1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. VR>
  4. 視線で操作できるVR HMD”FOVE(フォーヴ)”がスゴすぎる【TGS 2016】

視線で操作できるVR HMD”FOVE(フォーヴ)”がスゴすぎる【TGS 2016】

2016-09-15 21:59 投稿

視線を検知するVR HMD

FOVE(フォーヴ)というVRヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)を知っているだろうか?

日本ではあまり体験会などが開かれていないため、その存在を知らない人も多いことだろう。

ところがなんと、今回の東京ゲームショウ2016でついにFOVEが出展! 実際に触ってみたが、このVR HMDは本当にスゴイ!

DSC_5797

なにがスゴイのかというと、このVR HMDはプレイヤーの目の動き、つまり視線をトラッキング(情報を収集すること。認識とも)できるのだ。

通常のVR HMDは頭の位置だけを追従するヘッドトラッキング(頭の動きを認識すること)のみに収まっているが、FOVEはその一歩先を行っているハードといえよう。

東京ゲームショウ2016のFOVEブースでは、この目線のトラッキング、アイトラッキングを利用したゲームが体験できた。

DSC_0128

筆者が体験したのは、目線でエイミング(照準合わせ)をして遊ぶ、一人称視点のシューティングゲーム『Project Falcon(プロジェクト ファルコン)』と、目線の動きだけで攻略を目指す脱出ゲーム『Judgement』の2本。

目線で狙え! VR FPS『プロジェクトファルコン』

『プロジェクトファルコン』は、前述のとおり、視線と頭の動きだけで照準(エイム)を定めて遊ぶシューティング。おそらく、このゲームほどアイトラッキングの精度の高さを感じさせるコンテンツはないだろう。

ロボットに乗ったプレイヤーが、視線でエイムを定め、コントローラーでマシンガンやミサイルを撃ち、敵ロボットを排除していくというもの。なお、ロボットの移動自体は自動となっている。

視線でエイムを定めるというシステムに最初戸惑ったのは事実だが、これはスゴイ! 目で追ったところに正確に照準が合うのだ。たまに照準がちょっとズレたり、目線では追えないところに敵がいたりすることもあるが、それはちょっと首を動かすだけで解決するので、コントローラー操作はトリガーだけで十分なのだ。

ProjectFalcon4
ProjectFalcon11
DSC_0134
DSC_0129

コンシューマでのFPSは、エイム、照準合わせが初心者には難しく、それが敬遠される要素となっている。だが、このシステムを使えば、誰もが気持ちよくプレイできるようになるだろう。

また一般的なヘッドトラッキング型のVR HMD専用FPSでは、いちいち頭を振って照準を合わせなければならない。

グラフィックも美しく、迫力があるので、プレイ体験もGood!!

ホラーとはまた違った恐怖を体験『Judgement』

『Judgement』は、前述の説明だけだといまいち想像しにくいものだと思うので、しっかりフォローしていこう。

まずこの作中で、プレイヤーはテロリストに捕らえられた人質という扱いになる。そのような状況のため、両手の自由もなく、動かせるのは首と視線のみ。

この状況で、プレイヤーは視線だけを駆使してテトリストからの注意をうまく逸らしたり、テロリストを刺激することを避けたりしながら、味方からの救援を待つといったゲームになっている。

端的に説明するなら、“選択肢が出てこず、視線だけで”YES”、”NO”の意思表示をするアドベンチャーゲーム”とでも言えるだろうか。

Judgement
▲プレイヤーの前に現れるテロリストたち。彼らがプレイヤーの眼前で……。

これが超おもしろい! プレイしている人を見ていても面白い!

ネタバレになってしまうので、何がどうなってどうおもしろいのかは深く言及することは避けておこう。

だが、この緊迫した状況にはホラーとは違った”怖さ”があり、目だけが動かせる状態でもしっかりとゲームとして機能していることが堪能できる素晴らしい一作であった。

DSC_5777
▲プレイヤー自身は、コントローラーを持たなくてもいいので両手が完全にフリー。人は両手が自由だとリアクションが大きくなるということが、この体験で判明した。

このコンテンツは、FOVEの代表、小島由香氏が表現したかったもののひとつということもあり、その力の入れ具合も納得のもの。

後ほどネタバレ全開のプレイ動画も公開予定なので、そちらを見てもらえれば”プレイしている人を見てるだけでもおもしろい”ということが理解してもらえるはずだ。

気になる人はぜひ体験してみてほしいが、怖いぞー!

tgs 2016 情報まとめ

VR▲VRのまとめページができました

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧