウィッチクラフト代表、金子彰史氏による本作についてのブログはこちら

この作品は、『ケイオスリングス』の不肖安藤と『拡散性ミリオンアーサー』の岩野の共同プロデュース作品になります。色々と、かなりとんがったRPGになっていますのでご期待下さい。そうなっちゃったので言ってしまいますが、序章無料で誰でもダウンロードできる本作。創り込みまくった結果、容量がなんと! 1.7GBあります。本作も“家庭用ゲームと遜色ないクオリティー”を標榜し、フルスイングで制作した作品なので、完全にスマホの限界を超えた内容です。ある種スーパーカー的な立ち位置の本作、チャレンジが今からとても楽しみです。ゲームシステムから、なにから徹頭徹尾、挑戦の塊です。

インターネットTV『シシララ!』も近日復活予定です。またもや豪華ゲストが決まりました。石原夏織ちゃんです! 彼女が創りたいゲームの話をしたり(これまでも、『迎夢創郎Z』 という企画でやっていたコーナーを復活させます)、『ガーディアン・クルス』の実機を一緒に遊んだりしたいと思っています。日程など詳細は決まり次第、こちらに告知しますね。

あと夏に向けてはGREEさんと共同で開発している『ギャラクシーダンジョン』というオリジナルタイトルもあります。これも本邦初公開のイラストをバババモファーンと公開!

銀河美少女モノでございます。キャラクターデザインはメカ美少女といえば、この人! 黒銀さんです。今回も最高にカッコイイキャラクターを描いてくださいました。こうやって並んでいるだけで背後に流れるドラマを感じます。ゲームの詳細はまた、あらためて紹介します。これも夏リリース予定ですから、そう遠くない未来にお届けできると思います。プロデューサーは特モ二部のさらなる刺客、鈴木大樹が担当します。まだゲームプロデュースを初めて1年経っていない異色の経歴を持つ、彼の処女作もお楽しみに。

ゲーム情報の初出しもバンバン行う“スマゲ☆革命”。これもまさに革命。今後もあんまり出し惜しみせず積極的にやっていきたいと思います。他にもホントに、いっぱい新作がありますが本日はこの辺で。

つづく

 

安藤武博
スクウェア・エニックスのゲームプロデューサーにして、同社のスマートフォンアプリ制作の中核を担う人物。早くからスマートフォン事業に携わってきたことから、アプリに対してはすでに確固たる理論を構築している。それでいて、つねに新たなステージへのチャレンジを忘れないスマートフォン業界の革命児。
[バックナンバー]

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧