1. サイトTOP>
  2. アドレナリン全開のハイスピードレースゲーム『アスファルト6:Adrenaline HD』

アドレナリン全開のハイスピードレースゲーム『アスファルト6:Adrenaline HD』

2012-02-11 16:00 投稿

●ライバル車や障害物を弾き飛ばす快感

本作『アスファルト6:Adrenaline HD』は、非リアル系のカーレースゲーム。ただし、”非リアル系”とは言っても、登場するクルマ自体はアストンマーチンやベントレー、BMWやランボルギーニなど、実在するものばかり。作中にはバイクも含めて計42種ものライセンス車種が登場する。

プレイヤーは、それらのクルマを操ってレースに臨むのだが、本作の特徴はライバル車に自車をガンガンぶつけて、簡単にクラッシュさせられること。コー ナーリングなども、かなりアバウトな仕上がりになっていて、下手にドリフトなどのテクニックを使うより、角にガリガリこすりながらでもアクセル全開ですり 抜けるほうが速かったりするのだ。

[注目記事]
※【まとめ】Android端末を買ったら入れておきたいツール 本当に入れておくべき4本+おすすめ24本
※【まとめ】iPhoneを買ったらまず入れておきたいツール 本当に入れておくべき4本+おすすめツール31本

00
01
▲もちろん、クラッシュさせられるのは自車も同じ。とは言え、マイナス500ポイントのペナルティで即復活できるので、あまり慎重になる必要はない。

●クラッシュ上等の大胆なレース展開が魅力

リアルなカーシミュレーターに慣れた人には、本作のクルマの挙動は納得いかないかもしれないが、ふだんあまりレースゲームをしない人や、『マリオカート』などの非リアル系レースに慣れた人なら、この大味で融通の効く感覚がむしろプレイしやすいと感じるのではないだろうか。

この種のトンデモレースにつきものの、愉快なコースのショートカットなども用意されているので、フリーレースでそれを見つけて、ちゃっかりキャリアで利用するのも一興。それでいて、登場するクルマが実在のものなので、コレクター心も十二分にくすぐられるだろう。

07
08

■基本操作

本作の操作方法は4種類用意されている。大まかに分けると、左右のハンドリングを端末の傾きで操作するか画面にタッチして操作するか、また自動加速をオンにするかオフにするか。いずれの場合も、ニトロブーストとブレーキはタッチ操作で行う。

この種のレースゲームのお約束とも言えるニトロブーストは、大幅な加速ができるので、使いどころが重要。さらに、画面上部のニトロゲージが一杯まで溜まった状態で発動すると、他のクルマに触れるだけでクラッシュさせられる凶悪なアドレナリン状態となるのだ。

02
▲満タンでなくても、ゲージがある限りニトロはいつでも使用可能。ゲージは、コース内の所定のアイコンを取ることで溜まるほか、対向車線を走る、他のクルマをクラッシュさせるなどの行為でも少しずつ蓄積される。

本作のモードとしては、既定のレースを順に勝ち抜いていく”キャリア”、自由に1レース選んで参加できる”フリーレース”、他の人と通信で対戦プレイする”マルチプレイ”、入手したクルマを鑑賞できる”ガレージ”の4つが用意されている。

03
04
▲メインとなるのはキャリアモード。このモードで勝ち抜いていくことで少しずつロックが外れて、新たなクルマやパーツを購入することができるようになるのだ。
05
▲世界各地のコース(サーキットではなく一般道)を転戦。キャリアモードで条件を満たすにつれ、参戦できるコースが増えていく。

また、レース自体もいくつかの種類が用意されている。普通に走って3位内に入ることを目指す”ノーマルレース”以外にも、規定の回数ライバル車を クラッシュさせたり、コース内に設置された紫のキャッシュを規定数集めるなど、ひと筋縄ではいかないミッションが課されるのだ。

06
▲制限時間のある”エリミネーション”が、けっこう難しい。加速の高いクルマがあれば、多少は楽になる。

[注目記事]
※【まとめ】Android端末を買ったら入れておきたいツール 本当に入れておくべき4本+おすすめ24本
※【まとめ】iPhoneを買ったらまず入れておきたいツール 本当に入れておくべき4本+おすすめツール31本

アスファルト6:Adrenaline HD

メーカー
ゲームロフト
価格
iOS版:85円 Android版:99円[税込]
対応機種
iOS、Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧