1. サイトTOP>
  2. 【速報】松田社長もプレイ!スクエニ、3on3バトルがアツいMOBA系新作アクション『フレイム×ブレイズ』を発表【TGS 2016】

【速報】松田社長もプレイ!スクエニ、3on3バトルがアツいMOBA系新作アクション『フレイム×ブレイズ』を発表【TGS 2016】

2016-09-15 14:00 投稿

スクエニの新作はアクション!

スクウェア・エニックスは、2016年9月15日に東京ゲームショウ2016のステージで、スマートフォン向け3on3アクションゲーム『フレイム×ブレイズ』の配信決定を発表した。2016年冬にオープンβを行う予定。国内でβ版、正式版を配信後、海外へのリリースも検討しているとのこと。

▼スクエニのブースの様子はこちら
スクエニブースで『ファイナルファンタジーXV』を試遊したり、ノクトの友だちのお面をかぶったりしよう【TGS 2016】

フレイムブレイズメインビジュアル
【『フレイム×ブレイズ』情報まとめはこちら】

発表されたステージでは、スクウェア・エニックスの代表取締役である松田社長が登壇し、自らもプレイに参加した。

GEN_3689
▲松田社長自らも登壇し、プレイに加わった。

▼PVも公開!

 フレイムブレイズ (1)
フレイムブレイズ (2)

『フレイム×ブレイズ』は、最大6人でプレイ可能な3on3アクションゲーム。ひとつのフィールド上に複数のプレイヤーキャラクターが集い、1プレイヤーにつきキャラクター1体だけを操作する感じは、『ベイングローリー』などに代表されるMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)系ジャンルに分類されるといえよう。

    【白熱の3on3】②

プレイヤーは3人1チームの一員となり、プレイヤーキャラクター(=エージェント)を操作して戦いに挑む。

バトルの勝敗は、1チームに1体用意され、一定時間後に活動を開始する”リアクター”と呼ばれる半獣半機械の巨人どうしの戦いで決定。そのためバトル中は、フィールドに出現するリアクターの強化アイテム”マナ”を集めるのがメインとなる。

【白熱の3on3】①
【バトル中もコミュニケーション】
【ド派手なスキル】
▲エージェントは、それぞれ固有のスキルを保有している。ド派手なスキルでモンスターを一掃しよう!
【リアクター同士の熱い激突】
▲リアクターどうしの戦いは迫力満点!

また、相手プレイヤーのマナ収集を妨害するのももちろんだが、そのほかにもモンスターの討伐も大事な任務。モンスターは討伐すると仲間になり、エージェントではダメージを与えられないリアクターに対しても有効な攻撃を放ってくれる。

【倒したモンスターは仲間に】

マナの収集、モンスターの討伐、そして相手プレイヤーへの妨害、それらの行動すべてがリアクターの勝率アップにつながるのだ。

ひとりでのプレイはもちろん、最大6人のプレイヤーによるマルチプレイも可能。

松田社長と、謎の怪人たちも現れ、ワイワイプレイ!

イベントでは、本作プロデューサーである岡山氏から本作のポイントが説明された。

frame2
▲友だちとワイワイ、最大6人までで遊ぶことができる。

本作は2チーム制のバトルで、それぞれのチームにリアクターと呼ばれる巨大ボスがついている。自分たちのリアクターを育てながら、プレイの最後にリアクター同士を戦わせて、決着をつけるゲームだ。

会場には、およそ2.5メートルのリアクターをモチーフにしたレプリカが登場したが、レベル1でこの大きさだというから、スケールはかなり大きい。

frame4
▲会場に設置されたリアクター。レベル1で2.5メートル。
boss
▲近くでみると迫力!

リアクターは“マナ”で大きくなるので、最終決戦までにどれくらい、このマナを集めて、自軍のリアクターが育っているかがカギとなるという。プレイヤーは友だち3人集まって、フィールドに沸くモンスターを攻撃することで、マナを集めることができる。

マナを集める方法はおもに以下の3つ。

1.“マナラインス”を守る
2.“スペシャルマナ”を倒す
3.敵の“エージェント”を倒す

frame3
▲“マナ”を集めることがカギとなる。

また、本作ではキャラクターを“エージェント”と呼ぶのだが、すべてのエージェントは“スタイルチェンジ”を行うことで、戦いかたを変えることができる。

プレイ時間は10分。岡山氏いわく、「学校の休憩時間や、居酒屋1杯ひっかけながら気軽に遊んでもらえるゲームを目指して作った」と語った。

本作を、開発プロデューサーの岡山氏と、スクウェア・エニックス代表取締役である松田社長と、本作のキャラクター“ニコライ”のCVを担当する、声優の鈴原言美がプレイすることに。

 

しかし、いざ始めようとすると、会場に謎の3人組の怪人たちが登場。全身白ずくめ、赤ずくめ、青づくめ……。彼らは“FXB団”と名乗り、スタッフの制止を押し切り、ステージへとあがり、自分たちもプレイしたい、という旨をアピールする。

GEN_3728
▲スタッフの制止を押し切る3人。
GEN_3735
▲“FXB”と名乗る彼ら。かなり饒舌である。

本作は3対3で行うアクション。1人から、最大6人で遊ぶことはできるので、数はちょうどいい。「CPUと戦おうと思っていたんだけど……」と戸惑う岡山氏を押し切り、席について、対戦をすることに。急きょ結成された“チームスクエニ”は、FXB団に勝つことはできるのか?

GEN_3777

画面の上に青いゲージと赤いゲージがあり、それぞれのチームのリアクターの体力になる。これが0になると負け。タップで移動してタップで攻撃するという簡単操作ながら、フィールド内でやることはさまざま。

岡山氏が説明しながらプレイする状況が不利になったのか、“チームスクエニ”がピンチを迎えるが、FXB団が、まさかのプレイを一時放棄してまでおこなった気合のポーズ(?)のおかげか、なんとか“チームスクエニ”の勝利で終わることができた。

GEN_3778
▲チームスクエニがピンチになると、団結のためにプレイを放棄するFXB団。彼らの正体はいったい……?
GEN_3787
▲最後のリアクターどうしの戦いは圧巻だ。ちなみにリアクター戦の最中も、プレイヤーは操作することができる。その間マナを集めることもできるし、攻撃を重ねることでリアクターをダウンさせることができ、そこでみんなでいっせいに攻撃をすると攻撃ラッシュが発生し、不利な状況からでも逆転することがある。

ステージの最後に、岡山氏からは「プレイヤーのみんながガチで戦うこともできるし、ワイワイもできるゲームになっています。キャラのレアリティなどに左右されず、プレイヤーのスキルのみで勝敗が決まる珍しいゲームでもあります。スタッフ一同頭を悩ませながら、魂を削って作ったので、ぜひプレイしてみてください」という言葉があり、松田社長からは「みんなでワイワイ楽しめる、企画時点からおもしろいゲームだと思っていました。それがようやくお見せできるタイミングになったことを嬉しくおもう。このたび池袋に新しくオープンした、スクウェア・エニックスのゲームカフェ“ストーリア”でも、本作をできればと思っているのでご興味あれば海外進出も積極的に行っていきたいと考えています」との言葉があり、幕が閉じた。

フレイムブレイズメインビジュアル
【『フレイム×ブレイズ』情報まとめはこちら】
GEN_3854
tgs 2016 情報まとめ

フレイム×ブレイズ

ジャンル
アクション
メーカー
スクウェア・エニックス
配信日
今冬配信予定
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧