1. サイトTOP>
  2. スマホの限界を超えたクオリティーを見よ、『三国志を抱く』の最新画像を公開

スマホの限界を超えたクオリティーを見よ、『三国志を抱く』の最新画像を公開

2013-03-14 15:52 投稿

●劉備、関羽、張飛、曹操のイラストも公開

ネクソンのクロスプラットフォーム型シミュレーションRPG『三国志を抱く』のティザーサイトが更新(⇒こちら)。最新画像などが紹介された。画面はウェブブラウザ版(PC版)のものながら、スマートフォンやタブレットでも遜色のないクオリティーを実現しているとのこと。これを見て、『三国志を抱く』の世界観に思いを馳せてみてください。あわせて、劉備、関羽、張飛、曹操のイラストも公開。繊細な墨のタッチのイラストに期待も高まる! さらに、併せてプレイ動画も紹介。こちらも注目です。

▲『三国志を抱く』最新情報総合ページはこちら▲

 

▲『三国志』の世界を彩る英雄、劉備、関羽、張飛。
▲かの有名な桃園の誓い。劉備、関羽、張飛は義兄弟の契を交わす。
▲機知、権謀に富む曹操。“治世の能臣、乱世の奸雄”とも言われる。
▲のちに呉の皇帝となる孫権の父親、孫堅。董卓を打つべく挙兵する。
▲英雄たちの軌跡が楽しめる。
▲こちらはゲーム画面。

 

 ▲劉備玄徳。
▲関羽雲長。
 ▲張飛翼徳。
 ▲曹操孟徳。

 

 

『三国志を抱く』とは?
ウェブブラウザだけでなく、スマートフォンやタブレットなど、多様なプラットフォームで同一のゲームをプレイすることができる、ネクソン初のクロスプラットフォーム型シミュレーションRPG。ゲームはすべて連動し、いつでも、どこでも、好きなときにゲームの続きをプレイすることができる。三国志演義のストーリーを背景とした本格的な歴史戦略MMO RPGとなっており、登場する背景や人物、武器や服飾などの細部まで表現。プレイヤーは、三国志に登場する約200名の武将たちを指揮し、各武将固有の戦略(スキル)を通じて戦略的な戦闘を楽しめる。
※『三国志を抱く』の公式サイトはこちら

三国志を抱く

メーカー
ネクソン
配信日
2013年
価格
基本プレイ無料(アイテム課金あり)
対応機種
iOS 5.1以降、Android2.3.3以降

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧