1. サイトTOP>
  2. 【注目アプリレビュー】野球のルール分かんないけど何か楽しい

【注目アプリレビュー】野球のルール分かんないけど何か楽しい

2012-08-30 20:30 投稿

●関西弁の外国人たちが1対1の白熱した野球バトルを繰り広げる!

野球と言えば普通なら9人のメンバーがいてはじめてプレイできるスポーツ。だが、『Wannabat Plus – Baseball ショーダウン!』ではバッターとピッチャーしかおらず、多彩な変化球と精錬された打撃システムにより手に汗握る試合が楽しめるのだ。ブラジルのとある街に帰ってきた元大リーグのヒーローであるシルバが開催した”ベースボールショーダウン”に出場すると言うストーリーとなっている。ストーリーの字幕に流れる言葉はなぜか全て関西弁で統一されており、一見違和感がありそうな気もするが、それはそれであり。ネットワーク対戦もできるのでやり込み要素もバッチリだ。

『Wannabat Plus – Baseball ショーダウン!』のここが
・緊張感のある試合が楽しめる
・ネットワーク対戦があるので飽きがこない
・野球のルールや専門用語を知らなくても楽しめる
ここが×
・1試合が長い
こんな人にオススメ
・関西弁に惹かれる人
・オンラインプレイで熱い試合をしたい人
・長くゲームを遊びたい人

●普通の野球のルールとはココが違う

本作ではピッチャーが投げる球を打ってバッターが走るという基本的な野球のルールはなく、打った飛距離によって何塁打になるのかが決定する。ファールになった場合には、カウント1とされて4回ファールした時点で1アウト。三振するかファールを4回させるか以外のアウトの方法がないため、ピッチャーには厳しいルールとなっている。また、バッターに打たれて塁に出してしまった場合には、アウト数以外はすべて初期に戻るってしまうのだ。バッターの場合には相手の球を打つだけと簡単にそうに見えるが、ピッチャーはノーマルスキルとして変化球が使えるため、球がどこに行くのかをある程度予測して打つ必要がある。最大で5点獲得すると3アウトでなくても攻守交代となっている。

▲ピッチャーは、まずどこに投げるかのコースを決めたあと、上下左右から来るカーソルをタイミングよく止める必要がある。”Miss”、”Bad”、”Good”、”Great”、”Perfect”の5種類で判別されて”Miss”、”Bad”になると球を自分の狙った場所にうまく投げることができない。

▲ノーマルスキルのほかにも玉がグネグネ曲がるツイスターや複数の玉が出現するイリュージョンなどのスペシャルスキルと言われるものがピッチャーには存在する。また、バッターも同様に飛距離がアップするパワースイングやコンパクトスイングと呼ばれるスペシャルスキルが用意されているのだ。

▲画面上にあるゲージが1つでも溜まっていれば、スペシャルスキルが発動できる。三振してしまった場合、アウトになった場合、玉を打たれた場合などにゲームが溜まっていく仕組みだ。

▲アイテムのバットやグローブなどを購入することにより、パワーとインパクトとのステータスがアップ! 玉を打ったときの飛距離を底上げできる。また、衣服を購入することにより自分だけのキャラクターを作成することが可能だ。

▲大会の予選では普段は1回ずつ戦って勝敗を決めるが、決勝戦だけは3本勝負となっている。また、決勝戦に勝つと審判と勝負できるようになるのだ。

●常に違うコースにボールを投げて三振を狙う

実際の野球ならば内角低めに投げるのが一番三振が取りやすいと言われている。だが、本作ではただ内角低めに投げるだけではNG。同じコースにばかり投げてしまうと相手がそれに順応してしまい打たれる危険があるので、上下左右に揺さぶりをかける必要あるのだ。また、同じ変化球ばかりを投げていても打たれてしまう。変化球は1回ずつ変えて行ったほうがいいだろう。”Great”、”Perfect”で自分の狙うコースに投げるのもありだが、わざと”Miss”、”Bad”にしてずらして行くと三振が取れやすい。本作では、ストライクゾーンを外して相手にバットを振らせるという行為は、そもそもボールの玉だとNPCがほぼバットを振らないので意味がない。確実にストライクゾーンを狙って行くようにしよう。

▲玉を投げ終えたあとの相手のバットのマークに注目! 相手がバットの位置を調整するときにはそこの位置から狙っていくことになる。バットから遠ざけるように投げれば完封も夢ではない。

▲相手にスペシャルスキルを使われても絶対に打てないというわけではない。コースを見極め、タイミングが合えばホームランを打つことも可能だ。

▲変化球はスキルレベルを気にせずに複数所持しておいたほうが相手に揺さぶりをかけやすい。自身のレベルが上がったときに獲得できるSPは、変化球が覚えられるまで溜めておこう。

▲購入したバット、グローブ、衣服などのアイテムにはゲージが用意されており、ゲージが満タンになるとSPがもらえる。試合が終わると溜まっていくため、次々にアイテムを購入するのではなくSPをもらってから交換するのがベスト。

筆者はピッチャーの場合は2ストライクまで変化球で対応してスペシャルスキルで三振を取る方法を使っていた。スペシャルスキルは相手が順応しづらいので、ここぞというときに使うといい。ただ、三振を取りすぎると自分のスペシャルスキルを使えるようになるゲージが溜まらないため、相手にボールを打たせて塁に出させたり、わざとファールにさせることでゲージを溜めていった。戦う前の相手のプロフィールに書いてある文章にはどんな変化球を投げてくるのか、どのコースの玉を打ちやすいのかなどのヒントが記載されていることがあるので、よく読んでおくと有利に試合を運べるだろう。

バッターのときには筆者はタイミングを合わせたり、変化球がどんな曲がりかたをするのかを見極めることが苦手なため、スペシャルスキルの”パワースイング”をゲージが溜まったら使うようにしてドンドンヒットを量産していくことにした。わざとアウトになってゲージを溜めていくのもいいだろう。アイテムはまずステータスが上がるグローブとバットを優先して購入。初期状態のときには自分のキャラクターはグローブを装備していないためステータスの底上げが簡単なグローブを先に入手しておくほうがいいだろう。バットは初期のものを使ってSPを溜めていくようにしたが、強敵と当たった場合にはゴロしか打てないこともあるため、性能の良いバットを一本購入して使い分けていった。

●野球を深く知らなくても楽しめる

スポーツ系のゲームになると「ルールや専門用語を知らないからプレイするのはちょっと……」という人もいるだろう。筆者も野球の専門用語をまったく知らないが問題なく楽しむことができた。1試合が長いため、お手軽に楽しめるというわけではないが、一度プレイすると時間を忘れるぐらいに夢中に慣れる作品だ。また、ネットワークを使って友人や海外の人たちとプレイすることができるため飽きがこないのでずっと遊ぶことができるだろう。野球好きの人だけでなく、ぜひ野球をまったく知らない人にもプレイして頂きたい作品となっている。(ロコモコ大山)

Wannabat Plus - Baseball ショーダウン!

メーカー
vitusoft
配信日
配信中
価格
85円[税込]
対応機種
iPhone、iPod touch および iPad 互換iOS 5.1 以降が必要

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧