1. サイトTOP>
  2. キャラ入手はガチャじゃない!スクエニの新作『フレイム×ブレイズ』で新たな情報公開【TGS 2016】

キャラ入手はガチャじゃない!スクエニの新作『フレイム×ブレイズ』で新たな情報公開【TGS 2016】

2016-09-18 17:18 投稿

白熱の3on3!

フレイムブレイズメインビジュアル
【『フレイム×ブレイズ』情報まとめはこちら】

“東京ゲームショウ2016”最終日となる9月18日、スクウェア・エニックスのブースでは新作タイトル『フレイム×ブレイズ』に関して、改めて新情報が公開された。

新情報のポイント

・キャラ(エージェント)はガチャで入手するものではなく、固定
・回復はその場で止まって自動回復、もしくは拠点に戻って一気に回復
・拠点にはボタンで瞬時に戻れる

▼松田社長もプレイしたTGS1日目
【速報】松田社長もプレイ!スクエニ、3on3バトルがアツいMOBA系新作アクション『フレイム×ブレイズ』を発表【TGS 2016】

▼さっそくファミ通メンバーもプレイしてみた
『フレイム×ブレイズ』を間近で見たターザン馬場園が感じた勝利のコツ【TGS 2016】

WS000001

このイベントで登場したのは、スタジオメインパーソナリティーの喜屋武ちあき。そこに、『フレイム×ブレイズ』のプロデューサーである、岡山博紀氏と、本作の“ニコライ”というキャラクターのCVを担当する、声優の鈴原言美がゲストとして登場した。

▼みんなで遊ぶと楽しい3on3!

かなりガチなゲーム

本作は最大6人で遊べる、スマホとタブレット向けのアクションゲームだ。プレイヤー同士が直接なぐり合って戦うのではなく、お互いのボスを勝たせるために行動するという、少し変わったシステム。フィールドに湧くモンスターをどう制圧するかがポイントとなる。

WS000005

岡山氏からは、「本作はかなりガチなゲームで、Pay to Win(お金を払えば勝てるような仕組み)にはなっておらず、プレイヤーのスキルが重要だ」という話があった。

エージェントを選び、リアクター同士で戦わせよう

プレイヤーは“エージェント”と呼ばれるキャラクターをひとり選択し、仲間ふたりと3人組を作り、相手の3人と戦う仕組み。

WS000006

すべてのエージェントの性能には2パターンあり、バトル中に戦いかたを変えることができる。プレイヤーはプレイの中で大きくなった、それぞれのチームのボスである“リアクター”と呼ばれる巨大ボス同士を戦わることで、バトルの勝敗を決める。レゾンネイトルという赤いリアクターと、青いヤギのようなルサンチマンというリアクターだ。

試合中、マナを集めることでレベルがあがっていくリアクターを、最終的にどこまで育てられるかがポイントとなる。

WS000007

モンスターでマナを集めよう

多くのマナを集めためのカギを握るのが、モンスターたちとなる。

WS000009

フィールドにあるモンスターを倒せば、そのモンスターを仲間にすることができる。モンスターを倒し、仲間を増やすことでマナを集めよう。

ほかにもマナを集める方法が4つある。

1.マナラインズ
マナを自動供給してくれる“マナラインズ”という装置が各チーム3機存在するので、相手のマナラインズを破壊することで有利に進めることができる。

2.スペシャルマナ
フィールド中にスペシャルマナといって、マナがたくさん湧くモンスターが現れるので、それを倒そう。

3.相手を倒す
相手のエージェントを倒すとどっさりマナがもらえる。

4.牛を倒す
“バッフル”という、牛のような敵を倒して仲間にすれば、敵チームのマナラインズを破壊しに行ってくれる。また、バッフルはマナラインズがなくなってしまう最終決戦では、相手のリアクターを直接攻撃してくれるので、このゲームでは大切な存在となる。

ゲームをプレイして流れを確認。最新情報も飛び出す!

続いて、初日に引き続きふたたび乱入してきた、公式キャラクターを狙う“FXB団”と出演者とで、対戦を行うことに。

WS000015

対戦前のマッチング画面が公開。ビジュアルでは2Dであったが、じっさいのゲームでは3Dとなって登場する。

無題

ニコライの頭に乗っている犬は“ウニ”という名前であることが伝えられた。

WS000024
▲バッフルがエリアに同時に湧く数は5体となる。できるだけバッフルを従えたほうが有利となる。
WS000025
▲狼を倒して仲間にすれば、敵のエージェントに攻撃をしてくれるという。
WS000027
▲拠点に戻って、“スタイルチェンジ”を行うと、エージェントの性能が変わる。遠隔攻撃ができるようになったり、派手なエフェクトが発生するスキルなどが打てるようになったり、エージェントごとに、通常時とは異なる攻撃に変わる。
WS000028
▲エリアを移動する際に表示されるこのマップを使って、行きたいエリアを選択することができる。ホームポイントには緑の“帰還ボタン”があるので、簡単に戻ることができる。
WS000029
▲さいごはリアクター同士の戦い。左がレベル2で、右がレベル1のリアクター。大きさに差があるのがわかる。
WS000031
▲今回はリアクターの力同士の勝負で、青のスクエニチームが勝利。

1プレイは10分前後で、気楽に遊ぶことができるようになっている。その場ででも、遠隔でも仲間同士でプレイできるのだが、6人集まらなくてもCPUを混ぜて遊ぶことができる。CPUじゃ味方にも敵にもできるので、ふたりでプレイする場合、協力してCPUと戦うこともできるし、チームを分けて対戦をすることができる。

さいご出演者や視聴者からの質問に答えるような形で、以下の内容が明らかになった。

・キャラ(エージェント)はガチャで入手するものではなく、固定
・回復はその場で止まって自動回復、もしくは拠点に戻って一気に回復
・拠点にはボタンで瞬時に戻れる

体力が減った場合の回復はその場にじっと立っていると徐々に回復していく。ホームポイント(拠点)に戻ると、つれているモンスターとともに急速に回復ができるという。ホームポイントには緑の“帰還ボタン”があるので、そのときモンスターに攻撃されていなければ、そのボタンで一瞬で拠点に戻ることができるのだ。

キャラクターは、ガチャから入手する形ではなく、もともと用意されており、プレイヤー共通とのこと。対戦ゲームとしてのバランスを保つため、このキャラがいれば勝てる、というキャラは作らず、「強すぎるキャラクターは修正をかけていくぐらいでバランスを調整していく」という意気込みが岡山氏から語られ、改めてプレイスキルとパーティーの編成がだいじであることが強調された。

また、現在デモで使用されているキャラクターは10体なので、β実装時にはそれ以上の実装される予定であることが伝えられた。

配信は2016年の冬に日本語版のβサービスが先行して開始予定。公式サイトと公式Twitterも開設されたので、こちらも合わせてチェックしよう。

『フレイム×ブレイズ』公式Twitter
『フレイム×ブレイズ』公式サイト

▼松田社長もプレイしたTGS1日目
【速報】松田社長もプレイ!スクエニ、3on3バトルがアツいMOBA系新作アクション『フレイム×ブレイズ』を発表【TGS 2016】

▼さっそくファミ通メンバーもプレイしてみた
『フレイム×ブレイズ』を間近で見たターザン馬場園が感じた勝利のコツ【TGS 2016】

フレイムブレイズメインビジュアル
【『フレイム×ブレイズ』情報まとめはこちら】
tgs 2016 情報まとめ

フレイム×ブレイズ

ジャンル
アクション
メーカー
スクウェア・エニックス
配信日
今冬配信予定
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧