1. サイトTOP>
  2. 『討鬼伝 モノノフ』を中川翔子が実機プレイ!スペシャルステージ情報まとめ【TGS 2016】

『討鬼伝 モノノフ』を中川翔子が実機プレイ!スペシャルステージ情報まとめ【TGS 2016】

2016-09-18 15:03 投稿

簡単操作で鬼討伐を楽しむべし

2016年9月15日より開催中の東京ゲームショウ2016。本イベントに出展しているコーエーテクモゲームスブースにて“『討鬼伝2』&『討鬼伝 モノノフ』のスペシャルステージが行われた。本記事では、『討鬼伝 モノノフ』に関する情報を紹介していく。

討鬼伝モノノフ_TGS2016_01

【『討鬼伝 モノノフ』事前登録】

討鬼伝モノノフ_TGS2016_02
▲『討鬼伝 モノノフ』紹介コーナー登壇者。左から本作プロデューサー中臺重人氏、中川翔子。

本作は、『討鬼伝』シリーズの大災厄“オオマガドキ”によって孤立してしまった北方の地“シノノメ”が舞台となり、ストーリーが展開していく。本作だけの新規キャラクターもいれば『討鬼伝』シリーズおなじみの桜花なども登場するとのこと。

討鬼伝モノノフ_TGS2016_05
▲巫女の結界でなんとか鬼の侵攻を食い止めているという“シノノメ”。プレイヤーたちは彼らの希望となれるのか!?

バトルはスマホ向けに最適化。“サークルハンティングシステム”というバトルシステムを搭載しており、キャラクターがつねに鬼と隣接し、円形状の範囲をスワイプで回避、タップで攻撃といった簡単操作で討伐を楽しむことができる。

また、部位破壊の要素も健在。本作では新アクション”鬼千切・廻”を搭載し、マルチプレイでは4人のプレイヤーが同時に“鬼千切”をくり出すことで”鬼千切・廻”が発動。なんと、敵のすべての部位を一辺に破壊することができるという。

討鬼伝モノノフ_TGS2016_03
討鬼伝モノノフ_TGS2016_04

■本作プロモーションビデオ

今回は、そんな本作の実機プレイを『討鬼伝2』の主題歌、キャストとして出演している中川翔子が担当した。

討鬼伝モノノフ_TGS2016_06
▲今回の実機プレイでは“ゴウエンマ”の討伐にチャレンジすることに。
討鬼伝モノノフ_TGS2016_07
▲画面をタップすることで連続攻撃が叩き込める。武器ごとの専用アクションなども用意されているとのこと。
討鬼伝モノノフ_TGS2016_08
▲敵の攻撃範囲はフィールドの地面に赤色で表示される。その場所にくる攻撃をスワイプで回避するのだ。
討鬼伝モノノフ_TGS2016_09
討鬼伝モノノフ_TGS2016_10
▲画面右端のひし形のアイコンが光り輝くと必殺の“鬼千切”を使用することが可能。強力な攻撃を鬼にぶちかませ!

実機プレイのあと中川翔子は「すごい気持ちいい!鬼千切の気持ちよさっていままではコントローラを持ちながら手に汗握って“えぇーい”って感じだったんですけど、同じレベルの爽快感をスマホでもちゃんと味わえるっていうのがビックリですね。ちゃんと攻撃して回避してっていうぴりぴり感、これがスリルがあるので、配信後は忙しくなりそうです。でも幸せぇ~!」とコメントを残した。

本作は2016年内配信に向け、鋭意制作中とのこと。また、配信に先駆け事前登録を実施中。登録者が増加することで特典が豪華になっていく。事前登録を済ませて配信を待とう。

討鬼伝モノノフ_TGS2016_11

【『討鬼伝 モノノフ』事前登録】

『討鬼伝 モノノフ』公式Twitterアカウント

討鬼伝 モノノフ

メーカー
コーエーテクモゲームス
配信日
2016年内配信予定
対応機種
iPhone、Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧