シャドウバース攻略まとめ

(c) Cygames, Inc.

シャドウバース【シャドウバース攻略】“超越ウィッチ”のデッキ構成と理想的な回しかた【A2帯使用デッキコード付き】(2016年7月18日更新)

シャドウバースの攻略記事

【シャドウバース攻略】“超越ウィッチ”のデッキ構成と理想的な回しかた【A2帯使用デッキコード付き】(2016年7月18日更新)

2016-10-11 12:45 更新

“超越ウィッチ”デッキの特徴・評価まとめ

今回は、筆者がA2ランク帯で実際に使用している“超越ウィッチ”のデッキ構成やおすすめカード、理想的な回しかたを解説していく。

ダークネス・エボルヴ後の超越ウィッチデッキ(マスターランク監修)

各クラスの特徴と最強デッキ

“超越ウィッチ”の特徴
・大量のスペルカードで相手のフォロワーを除去
・“次元の超越”で相手ターンのスキップを狙う
・コントロールタイプのデッキにはトコトン強い
▼目次キーカード
・デッキの評価理想的な回しかた
・デッキ構成他デッキとの相性
・デッキコンセプト入れかえ候補カード

“超越ウィッチ”の評価

強さ扱いやすさ作りやすさ
ACA

※S~Cの4段階評価。2016年7月18日時点。

ダークネス・エボルヴ後の超越ウィッチデッキ(マスターランク監修)

“超越ウィッチ”のデッキ構成

コストカード名枚数重要度
1エンジェルスナイプ2 
1知恵の光3 
1実験開始3 
2ペンギンウィザード3
2ルーキーアルケミスト3 
2マジックミサイル3 
2ゴーレムの練成3 
2ウィンドブラスト3 
2虹の輝き1 
3エンジェルバレッジ1 
3魔力の蓄積2 
3変成の魔術1 
4ルーンブレードサモナー1 
4マーリン3
4ファイアーチェイン2 
5運命の導き3
18次元の超越3
シャドウバース 最強 ウィッチ 超越ウィッチ
必要エーテル数:17,000
【デッキコード発行】

“超越ウィッチ”のデッキコンセプト

・次元の超越プレイを目指してスペルを使っていく
・ペンギンウィザードはフィニッシャーにもなる
・マーリンで手札を充実させていく
次元の超越プレイを目指してスペルを使っていく

このデッキの最終目的は、ズバリ次元の超越を複数枚プレイ可能な状況にすること。次元の超越は初期コストが18もあり、そのままではプレイ不可能だが、スペルブーストが発動するたびにコストが1づつ減っていく。

素早く次元の超越をプレイするためには、多量のスペルをプレイすることが求められるため、軽めのスペルと手札を尽きさせないためのドロースペルが大量に投入されている。

ペンギンウィザードはフィニッシャーにもなる

ペンギンウィザードは2ターン目にプレイするカードとしても2/2のステータスを持った優秀なカード。

さらに、次元の超越と合わせてプレイすれば、相手リーダーの体力を削りきるフィニッシャーとしての役割も果たしてくれる。

2コストという軽さも次元の超越と合わせて出しやすく、また、ペンギンウィザード複数枚+次元の超越のような荒業も可能なので、立ち上がりの最序盤以外はなるべく手札に温存しておきたいカードだ。

マーリンで手札を充実させていく

マーリンは、場に出すだけでスペルブースト対応のスペルを1枚、進化させればさらに1枚をドローしてくれる“手札を増やせるカード”になっている。

このデッキは“手札を激しく消費してスペルブーストを蓄積しつつ、豊富なドローカードで補充する”というサイクルで成り立っているため、マーリンの手札を増やす効果はプレイすればするほどその強さ、ありがたみが理解できるだろう。

また、攻撃するたびにスペルブーストを1回行うので、単純に手札のスペルブースト対応札を強化するという意味でも使いやすい。レジェンドの格に相応しい能力を持った1枚なので、ぜひ入手しておきたい。

“超越ウィッチ”デッキのキーカード

次元の超越
sv_e (7)-min
【採用理由】
発動直後の相手ターンをスキップしてしまうため、発動=勝利の図式が多くの状況で成立するほどのパワーを誇る。
マーリン
sv_e (7)-min
【採用理由】
強力なデッキの潤滑油。進化時に手札が溢れないよう、枚数をしっかり確認しておこう。
運命の導き
sv_N (14)-min
【採用理由】
手札が増えるカード。スペルブーストでコストが下がっていくため、ほかのカードと合わせて使いやすい点も強力。

“超越ウィッチ”デッキの理想的な回しかた

マリガン

・先攻
スペルブースト対応カードと、軽めのスペルカードをキープしたい。アグロ(速攻系)タイプの相手と予想できる場合は、2コスト2/2のカードも視野に入れる。

・後攻
2ターン目に出せる2/2のカードを優先的に見る。敵フォロワーにダメージを与えられるスペルも持っておくと心強い。

1~3ターン

対アグロ(速攻系)タイプ以外の場合は、盤面は多少後回しにしてもかまわない。抱えたスペルブースト対応カードを強化していこう。

対アグロ(速攻系)タイプの場合は2ターン目に2/2のフォロワーを展開できるのが望ましい。

4~6ターン

手札にマーリンがある場合は、効果をフルに発揮させるために進化とセットで出したいところ。また、このあたりから相手の盤面に並んだフォロワーをスペルを中心に除去していくことを優先する。

7ターン以降

次元の超越+αでの勝利を視野に入れていく。次元の超越が発動できるよになったら、発動したターンに何点取れるかと、そのつぎのターンに何点取れるかをそれぞれ考えて詰めモードに入ろう。

“超越ウィッチ”デッキの相性

有利なデッキ

・ビショップ系全般
・コントロールヴァンパイア
・ミッドレンジネクロマンサー

不利なデッキ

・ミッドレンジロイヤル
・アグロネクロマンサー
・ランプドラゴン

“超越ウィッチ”デッキの入れかえカード候補

ルーキーマジシャン・サミー

【採用理由】
2/2の優秀なステータスと、ウィッチにはありがたいドロー効果。ただし、相手も1枚引いてしまう点をよく考えて採用すること。
同コスト、同スタッツのペンギンウィザードが入れ替え候補。
炎の握撃

【採用理由】
コストの下がる確定除去。4コスト以下なら破格の効果だ。ドラゴンのように単体で強いカードを軸にしたデッキが多いときに採用したいが、スペルブースト対応カードのため、マーリンが持ってくるカードの幅が広がってしまう点は覚えておこう。
3枚積むカードではないので、虹の輝き、エンジェルバレッジ、ルーンブレードサモナーあたりから1~2枚と入れ換えよう。
魔力の力場

【採用理由】
入れても1~2枚で十分だが、次元の超越前に設置しておけばかなりの打点アップを見込める。
こちらも虹の輝き、エンジェルバレッジ、ルーンブレードサモナーが入れ換え候補となる。

初心者指南まとめ

初心者が最初にやるべき4つのこと
初心者におすすめのクラス・デッキを紹介
全7クラスの特徴とデッキ紹介
優秀シルバーレアカードまとめ

シャドウバース

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルカードゲーム
メーカーサイゲームス
公式サイトhttps://shadowverse.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る