シャドウバース攻略まとめ

(c) Cygames, Inc.

シャドウバース【シャドウバース攻略】“サタンビショップ”のデッキ構成と理想的な回しかた【A2帯使用デッキコード付き】(2016年8月1日更新)

シャドウバースの攻略記事

【シャドウバース攻略】“サタンビショップ”のデッキ構成と理想的な回しかた【A2帯使用デッキコード付き】(2016年8月1日更新)

2016-08-17 19:51 更新

“サタンビショップ”デッキの特徴・評価まとめ

今回は、筆者がA1ランク帯で実際に使用している“サタンビショップ”のデッキ構成やおすすめカード、理想的な回しかたを解説していく。

各クラスの特徴と最強デッキ

“サタンビショップ”の特徴
・守護の陽光による堅い守り
・長期戦に持ち込みサタンで圧倒
・テミスの審判によりフォロワーを並べるデッキに強い
▼目次キーカード
・デッキの評価理想的な回しかた
・デッキ構成他デッキとの相性
・デッキコンセプト入れかえ候補カード

“サタンビショップ”の評価

強さ扱いやすさ作りやすさ
ABB

※S~Cの4段階評価。2016年7月18日時点。

“サタンビショップ”のデッキ構成

コストカード名枚数重要度
1詠唱:聖なる願い3
2スネークプリースト3
2マイニュ3
2漆黒の法典3
2守護の陽光2
2詠唱:神域の守護者2
3教会の護り手3
3プリズムプリースト2
4鉄槌の僧侶3
4ダークオファリング1
5エクスキューション1
5クレリックランサー3
5破邪の光1
6テミスの審判3
7大修道女3
8ルシフェル2
10サタン2
シャドウバース 最強 ビショップ サタン
必要エーテル数:21,300
【デッキコード発行】

“サタンビショップ”のデッキコンセプト

・守護と回復で序盤はしのぐ
・最強の除去“消滅”を活用する
・テミスの審判で盤面をリセット!
守護と回復で序盤はしのぐ

デッキの勝ち筋がサタンに集約されているため、プレイできる10PPまでを生き延びなければならない。そのため、大量の守護持ちと回復効果持ちが投入されている。

守護の陽光は、設置してしまえば破壊されない限り体力4以上のフォロワーに守護を付与し続ける。大修道女やルシフェルが守護を持つのも強力だが、その真価はアポカリプスデッキから出てくる沈黙の魔将とサタンズサーヴァントに守護が付くところ。

アポカリプスデッキとは?

最終的には守護の陽光+アポカリプスデッキの状態を目指してプレイしていき、そこから先は一気にカードパワーで圧殺しよう。

最強の除去“消滅”を活用する

漆黒の法典や鉄槌の僧侶が持つ消滅効果は、相手のラストワードを発動させずに除去できる超強力な効果。対処が非常に困難なネクロマンサーのデュエリスト・モルディカイ(ラストワードでデュエリスト・モルディカイを新たに1体出現させる)も、消滅であればスムーズに無力化できる。

消滅の福次効果として、消滅を受けたフォロワーは墓場の数やネクロマンス数に加算されないというのもあるので、冥府への道を発動させるための墓地肥やしをわずかながら妨害できる側面も地味ながら重要だ。

テミスの審判で盤面をリセット!

テミスの審判は、自他問わず場に並んでいるすべてのフォロワーを破壊する強力なリセットカード。大幅に盤面が負けている状況でディフェンシブに使っても、相手の手札が枯れている状況で、盤面すら更地にしてしまうようなオフェンシブな使いかたでもかなりの効果をもたらしてくれる。

サタンを出した後が勝負のこのデッキにとっては非常に頼りになるカードだが、コストが6と決して軽くないことと、撃ったターンに追加でフォロワーを展開できなければ、相手は6PP以上を持った状態で先に動き出せるというリスクを絶対に忘れないようにしよう。

“サタンビショップ”デッキのキーカード

サタン
sv_e (7)-min
【採用理由】
アポカリプスデッキ+守護の陽光がこのデッキの終着点になる。
⇒サタンの評価と使いかた
守護の陽光
sv_e (7)-min
【採用理由】
体力4以上のフォロワーをプレイすると、すべて守護持ちと化すアミュレット。アポカリプスデッキから出てくるサタンズサーヴァントが13/13の守護持ちになるなど、終盤になるほど存在感が増す。
大修道女
sv_N (14)-min
【採用理由】
プレイ時にリーダーの体力か、フォロワーの体力を5回復できる。基本的にはリーダーを回復するカードで、総体力の25%を回復すると言いかえるとその強さが伝わるだろう。

“サタンビショップ”デッキの理想的な回しかた

マリガン

・先攻
相手がアグロ(速攻系)と予想される場合は、2コストのフォロワーを重視する。逆にコントロール相手の場合は中~終盤に強いカードを意識しよう。

・後攻
2コストのフォロワーを優先する。鉄槌の僧侶もキープ基準になる。

1~3ターン

アグロ(速攻系)タイプの相手ならば、2ターン目にフォロワーを出したい。とくに後攻の場合は2ターン目にフォロワーを出すことの重要度が先攻よりも高く、終盤まで生き延びることを全力で考える。

2/2や3/2の相手フォロワーに漆黒の法典を撃つことも視野に入れよう。

4~6ターン

鉄槌の僧侶の進化効果や漆黒の法典で相手の盤面を崩しつつ、守護持ちを並べて終盤につなぐ準備をしていこう。

相手が多数のフォロワーを並べていたら、カウンターで詠唱:神域の守護者を出すのも強力な動きだ。

7ターン以降

大修道女やルシフェルによる回復で序~中盤に削られたライフを取り戻しつつ、丁寧に相手のフォロワーを倒しながらサタンを待つ。

PPに余裕があるときに守護の陽光を設置しておくのも重要だ。サタンをプレイした後は、強力なカードとともに攻勢に転じよう。

“サタンビショップ”デッキの相性

有利なデッキ

・ミッドレンジロイヤル
・コントロールヴァンパイア
・ミッドレンジネクロマンサー

不利なデッキ

・冥府エルフ
・超越ウィッチ

“サタンビショップ”デッキの入れかえカード候補

ムーンアルミラージ

【採用理由】
疾走による除去と、自身の体力を回復させる効果で盤面の処理に貢献しやすい。守護の陽光とも相性がいい点も高評価。
スネークプリースト、ダークオファリング、詠唱:神域の守護者あたりと入れ換えるのがいいだろう。
光輝ドラゴン

【採用理由】
このカードが場に出ている限り、攻撃してきたフォロワーの攻撃力を2下げる。数を並べるタイプのデッキに強く、ステータスも高い。
3枚採用するカードではないので、ダークオファリングや詠唱:神域の守護者と入れ換えるのがおすすめ。
エンジェルバレッジ

【採用理由】
相性の悪い冥府エルフへの対策カードであるほか、ヴァンパイアのクイーンヴァンパイア+フォレストバットなど、体力1が多く並ぶ状況に強い。
機能しないマッチアップ、状況も多いため、ダークオファリングや詠唱:神域の守護者のようなアグロ系デッキへのカウンターカードと入れ換えよう。

初心者指南まとめ

初心者が最初にやるべき4つのこと
初心者におすすめのクラス・デッキを紹介
全7クラスの特徴とデッキ紹介
優秀シルバーレアカードまとめ

シャドウバース

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルカードゲーム
メーカーサイゲームス
公式サイトhttps://shadowverse.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る