1. サイトTOP>
  2. 坂上忍が似ていると感じた主人公レッドとの共通点とは? 映画『アングリーバード』インタビュー

坂上忍が似ていると感じた主人公レッドとの共通点とは? 映画『アングリーバード』インタビュー

2016-09-29 10:00 投稿

坂上忍に訊く映画『アングリーバード』

スマートフォン黎明期から最盛期にかけて大流行したスマホアプリ『アングリーバード』。全世界でなんと30億ダウンロードを記録した本作が映画化され、日本では2016年10月1日から公開される。

映画アングリーバード

映画『アングリーバード』公式サイトはこちら

今回、その主人公“レッド”を演じる坂上忍に突撃インタビュー。本作品に臨むにあたっての心境や作品に抱いている想いを伺った。

アングリーバード_坂上忍02
▲ハリウッドアニメ声優初挑戦となる、坂上忍。

▼声優として前園真聖氏も参加!
元サッカー日本代表・前園真聖氏が映画『アングリーバード』イベントで怒りのタイプを診断!?

主役のレッドを演じる心境

──ハリウッドアニメの声優という依頼が来たときどう思いましたか?

坂上 「えっ、僕!?」が第一声です。キャラクターの姿を拝見したときに、最初はかわいい印象を受けたので、僕でいいのかなと普通に疑問に思いました。でも、主人公のレッドが怒りんぼうだと聞いて腑に落ちましたけど(笑)。

──それでご自身で納得されて、レッド役を引き受けたわけですね。

坂上 そうですね。じつは、僕は声の仕事が好きなんです。アニメ映画の声、しかも主役のお仕事がいただけることなんてそうそうないですから、この仕事を一生の思い出にしようと意気込んでお受けしました。

──坂上さんが演じられたレッドは鳥ですが、何か演技で意識されたことはありますか?

坂上 それはまったく意識せずに演じましたね(笑)。事前に映像を拝見していたので、家でセリフ当ての練習はしましたが、現場では監督に言われることだけに集中していました。僕は役作りをしないタイプなんですよ。

──それは意外ですね。俳優仲間の方々と演技論を交わされているイメージがあります。

坂上 そういうこともありますけど、そもそも僕の演技論は、何もやらないことなんです(笑)。

──そうでしたか。レッドがご自身に似ているという発言も耳にしましたが、どのようなところが似ていると思いますか?

坂上 ビジュアルでは、眉毛が似てますよね。時代劇をやるときは皆眉毛をしっかり描かされるわけですが、僕は「しっかりした眉毛だ」、「お前の眉毛は描く必要ないね」と言われてきました。眉毛が特徴的だから、顔も自然と似て見えるのかも……。試写会で映画をご覧いただいた方の多くに、だんだん僕に見えてきたという感想をいただいていていますし(笑)。

アングリーバード_レッド
▲こちらが眉毛が特徴的な本作の主人公“レッド”。

──確かに似ていると思います! レッド以外に好きなキャラクターはいますか?

坂上 先生のマチルダなんかいいですよね。あとは小さな子どもたちもかわいらしくて、たまらない!

──そういえば、坂上さんは愛犬家でしたよね。

坂上 僕はこう見えて、かわいい生き物には弱いんです(笑)。

──なるほど。では、レッドの友人であるチャックとボムについてはどうでしょう?

坂上 チャックもボムもいい味出してますよね。友人関係って、バランスが大事だと思いません? 僕はこのふたりの性格を合わせたような人間で、ひねくれ者で、思ったことをはっきり言うせっかちなタイプ。でも僕の友人はボムのような人が多いかな……野々村真とか(笑)。大らかだったり、深いことを考えないようにしているタイプの人が周りに多くいる気がします。

アングリーバード_坂上忍01

映画『アングリーバード』の見どころ

──映画『アングリーバード』は3D視聴にも対応していますが、そういった3Dアニメは普段からご覧になりますか?

坂上 僕はいわゆる3D映画、3Dアニメをずっと食わず嫌いしていたんです。出始めのときにちょっと見づらいなと感じてから、ずっと2Dで観ていました。でもこの『アングリーバード』を3Dで観たときに、あまりにも自然で驚きましたね。毛嫌いしていたものがすっかりなくなりました。

──確かに自然に観ることができました。では、とくに注目してほしいシーンはありますか?

坂上 普通なら最後の対決だと言うべきなんでしょうけど、僕がいちばん好きなシーンはレッドが道を渡りたいのになかなか渡れない、地味なシーンなんです。なぜ道が渡れないかというと、子どもたちが道を横切っていくんですよね。それがかわいくて異常にほっこりしちゃって……。

──最初のほうのシーンですね。坂上さんがそうおっしゃると、もう一度見直したくなります。

坂上 ぜひ、もう1回観てみてください(笑)。そのシーンでレッド自身はすごくイライラしていて、僕も日常ではそんな風になりかねないんですけど、そういう感情を戒められるから印象に残っているのかもしれません。

──逆にレッドに共感できた部分はありますか?

坂上 最近のアニメはかわいいキャラクターがデザインされているのに、よい部分だけじゃなく悪い部分もリアルに描かれていますよね。そんな綺麗ごとだけじゃないところが僕は好きなんです。レッドも“怒りんぼう”だったり“皮肉屋”だったり、でも“照れ屋”だったり、すごく不器用。そのあたりが共感できましたね。

──『アングリーバード』の続編があったら、またレッドを演じたいですか?

坂上 そりゃあ、やりたいですよ! でもそう思うのは『アングリーバード2』ぐらいで、それ以外はいいですと言いたくなるくらい大変でした(笑)。後から聞いた話なんですけど、映画で早口の俳優さんとかいらっしゃいますよね? そのアフレコは、600行ほどのセリフらしいんです。でもレッドのセリフは、900行もあったそうなんですよね……。

──それは確かに大変そうです。では、続編にも期待しつつ……本作品は原作がスマホゲームですが、坂上さんはふだんゲームはプレイされますか?

坂上 ファミコンにはがっつりハマっていました。とくに『ファミスタ』(ナムコ(現、バンダイナムコエンターテインメント)の野球ゲーム『プロ野球ファミリースタジアム』)は、対戦しまくってましたね。最近はあまりゲームで遊ばなくなりましたけど、ゲームセンターでオンラインの麻雀ゲームをプレイすることはありますね。

──最後にファンに向けてひとことお願いします。

坂上 いろいろなハリウッドアニメがありますが、僕が演じるのはこの『アングリーバード』が最初で最後だと思っています。大人から子どもまで楽しめる映画になっているので、できるだけ多くの人に見ていただきたいです。よろしくお願いします!

アングリーバード_坂上忍さん

映画『アングリーバード』公式サイトはこちら

スマホアプリ『アングリーバード』もぜひ!

前述の通り、映画『アングリーバード』は、スマホアプリ『アングリーバード』が題材となっている。

IMG_0849

原作の『アングリーバード』は、鳥たちをパチンコで飛ばし、ギミックを破壊したりブタを倒したりするシンプルなアクションパズルゲーム。個性豊かな鳥たちのキャラクター性と、絶妙な難易度設定、ハイスコアの競争などで世界中の人々をトリコにした。

IMG_0850
IMG_0853

本作をプレイしておくと、映画『アングリーバード』がより楽しめることは間違いない。まだプレイしたことのない人は、この機会に『アングリーバード』を体験して、世界が熱狂したワケを探っておくといいかも?

映画『アングリーバード』公式サイトはこちら

▼声優として前園真聖氏も参加!
元サッカー日本代表・前園真聖氏が映画『アングリーバード』イベントで怒りのタイプを診断!?

アングリーバード

ジャンル
アクションパズル
メーカー
Rovio Entertainment
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
iOS / Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧