シャドウバース攻略まとめ

(c) Cygames, Inc.

シャドウバース【シャドウバース攻略】アリーナ(2Pick)でデッキに入れたいドラゴンのおすすめカード(2017年5月31日更新)

シャドウバースの攻略記事

【シャドウバース攻略】アリーナ(2Pick)でデッキに入れたいドラゴンのおすすめカード(2017年5月31日更新)

2017-05-31 13:59 更新

アリーナで活躍できるドラゴンクラスのカード

『シャドウバース』のアリーナ(2Pick)において、優先してデッキに入れたいカードを紹介。

本記事では、ドラゴンクラスのおすすめカードをお届け。

アリーナ(2Pick)の遊びかたと報酬一覧
5勝するためのデッキ構築のコツ

優先度:SS

ドラゴンのクラスカード

SV_D_ウロボロス_0_進化前ウロボロス
フォロワー(神々の騒嵐)
ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
ラストワード 自分のリーダーを3回復。ウロボロス1枚を手札に加える。
【解説】
出てくるときはデモンストライクを内蔵し、去り際には治癒の祈りと同等の3回復をする。本体のステータスが貧弱かといえばそんなこともなく(3ダメージで破壊されない体力4は絶妙な数字)、8/4と高い攻撃力ゆえに放置もしにくい。極めつけは破壊されても手札に戻ってくるため、手札のリソースを消耗せずに使いまわせるあまりにも強烈なカード。出現したらとりあえず取ってしまっても問題ない。
SV_D_水竜神の巫女_0_進化前水竜神の巫女
フォロワー(神々の騒嵐)
ファンファーレ このターンが自分の5ターン目以降(5ターン目を含む)なら、自分のPP最大値を+1する。
覚醒 状態なら、自分のターン終了時、自分のリーダーを3回復。
【解説】
ウロボロスがゲームを決定づけるマストピックカードだとすれば、こちらは勝利を近づけるためのマストピックカード。PP加速をしつつ場に十分なサイズのフォロワーを展開できるということのありがたさが、2Pickでは骨身に染みて理解できる。10PPに到達後も回復効果のほうで腐りにくい点も高評価。

ニュートラルカード

SV_NE_01バハムート
フォロワー(バハムート降臨)
ファンファーレ 他のフォロワーすべてと、アミュレットすべてを破壊する。
相手の場にフォロワーが2体以上いるなら、このフォロワーは相手のリーダーを攻撃不能。
【解説】
どんな不利な場も1枚でリセットし、かつ13/13が場に残るとんでもないカード。(ピックできるかは別だが)要素としてPP加速を持つドラゴンとはとくに相性がよく、先出しして捌けなければゲームセット、捌くためにPPやEP、手札のリソースを消費させれば有利な状況でつぎのターンを迎えられる。
SV_NE_ダークエンジェル・オリヴィエダークエンジェル・オリヴィエ
フォロワー(ダークネス・エボルヴ)
ファンファーレ 自分のEPを3ポイントにする。
【解説】
コスト9にしては物足りないステータスだが、加速して先出しできるドラゴンにとってはそのデメリットも薄まる。EPの少ない先攻を強力にサポートするほか、EPの温存を考えずに全力で場を取りにいくパワープレイが可能になる点が強い。これをピックしている、手札にあるだけでプレイプランすら変わるカード。
SV_NE_風の軍神・グリームニル_0_進化前風の軍神・グリームニル
フォロワー(神々の騒嵐)
守護
ファンファーレ エンハンス 10; 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。これを4回行う。
【解説】
コスト3として理想的なステータスと守護を持ち、序盤のストッパーとして活躍するのはもちろん、エンハンス時の全体4ダメージによる全体除去、リーダーへの直接ダメージ、2/3守護が場に残る、といった点もとても使いやすい。状況を有利に傾ける一手としても、決定打としても強力な1枚だ。

優先度:S

ドラゴンのクラスカード

SV_D_ラハブ_0_進化前ラハブ
フォロワー(神々の騒嵐)
守護
自分のターン終了時、「自分の残りのPPの値」と同じだけ+1/+0する。。
【解説】
基礎体力が高く、壁として優秀。コスト4はPPが伸びてきたときにほかのカードと合わせて使いやすく、意図的に攻撃力を上げることが可能なので“とりあえず”で出しておくのにも適している。派手さはないが堅実な働きをしてくれる1枚だ。
SV_D_邪毒の紫竜_0_進化前邪毒の紫竜
フォロワー(神々の騒嵐)
自分のターン終了時、手札からコスト最小のカードをランダムに1枚捨てる。+2/+2する。
【解説】
ディスカードのデメリットは軽くないが、それ以上に自動でサイズアップしていく効果が強力。出した返しに処理されなければ延々サイズアップしてゲームを決めてしまうこともあるほど。ただし、うまく処理された場合はこのカードを含めて手札を2枚損失することになるので、そのリスクを鑑みてSSではなくSにした。
シャドウバース シャドバ 攻略 まとめ デッキ ドラゴン ローウェン ランプドラゴン竜の託宣
スペル(プライズ)
自分のPP最大値を+1する。
このカードをプレイするとき既に覚醒 状態なら、カードを1枚引く。
【解説】
おなじみのPP加速カード。フォロワーを並べあう2Pickでは弱いかというとそんなことはなく、むしろ高コストのカードを先に叩き付けることができるようになるのでやっぱり強い。そもそもとしてPP加速自体の価値が通常の構築戦より高いため、このカードの評価も伴って高くなる。

ニュートラルカード

SV_NE_激震のオーガ_0_進化前激震のオーガ
フォロワー(神々の騒嵐)
ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。

進化時 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。

【解説】
コストがウロボロスと被ってしまうためSに置いたが、それ以外はSSに置きたいカード。EPさえあれば出すだけで6ダメージが飛び、かつ6/6(激震のオーガは進化でステータスが変動しない)が場に残る。当然PP加速で先出しできる点もドラゴンとはかみ合っているが、浮かれて高コストのカードばかり取りすぎないように気を付けること。

 

ピックアップ 一覧を見る