1. サイトTOP>
  2. 【注目アプリレビュー】『アスファルト7:Heat』85円とは思えない驚異のハイクオリティー

【注目アプリレビュー】『アスファルト7:Heat』85円とは思えない驚異のハイクオリティー

2012-07-19 19:23 投稿

●グラフィックにシビれ、圧倒的な爽快感に酔いしれる

マシンをかっ飛ばして、敵マシンをぶっ飛ばす! 超爽快レースゲーム『アスファルト7』が、たったの85円ということで、迷わずダウンロード。なにやら、フェラーリからランボルギーニ、アストンマーティン、デロリアンと、世界中のマシン60台に乗れるらしい!? さっそくマシンに乗ってブイブイ言わせてきたので、その感想をお届けしよう。

[注目記事]
※【iPhone&Androidアプリプチ攻略】新たなロボットも即出荷『ゆるロボ製作所』【追加版】
※【ファミ通App NO.003】本誌限定アイテムが付いているタイトルはコレだ!

『アスファルト7:Heat』のここが
・美麗なグラフィックで描かれたコース
・スピード感溢れるアドレナリンモード
・遊び心あるゲームルール
・85円とは思えないクオリティー
ここが×
・アップグレードに必要な星の数が多い
こんな人にオススメ
・レースゲームが好きな人
・最近ストレスが溜まっている人
・コツコツ遊ぶのが好きな人

●前作以上に美しいグラフィック

まず実感できる本作の魅力といえば、コースやマシンの美麗なグラフィックだろう。淡く街灯が揺れる夜景、太陽の日が差し込むヨーロッパの街並み、打ち上げられた花火で照らされる時計塔、そして細部まで作り込まれ、洗練されたフォルム輝くマシン。何をとっても美しい! 高速でマシンを走らせていると、ついつい風景を見逃してしまいがちだが、ロングストレートでは少し手を休めて風景を楽しんでみるといいだろう。

▲スマートフォンゲームとは思えないほどのグラフィック。この街がこのままレースコースとなるのだ。

▲ビーチ沿いの道を時速300キロでかっ飛ばす! クーッ気持ちいいっ!!

操作性については前作から変化はない。アクセルはオートとなっており、プレイヤーはステアリングとブレーキ、ニトロの発動だけを操作すればいいのだ。ステアリングは端末を傾け、ブレーキは画面左半分をタップ、ニトロの使用は画面右半分をタップ。レース中の画面がボタンなどで邪魔されないインターフェイスとなっているので、広い視野を持ってレースに集中できる。変更になったのはクラッシュ時の仕様。前作ではクラッシュすると速度がゼロになったが、本作ではクラッシュ後も数百キロの速度を保った状態でリスタート可能になっている。

▲ご覧のとおり、インターフェイスは至ってシンプル。レースに必要な情報だけが画面に表示されている。

●星を集めて最高クラスのマシンを購入

レースのルールもさまざま。1位になるというルールはもちろん、相手マシンをクラッシュさせるというものや、時間切れになる前にゴールを目指すというものまで、バラエティーに富んでいる。もし、現在所有しているマシンが性能的に厳しい状況に陥ってしまったら、マシンをアップグレードしてみよう。スピードやステアリング性能、耐久性など自分の好みに合わせたスペックを強化できるので、ルールに合わせたカスタムをしてみてもいいだろう。また、レースをクリアーするごとに得られる星を集めれば、より強力なマシンを手に入れることができる。星を一定数集めることで、マシンがアンロックされゲーム内通貨で購入できるようになる仕組みだ。星は基本的にレース勝利時やミッション達成時に獲得できる。マシンを購入しても星の数自体は減らないので、資金があればよりハイスペックなマシンにどんどん乗り換えるのもアリ。強力なマシンを購入するには星が数百個必要になるため根気は必要だが、無課金でも十分に楽しめる。このクオリティーのゲームを85円で遊べるというのはまさに驚異的だ。

▲マシンは新たに買うこともできるが、特定のレースをクリアーすることでアンロックされるものもある。超カッコイイ、このフェラーリもそのひとつだ。
●アドレナリンモードでライバルをノックダウン

コースにはニトロゲージを溜めるアイテムやゲーム内通貨が手に入るアイテムが落ちている。ニトロゲージは、通常通りニトロブーストとして超加速をするのにも利用できるのだが、ゲージをマックスまで溜めると、アドレナリンモードという特殊なモードを発動できるようになる。これは、超加速に加え、敵マシンに接触すると一発でノックダウンさせられるという超強力なモード。ゲージは、ぜひともマックスまで溜めてから使いたい。また、これは小技的な話になるのだが、アドレナリンモードはブレーキを踏むことで解除できる。これを利用すれば、「アドレナリンモードで敵を吹っ飛ばしたら、すぐに解除。ドリフト(またはアイテム)でゲージを溜める→つぎの瞬間にはアドレナリンモードが発動できる」という使いかたもできる。

▲私の一番のお気に入りは、相手マシンをノックダウン(クラッシュ)させるルール。相手マシンを後ろから吹っ飛ばしてみたり、壁際にはさんでみたりと、ストレス発散には持ってこい!

▲対向車や壁と激しく接触するとクラッシュしてしまう。クラッシュしてもゲームオーバーにはならないがタイムロスになるので、できるだけ避けたいところ。

このゲームでもっとも大切なことは、クラッシュしないこと。加速状態からリスタートできるようにはなったが、タイムロスには変わりない。レースは公道を舞台としているため、一般車も普通に走っている。対向車はヘッドライトを灯しているので、前方に明るい光が見えたら走っているラインを変更するといい。慣れてきたら、ライバルのマシンをサイドから押して、対向車に追突させるというテクニックも使えるようになるだろう。つぎに大切なことは、コースの先をチェックしておくこと。本作のコースには隠しルートがたくさんある(実際は隠れてないけど)。隠しルートの先には、アイテムが置かれていたり、ショートカットになったりと、タイム短縮に繋がる場合が多い。隠しルートはミニマップにはハッキリと表示されるので、つねに視界の端でミニマップを捕えておくといい。
▲ミニマップを見ると、この先ルートが2つに別れるのがわかる。通常のラインとは違う濃い色で描かれているほうが隠しルートだ。

最後のポイントはドリフトだ。ドリフト中にニトロゲージが増えるため、タイムを短縮するうえで必須のテクニックといえる。ドリフトはコーナリングに入る直前、またはコーナリングの最中にブレーキを踏むことで行える。ここで注意したいのが、ブレーキを踏んでいる時間。長くブレーキを踏めば、その分制動が効き、確実なコーナリングが行えるが速度は落ちてしまう。逆にブレーキを一瞬だけ踏めば、スピードを活かしたままドリフトでコーナリングができる。車体のコントロールもそれほど難しくないので、積極的に狙ってみよう。(ヒゲメガネ長谷部)

▲クールにドリフトを決めれば、ニトロゲージも増えていく。要所要所でバッチリ決めて、レースを制すのだ。

▲マシンのアップグレード以外にも、ボディのカラーリングやデカールの塗装も行える。自分だけのマシンにカスタマイズしてみよう。

アスファルト7:Heat

メーカー
ゲームロフト
配信日
配信中
価格
85円[税込](アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、およびiPad に対応。iOS 4.0 以降が必要

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧