シャドウバース攻略まとめ

(c) Cygames, Inc.

シャドウバース【シャドウバース攻略】“ダークネス・エボルヴ”ドラゴンクラスの注目カード

シャドウバースの攻略記事

【シャドウバース攻略】“ダークネス・エボルヴ”ドラゴンクラスの注目カード

2016-10-05 19:28 更新

ドラゴンクラスの注目カード

2016年9月30日にリリースされる新カードパック“ダークネス・エボルヴ”の収録カードで、とくにバトルでの活躍が期待できる注目カードをピックアップ。

ここでは、ドラゴンクラスの注目カードを紹介していく。

cardpack_bg

竜呼びの笛

シャドウバース 攻略 ドラゴン 新カード 性能
カードタイプ アミュレット
コスト 3
攻撃 –
体力 –
【カードの効果】
【ファンファーレ】 覚醒状態なら、手札のコスト3以下のカードすべてを、ヘルフレイムドラゴンに変身させる。
覚醒状態なら、自分がコスト3以下のカードを引くたび、ヘルフレイムドラゴンに変身させる。

注目ポイント

効果を発揮するのは覚醒後といささか遅いが、2コストで4/3突進のヘルフレイムドラゴンを量産できる効果は強力。

覚醒後の時点ではパワー不足になるドラゴンナイト・アイラなどを強力なヘルフレイムドラゴンに変換できるのは終盤戦のサポートとして非常に強力で、序盤に出遅れないよう低コストカードを多めに採用しても、このカードを使うことで終盤戦に対応できるだろう。

また、覚醒後は2枚目以降の竜呼びの笛もヘルフレイムドラゴンに変わるので、3枚採用しても腐りにくい利点がある。

ただし、プリズンドラゴンの守護や、ブレイジングブレス、ファイアーリザードのダメージなど、効果を期待して採用しているカードも問答無用でヘルフレイムドラゴンに変えてしまうデメリットも存在。

竜巫女の儀式

 シャドウバース 攻略 ドラゴン 新カード 性能
カードタイプ アミュレット
コスト 3
攻撃 –
体力 –
【カードの効果】
自分が手札を捨てるたび、捨てたカード1枚につき、カードを1枚引く。

注目ポイント

ドラゴンの特徴であるセルフハンデス(自分から手札を捨てる行為)を拡張する1枚。カードを捨てるたびにドローするので、手札を捨てても手札枚数が変わらなくなる。

また、新たなる運命を使った場合、捨てた枚数ぶんのカードをドローできるうえ、運命の効果で引いてきたカードはそのまま。たとえば、手札が5枚かつ、竜巫女の儀式が置いてある状況で運命を使えば、一気に手札が8枚になる。(運命は墓地にいき、残った4枚を捨てて入れ換えるため、運命後に残った4枚+竜巫女の効果で引いた4枚)

”ダークネス・エボルヴ”では、このカード以外にもセルフハンデス関連のカードが多数追加されているため、新しいタイプのドラゴンデッキが台頭してきそうだ。

荒牙の竜少女

シャドウバース 攻略 ドラゴン 新カード 性能シャドウバース 攻略 ドラゴン 新カード 性能
カードタイプフォロワー
コスト2
攻撃力2(4)
体力2(4)
【カードの効果】
自分が手札を捨てるたび、捨てたカード1枚につき、相手のリーダーに1ダメージ。

注目ポイント

ドラゴン初の直接ダメージを相手リーダーに飛ばすカード。

手札9枚からこのカードを出し、新たなる運命を使えば4コストで8ダメージが相手リーダーに直撃する。

ドラゴンは現状そこまで手札枚数に余裕のないクラスだが、竜巫女の儀式+新たなる運命のギミックが追加されれれば枚数の確保は比較的容易だろう。

2コストで2/2とコスト比で最高水準のステータスを持っている点も高評価な1枚だ。

ノクシャスロアードラゴン

シャドウバース 攻略 ドラゴン 新カード 性能シャドウバース 攻略 ドラゴン 新カード 性能
カードタイプフォロワー
コスト4
攻撃力4(6)
体力3(5)
【カードの効果】
自分が手札を捨てるたび、捨てたカード1枚につき、他のフォロワーすべてに1ダメージ。

注目ポイント

荒牙の竜少女が相手リーダーへの直接ダメージなら、こちらは相手フォロワー全体にダメージを与えるカード。

効果を重宝するカードなので4/3と攻撃寄りのステータスなのは少し不満が残るが、このフォロワーが出ているときに新たなる運命を手札が9枚の状態で撃てば、自身以外に8ダメージが飛ぶのは強力。一部の超大型フォロワー以外は一撃で消し飛ぶだろう。

ジークフリート

シャドウバース 攻略 ドラゴン 新カード 性能シャドウバース 攻略 ドラゴン 新カード 性能
カードタイプフォロワー
コスト4
攻撃力3(5)
体力3(5)
【カードの効果】
【ファンファーレ】 ダメージを受けている相手のフォロワー1体を破壊する。

注目ポイント

ワイルドハントを内蔵したフォロワー。ワイルドハントが2コストなのを考えると、ステータスも及第点だろう。

このカードは4コストなので竜呼びの笛の効果に引っかからないのもポイント。ワイルドハントはコストの軽さがウリだが、竜呼びの笛と併用するとヘルフレイムドラゴンに変えられてしまうリスクがある。

ワイルドハントとジークフリートのどちらを採用するか迷ったら、デッキと相談して決めよう。

ダークネス・エボルヴ収録新カード一覧

エルフロイヤルウィッチドラゴン
エルフロイヤルウィッチドラゴン
ネクロマンサーヴァンパイアビショップニュートラル
ネクロマンサーヴァンパイアビショップニュートラル
cardpack_bg

▼トッププレイヤーちょもすがおくる
“マスターランクへの道”連載中!

『シャドウバース』全クラスデッキリスト

シャドウバース_アリサシャドウバース_エリカシャドウバース_イザベルシャドウバース_ローウェン
エルフロイヤルウィッチドラゴン
シャドウバース_ルナシャドウバース_ユリアスシャドウバース_イリスシャドウバース 格安 デッキ
ネクロマンサーヴァンパイアビショップ格安デッキ

初心者指南まとめ

初心者が最初にやるべき4つのこと
初心者におすすめのクラス・デッキを紹介
全7クラスの特徴とデッキ紹介
優秀ゴールドレアカードまとめ
優秀シルバーレアカードまとめ

シャドウバース

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルカードゲーム
メーカーサイゲームス
公式サイトhttps://shadowverse.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る