シャドウバース攻略まとめ

(c) Cygames, Inc.

シャドウバース【シャドバ攻略】最新ナーフ予想!その理由とカード調整案(11/16更新)【シャドウバース】

シャドウバースの攻略記事

【シャドバ攻略】最新ナーフ予想!その理由とカード調整案(11/16更新)【シャドウバース】

2019-11-16 14:30 更新

そのほかのおすすめ記事

初心者向け記事

 

最新のナーフを予想してつぎの環境を読もう!

ファミ通App『シャドウバース』攻略班が最新のローテーション環境をもとにナーフされるカードの予想と考察をしていきます。

次回のナーフ時期はいつ?

カード能力とコストの変更については、ゲーム内のお知らせにて事前にアナウンスが行われています。

下記のスケジュールでカード調整の有無を発表し、変更がある場合は原則として発表の翌日に実施されます。また、下記の日付以外でも『シャドウバース』運営事務局が緊急と認めた場合にはカード調整が行われます。

・2019年11月25日(予定)

ナーフ予想カードまとめ

※並びはクラス順に準拠しています。

豪風のリノセウス

C_113131010ファンファーレ +X/+0する。Xは「自分がこのバトル中に(このカードを含めず)プレイした豪風のリノセウスの枚数」である。Xが5以上なら、疾走 を持つ。
【進化後】
自分のターン終了時、このフォロワーを手札に戻す。

●ナーフ理由

対空射撃の再録でリノセウスエルフのリーサル速度と盤面処理能力が飛躍的に上昇した結果、いまでは7Tリーサルは当たり前で6T目に決まることも珍しくないデッキとなってしまった。対策のないデッキでは何もできずに負けることがほとんどで、現環境のデッキ選択の幅を大きく狭めている存在。多様な環境ではないのはストレスと言える。

●カード調整案

・攻撃力1→攻撃力0

豪風のリノセウスの疾走が付与されるタイミングを遅くすることで問題を解消。元の攻撃力を0にすることで、疾走が付くターンから5点、6点、7点の合計18点の打点になり20点に届かなくなる。序盤に詰める2点や進化権を残しておくなどのプレイングを問われるカードになると思うので、お手軽なカードから玄人向けのいいカードになるだろう。

ムニャール登場

C_114713010カウントダウン 2
ファンファーレ 自分の場にナテラの大樹があるなら、このアミュレットのカウントダウン を1進める。
ラストワード 森の参謀・ムニャール1体を出す。

●ナーフ理由

1コスト1/3の高いスタッツを持ち、自然ビショップの序盤を支えるカード。攻撃時に相手のライフに1点を与える能力で終盤はリーサルを狙えることも。カウントダウンで出現するのが遅れる分コスト分以上の効果が出てくるのがアミュレットの特徴だが、ナテラの大樹があるとカウントダウンが1になるので破格の性能になる。このカードをプレイされるだけでほかのリーダーは盤面を取り返すのが非常に困難となるのはストレスと言える。

●カード調整案

・コスト1→コスト2

スタッツと能力がコストに見合っていないため、単純に1コスト上げる調整が無難。2コスト1/3疾走で相手のライフに2ダメージと考えると悪くない。カウントダウン2はデメリットが大きいが、カウントダウン1はさほど気にするデメリットではないと、このカードを使用していれば誰もが気づくことだろう。

報復の白き刃・アニエス

C_114731020自分のアミュレットが破壊されるたび、自分の手札のこのカードのコストを-1する。破壊されたアミュレットがナテラの大樹なら、さらに-1する。
疾走

●ナーフ理由

ナテラの大樹を破壊することにより2コスト下がるという効果が強力で、序盤に引いていなくてもミュースプリンセス・ミルフィのエンハンスから難なくコストを下げきってのプレイが可能。体力5の設定がまたその強さに拍車をかけ、飢餓の輝きと合わせての3コスト8点疾走のコンボは凶悪。突然のリーサルが頻繁に起こること、それをケアした行動をつねに強いられることが現環境のストレスと言える。

●カード調整案

・体力5→体力4 ※進化後スタッツは4/4のまま

飢餓の輝きとのリーサルコンボをできないように体力を4に調整。進化後のスタッツも上がらないようにした。これによりTier2、3に埋もれる遅いタイプのデッキも戦えるようになり、多様なデッキが活躍する環境になるだろう。

最新YouTube動画

そのほかのおすすめ記事

初心者向け記事

シャドウバース

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルカードゲーム
メーカーサイゲームス
公式サイトhttps://shadowverse.jp/
配信日配信中
コピーライト