『Ingress』運動不足になってない!? 歩いて撃って構築するキミとボクのイン活レポ【第10回】

2021-10-07 18:20 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

Ingress Prime(イングレス プライム)

痩せそうで痩せない大人のお散歩へ

位置情報ゲーム『Ingress』を開発運営するNianticが10月6日、創設から6年目を迎えた。

2010年に設立されたGoogleの社内スタートアップ“Niantic Labs”当時や
2012年11月にローンチされたAndroid版(招待制)を見てきたエージェントにとって、この6年はじつに感慨深いものではないだろうか。

さて、すっかり長寿アプリの仲間入りを果たしている『Ingress』だけど、コロナ禍の影響で大々的なイベントは自粛。

エージェントたちは感染対策を行いつつ、個々の判断でイン活を継続している。

そうした様子に #IngressagReport を添え、拡散してくれたツイートを補完する当企画も今回で10回目。

知っているエージェントはいるかな?

早速、みんなのツイートを覗いてみよう。

ingtuix01

【これまでのAGイン活レポート】
●第1回 ●第2回 ●第3回 ●第4回
●第5回 ●第6回 ●第7回 ●第8回
●第9回

—————————————

■ご褒美のお味はいかがでした?

■パンダだ!!(横向き)

■キリ番を狙うって本当に大変

■MD伊勢!!

■しょうぶを しかけてきた!?

■Niaに届いた

■お、どうですこれ!?

■お布施

■たしかにっ

■継続は力なり

■43分のドラマ

■日本を繋ぎリンクを結ぶ

■ヨシッ

■すばらしい成果!!

XMアノマリー再開するならどこがいい?

新展開の予感を漂わせつつ、コロナの影響ですべてが流れてしまったXMアノマリー。

その後の取材で再開を約束するメッセージをいただいたけど、それを実現させるにはもう少し時間が必要だ。

■関連記事
XMアノマリーは終わらない!! 『Ingress』サブスクの狙いと今後の展開を聞いてみた

そんな中、2020年4月には“エアアノマリー神戸”なるものまで登場。

冗談から始まったツイートが1つの成果を残すまでに発展した。

■関連記事
『Ingress』エアアノマリー神戸とは何だったのか!?張本人と開発陣を交えた対談をマジでやってみた

そこでみなさん、XMアノマリーが再開されたとき、国内ではどこを舞台に戦ってみたいですか?

個人的には“エア”で終わった神戸リベンジしたいなぁ。

美味しいグルメ、観光名所、なんんでもOK。

ぜひ、#Ingress_XMAnomalyarea のタグを付けてエリア名、選んだ理由などをツイートしてください!!

ingtuix02

▲これはエアアノマリー神戸を振り返るリモートインタビュー当時のもの。開催されてもいないイベントを本気で楽しむ、楽しめちゃうのもエージェントたちのいいところだ。

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

Ingress Prime(イングレス プライム)

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルその他
メーカーナイアンティック
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧