シャドウバース攻略まとめ

(c) Cygames, Inc.

シャドウバース【シャドウバース攻略】“冥府エルフ”のデッキ構成と理想的な回しかた【AA2帯使用デッキコード付き】(2016年8月1日更新)

シャドウバースの攻略記事

【シャドウバース攻略】“冥府エルフ”のデッキ構成と理想的な回しかた【AA2帯使用デッキコード付き】(2016年8月1日更新)

2016-10-07 18:25 更新

“冥府エルフ”デッキの特徴・評価まとめ

今回は、筆者がAA2帯で実際に使用している“冥府エルフ”のデッキ構成やおすすめカード、理想的な回しかたを解説していく。

8月18日更新:収穫祭変更後の冥府エルフデッキ

各クラスの特徴と最強デッキ

“冥府エルフ”の特徴
・大量のフェアリーで手札と盤面を充実させる
・リノセウスと冥府への道のふたつの勝ちパターン
・特殊な戦いかたを必要とするためプレイが難しめ
▼目次キーカード
・デッキの評価理想的な回しかた
・デッキ構成他デッキとの相性
・デッキコンセプト入れかえ候補カード

“冥府エルフ”の評価

強さ扱いやすさ作りやすさ
SCB

※S~Cの4段階評価。2016年8月1日時点。

“冥府エルフ”のデッキ構成

コストカード名枚数重要度
1ウォーターフェアリー3
1ベビーエルフ・メイ3
1自然の導き3
1フェアリーサークル3
2新たなる運命3
2フェアリーウィスパラー3
2メタルエルフメイジ3
2リノセウス3
2森荒らしへの報い3
2収穫祭3
3エンシェントエルフ3
4冥府への道3
4エルフプリンセスメイジ1
5根源への回帰3
シャドウバース シャドバ 最強 デッキ エルフ 冥府エルフ
必要エーテル数:21350
【デッキコード発行】

“冥府エルフ”のデッキコンセプト

・冥府への道の発動条件を満たす
・リノセウスで殴りきる
・戦いかたは相手を見て柔軟に
冥府への道の発動条件を満たす

このデッキのひとつ目の狙いは、冥府への道の発動条件である“墓場が30枚以上”を迅速に満たすこと。

冥府の道は、墓地が30枚以上のとき、自分のターン終了時に相手のリーダーとフォロワーすべてに6ダメージを与える効果を持つため、条件を達成できれば大きく勝利に近づける強力カード。

そのために、フェアリーを生み出すフェアリーウィスパラーやフェアリーサークルを多用して墓地を増やしていくのが本デッキの基本的な動きになる。

リノセウスで殴りきる

このデッキのふたつ目の勝ちパターンは、リノセウスの攻撃で相手の体力を削りきること。

リノセウス⇒自然の導き⇒リノセウスのコンボで、場にフォロワーがいない状況からでも大ダメージを狙える。

相手の体力をいい感じに減らせている場合には、自然の導きとリノセウスを大事に手札に持っておき、隙を見て一撃必殺を狙おう。

戦いかたは相手を見て柔軟に

相手によって戦いかたを大きく変える必要があるのがこのデッキのいちばん難しいところ。

対アグロロイヤル・アグロネクロ
⇒フェアリーを全力で場に出して自分の体力を守りつつ戦う

対コントロール
⇒新たなる運命でのドロー数を増やすためにフェアリーは手札に温存

このように、相手によってどんな戦いかたを対応していくのが重要。そのためプレイングは難しく、上級者向けのデッキと言える。

“冥府エルフ”デッキのキーカード

収穫祭
sv_e (16)-min
【採用理由】
強力なドローソース。冥府への道もリノセウスも、達成するには大量の手札が必要。
リノセウス
sv_e (7)-min
【採用理由】
このデッキの勝ちパターンのひとつ。リノセウスの最大ダメージは素早く計算できるようにしておきたい。
冥府への道
sv_N (14)-min
【採用理由】
このデッキの勝ちパターンのひとつ。墓場30枚を達成できれば勝利はすぐそこ。

“冥府エルフ”デッキの理想的な回しかた

マリガン

・先攻
収穫祭は動きの起点になるため優先して手札にキープ。ほかにはウォーターフェアリーやフェアリーサークル、フェアリーウィスパラーなどがキープ候補として有力。

コスト1、コスト2のフォロワーが確保できていれば、エンシェントエルフもキープ。

・後攻
収穫祭は同様にキープ。先行でキープするカードとともに、相手がアグロデッキと予想できる場合には森荒らしの報いをキープするのも有効。

1~3ターン

フェアリーサークルやフェアリーウィスパラーで手札にフェアリーを補充して、新たなる運命や収穫祭でデッキからカードをどんどんドローしていく。

3ターン目にはフォロワーを戻しつつエンシェントエルフを出す動きが強力。2枚戻せれば非常に優勢になるので、積極的に狙っていこう。

4~6ターン

収穫祭を張ってドローを進めよう。1枚で収穫祭の発動条件を満たせるエルフプリンセスメイジの進化も強力。

手札がフェアリーだらけになってきたら、新たなる運命でドローを進めつつ墓地の数を増やしていく。

7ターン以降

8~9ターン目くらいには、冥府への道の発動条件を満たしたい。

新たなる運命はできるだけ3回使用したいので、新たなる運命を手札に抱えすぎず、手札6~8枚の状態でサクサク打ってしまうのがポイント。

もちろん、リノセウスで殴り勝てるパターンもあるので、相手の動向と手札に合わせてプランを決めることが重要。

“冥府エルフ”デッキの相性

有利なデッキ

・コントロールヴァンパイア
・コントロールビショップ

不利なデッキ

・アグロロイヤル
・アグロネクロマンサー

“冥府エルフ”デッキの入れかえカード候補

森の意志

【採用理由】
根源への回帰が入れ換え候補。
苦手なロイヤルやアグロドラゴンに刺さるカード。倒すことが重要ならこちらで。
フェアリービースト

【採用理由】
エルフプリンセスメイジや、メタルプリンセスメイジが入れ換え候補。
苦手なアグロデッキ全般に対してや、コントロールヴァンパイアなどに対して有効。
エレメンタルランス

【採用理由】
メタルエルフメイジが入れ換え候補。
ゴブリンマウントデーモンのような守護持ちに苦戦するようであれば採用しよう。

初心者指南まとめ

初心者が最初にやるべき4つのこと
初心者におすすめのクラス・デッキを紹介
全7クラスの特徴とデッキ紹介
優秀シルバーレアカードまとめ

シャドウバース

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルカードゲーム
メーカーサイゲームス
公式サイトhttps://shadowverse.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る