1. サイトTOP>
  2. 『Ingress』過去最難関!? ミッションデイ埼玉六宿巡り01-栗橋・幸手・杉戸編-

『Ingress』過去最難関!? ミッションデイ埼玉六宿巡り01-栗橋・幸手・杉戸編-

2016-12-26 19:00 投稿

松尾芭蕉の足跡を追って日光街道を歩こう!!

2016年の流行語にも挙げられた『ポケモンGO』を手掛けるナイアンティック社が配信する位置情報ゲーム『Ingress』。本作には“ミッション”と呼ばれる特定のルートをスタンプラリー感覚で巡る遊びかたがある。

その機能を活用して地域活性を目指す自治体が年々増加、2016年12月18日には、日光街道埼玉六宿連携スタンプラリーとのコラボレーションで埼玉県初のミッションデイが開催された。

 mds01

六宿とはそのむかし、“奥の細道”で知られる松尾芭蕉が通った日光街道。埼玉県にはその宿場町が草加宿、越ヶ谷宿、粕壁宿、杉戸宿、幸手宿、栗橋宿の6ヵ所にあった。

それをテーマに各所を巡るのが今回のミッションデイ、お題にも記された“六宿”ってわけだ。

そんなわけで『Ingress』大好きライターの深津庵と、いつも撮影を手伝ってくれているイラストレーターのあしたづひむが、六宿踏破を目指して埼玉県は久喜市、栗橋から今回のミッションデイをスタート。前編となる本記事では栗橋宿、幸手宿、杉戸宿の様子をリポートするぞ。

 

『Ingress』の記事まとめ 

 

杉戸町商工観光課が主催するスタンプラリーとコラボ

深津がミッションデイを記事にする際、編集担当さんにその工程を“スタンプラリーみたいなもの”と説明、記事でも何度かそう記したことがある。

イメージはこんな感じ
●観光スポットを巡ってスタンプを集める
『Ingress』の場合→指定ポータルを巡る3つ以上のルートを達成

●応募期間内にはがきを投函
『Ingress』の場合→規定時間内に達成したことを示すスクショをメールで送信

●後日特典がもらえる
『Ingress』の場合→ゲーム内で実績メダルをゲットできる

そんな最中、杉戸町商工観光課が9月1日から開催されている六宿をテーマにしたスタンプラリーとミッションデイを連動。

mds02
▲こちらはじっさいに対象の駅など中心に配布されていたスタンプラリーの案内。これと同じ地域をミッションデイで巡るというわけ。

そうそう、深津が言いたかったのはまさにこれ。知られざるスポットにミッションデイを通じて触れ、新しい発見を楽しみながら指定された場所でスタンプ(メダル)を集めていくのがミッションデイの醍醐味なのだ。

ちなみに、『Ingress』のミッションデイに参加するにはwebサイトでの事前or当日指定会場で登録が必要。
■ミッションデイ埼玉六宿(現在は終了)

上記のようなサイトで登録を済ませ、条件を満たしたことを示すゲーム画面のスクリーンショットを、指定されたメールアドレスに送信すると後日、実績メダルがもらえるという流れだ。

っというわけで時間を開催日当日の9時30分までプレイバック。

 mds03.jpg書き込み

12月18日9時30分
八坂神社を目指す栗橋宿ルート

今回のミッションデイには、六宿の各エリアごとに3段階の難易度が設定されている。深津たちは六宿全部ノーマルルートを選択、まずはその第1歩、栗橋駅からスタートして8つのポータルをハックすることにした。

 mds04.jpg書き込みmds05.jpg書き込み
▲おおよその所要時間や現在地からもっとも近いポータルの距離を確認できる。また、各ミッションには製作者からのテーマの説明文が添えられている。自分が地域のどんな1面に触れるのか、それを知る重要なメッセージだ。
 mds06.jpg書き込み
▲源義経の内妻だった静御前が義経を追って平泉に向かう途中で悲恋の死を遂げた場所らしい。

2番目のポータルだった“静御前の墓”。悲恋の死という切ないおはなしがある一方で、その隣りには顔出しできるカジュアルな絵柄の看板がお出迎え。当日は義経と静御前のお顔がはめ込まれチャレンジすることはできなかったけど、駅に向かって覗きこむ角度にあるので、時間帯によってはかなり度胸を試されるスポットだ。

その後、学校の裏道を歩きながら指定のポータルをハック、利根川の堤防沿いにある八坂神社に到着したのは10時のこと。

 mds07.jpg書き込み
▲神社といえば狛犬が定番だけど、ここでは狛鯉がお出迎えしてくれる。残念ながらそれを知ったのは現地を離れてからのこと。なんとか画像を拡大して見えた狛鯉の姿でご了承を! 

利根川の堤防を拡張するにあたり、2年後には移転が決定している八坂神社。慶長年間に発生した利根川の洪水時、水波の中を鯉と亀がこの神社の神様を運んできたという説から狛鯉が祭られ、体を撫でることで招福、除災を得るのだとか。

これを怠ったからなのか、このミッションデイ終盤で深津とあしたづは、とんでもない災いに襲われてしまう

 mds08.jpg書き込み

12月18日11時
江戸時代の絵馬一対が奉納される幸宮神社

幸手駅からしばらく歩いた場所から始まる幸手宿のノーマルミッションは、幸手町の総鎮守である幸宮神社を始めとした、歴史ある神社仏閣など11のポータルを巡るルート。

 mds09.jpg書き込みmds10.jpg書き込み
 mds11.jpg書き込み
 mds12.jpg書き込み
▲ミッションルート上でスタンプラリーの案内板を発見。全6つのうち4つを集めると六宿にゆかりのある商品からひとつを選んで応募できるようだ。

商店街にはここが日光街道であることを示す案内板も多く、幸手高校の武術部が描いた壁画(もちろんポータル)や、松尾芭蕉の足跡を追っていることを思い出させる光景が各所にみられた。

いやね、6つの駅を渡り歩くこともあって、ふたりの頭の中にはコンプリートできるのかという不安がいっぱい。テーマをかみしめ、周囲の景色を楽しむ余裕が早々に薄れていたのだ。

 mds13.jpg書き込み
▲これはとある店舗に描かれたもので、“Mural of Basho and Sora”というポータルになっていた。実際にみるとかなり大きく圧倒される。

幸宮神社を訪れたのはルート上5つ目のポータル。全面彫刻が施された本殿、拝殿には江戸時代の絵師、宗文が描いた絵馬一対が奉納されている場所で、1歩鳥居をくぐれば住宅街のど真ん中であることを忘れさせる存在感だった。

 mds14.jpg書き込み
 mds15.jpg書き込み
▲その後6つのポータルを巡って当ミッションを完了。考えていたよりも時間がかかってしまい、少々焦り気味の深津。その理由は次の目的地で開催されるイベントにあった……。

12月18日12時30分
杉戸町近津神社で町長からごあいさつ

さぁ、杉戸町の最寄り駅である東武動物公園に到着したのは12時10分過ぎ。

この段階で深津とあしたづは大慌て。その理由は12時30分から行われる町長らの挨拶と、エージェントを集めた集合写真の撮影会が迫っていたからだ。
ふだんは走ることもない深津はぎこちない姿でダッシュ、あしたづは「胸が苦しい」と限界寸前。何度か足を止めながら“慌てず急げ”と背中を押すしかない状況に陥る。

 mds16.jpg書き込み

目的地に到着したのは12時27分とギリギリセーフ。取材の趣旨を役場の方に説明、最前列まで案内してもらうことができた。

 mds17.jpg書き込み
▲今年が発祥400年という記念の年となる杉戸宿。関連する六宿すべてが関わるこのイベントに、「遠くは台湾からの参加ということで心から感謝します。杉戸町の魅力に触れながら六宿を楽しんでください」と古谷氏。
 mds18.jpg書き込み
▲もともとはエージェントでもあった坪田氏。1度は離れてしまったが今回のミッションデイをきっかけに復活したことを宣言。
 mds19.jpg書き込み
▲Google+でさまざまな情報発信をみずから手掛けている坂田氏。『チャーリーズ・エンジェル』世代であることから、アプローチがそれに似たものになっていると語ってくれた。
mds20.jpg書き込み
▲今回のミッションディ埼玉六宿には2千人超の参加者が訪れたとのこと。

その後、現地受付会場&スタンプラリーの設置場所であり、くじ引きや地域関連のアナウンスなどが行われていた第二流灯工房を訪問。撮影会を終えたエージェントたちが集まり、各々楽しんでいた。

 mds21.jpg書き込み
 mds22.jpg書き込み
mds23.jpg書き込み
▲深津が撮影中に見事お米を引き当てたエージェントが現れ、会場はおお盛りあがり。XMアノマリーともなれば戦う敵同士だけど、ふだんはそんなの関係なく、みんなでおめでとうといえる関係がいいよね。

ちょっとドタバタしちゃったけど、なんとかこれで折り返し地点。春日部がどうして粕壁なのか、越ヶ谷と草加のミッションを当日中に無事達成できるのか。

あしたづが巻き起こす緊急事態、そして深津を襲う3択の罠。淡々と進めてきたミッションデイが牙をむく、いや、自滅していく後編へ続く。

後編を読む

 mds24.jpg書き込みmds25.jpg書き込み

『Ingress』5都市縦断の謎解き“ミッションライブ”で見せたエージェントたちの本気

P.N.深津庵(撮影協力:あしたづひむ)
※深津庵のTwitterはこちら

Ingress(イングレス)

ジャンル
オンライン位置情報ゲーム
メーカー
Niantic, Inc.
配信日
配信中
価格
無料(ゲーム内課金あり)
対応機種
iOS/Android

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧