シャドウバース攻略まとめ

(c) Cygames, Inc.

シャドウバース【シャドウバース攻略】豊富な火力を活かして立ち回る “秘術ウィッチ”レシピデッキ案(星神の伝説環境)

シャドウバースの攻略記事

【シャドウバース攻略】豊富な火力を活かして立ち回る “秘術ウィッチ”レシピデッキ案(星神の伝説環境)

2017-10-16 19:42 更新

“秘術ウィッチ”の特徴と戦いかた

ここでは、『シャドウバース』“星神の伝説”環境における“秘術ウィッチ”のデッキレシピや戦いかたを紹介していく。

ここでは、“秘術ウィッチ”のデッキレシピや戦いかたを紹介していく。

【“秘術ウィッチ”のポイント】
・幻惑の奇術師で土の印を消費する
・3ダメージをどこに飛ばすかがカギ
・ギルガメッシュで逃げ切る

デッキレシピ案

deck
必要レッドエーテル数:20,450
【デッキコード発行はこちら】
※デッキのカード詳細はこちらから

使用感

序盤に幻惑の奇術師と土の印を揃えることができれば、攻防どちらにも回れる柔軟さを持つデッキ。

ただし、土の印を消費するカードが幻惑の奇術師を除けば中コスト帯に集中しているので、序盤に彼を引けていないと場が印で埋まりがち、もしくは印を出せずに手札で腐ってしまうこともある。

そのため、土の印の消化プランをつねに考えつつ、逆算してどの程度土の印で場を埋めておけるのかを把握しておくことが重要になる。

また、印にはくず鉄の練成や炎熱の術式のようにファンファーレで場に作用するものもあるため、これらを活用するためにどうしても土の印を出さなければならないシーンも存在する。

2017年10月15日現在、最強の新カードとして君臨する原初の竜使いに対しては回答を複数持ち、処理不能、または処理に費やすコストが割に合わない状況に陥ってもギルガメッシュで逃げ切るプランが用意してある。

決して環境の頂点に立つデッキではなく、また、相手に対応する形で動きかたを決めるデッキなのでややプレイ難度は高めになる。

幻惑の奇術師で土の印を消費する

土の印を場に出すカードの枚数に対し、序盤の消化先が幻惑の奇術師のみなのが悩みのタネ。

1ターン目土の印→2ターン目奇術師とプレイできた場合は(コスト2から消滅効果を持つビショップ相手以外では)深く考えずとも土の印を消化するアテができるが、そうでない場合は印を出しすぎないように気を付けること。

とくに炎熱の術式のダメージ効果を使う場合、プランよりも多くの土の印が場を埋めてしまうパターンがある。

1ターン目に土の印がプレイできる場合でも、3ターン目くらいまでの動きを想定して印を出すか出さないかを考えすぎるほどに考えよう。

 SV_W_幻惑の奇術師_0_進化前幻惑の奇術師
フォロワー(神々の騒嵐)
ラストワード 土の秘術 幻惑の奇術師1体を出す。

3ダメージをどこに飛ばすかがカギ

このデッキでは、3ダメージを任意の場所に飛ばすことが可能なカードを古き魔術師・レヴィ、天輪のゴーレム、偉大なる魔術師・レヴィの合計9枚採用している。

この3ダメージを場のフォロワーに飛ばして処理をするのか、リーダーを狙って体力を詰めるのかはかなり重要になってくる。

先攻後攻のどちらを引いているか、相手クラスは何かで正解が変わってくるが、さっさと体力を詰めないと不利になる相手にはリーダーに、逆にゲームを長引かせれば長引かせるほど優位になっていくマッチアップでは場に飛ばすのが勝つための最善手だと覚えておこう。

ただし、状況次第では勝つためではなく生き残るために逆の選択を取らなくてはならない場合もある。とくに対エルフやドラゴンは流動しやすいので、状況を見極めることが肝心だ。

SV_W_古き魔術師・レヴィ古き魔術師・レヴィ
フォロワー(ダークネス・エボルヴ)
進化時 紅蓮の魔術1枚を手札に加える。
SV_W_天輪のゴーレム_0_進化前天輪のゴーレム
フォロワー(神々の騒嵐)
ファンファーレ 土の秘術 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
SV_W_8偉大なる魔術師・レヴィ
フォロワー(ワンダーランド・ドリームズ)
ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
土の秘術 相手のリーダーか相手のフォロワー1体ではなく、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに3ダメージ。

ギルガメッシュで逃げ切る

場の解決能力が高いデッキではあるが、それでも処理しきれない、処理をしていては状況が好転しない場合のプランとしてギルガメッシュによる逃げ切りを用意した。

とくに原初の竜使いの処理が難しく、処理できても使用コスト面で割に合わないことが多いドラゴン相手にはこちらのプランを見据えて動くことが多い。

その他のマッチアップでも5点の押し込みを隠し持てる点がアドバンテージになる場合が多く、土の印や進化などの仕込みがない状態からでも想定外のダメージをたたき出せるため、計算の外から勝ちにいける。

ある程度ゲームが長引かなければ出番のないカードではあるが、このデッキの攻撃力では8ターン目までもつれることも珍しくない。素直で使いやすい火力として貢献してくれる。

sv_Ne_22ギルガメッシュ
フォロワー(スタンダード)
疾走

シャドウバース

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルカードゲーム
メーカーサイゲームス
公式サイトhttps://shadowverse.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る