1. サイトTOP>
  2. 『モダンコンバット4:Zero Hour』最新作にしてスマホ向けFPSの決定版

『モダンコンバット4:Zero Hour』最新作にしてスマホ向けFPSの決定版

2012-12-06 19:32 投稿

●これを遊ばずして何で遊ぶのか?

ゲームロフトは、iPhone、iPod touch、iPad向けとなるシリーズ最新作『モダンコンバット4:Zero Hour』の配信を開始した。価格は600円[税込]。

~ストーリー~
忌まわしい核災害の後、世界は再び大いなる危機を迎えた。驚異的な力を持つテロリストに世界各国の首脳陣が襲撃されたのだ……世界の命運を左右する大いなる時、数名の兵士の命をかけた戦いが、再び始まる……

まず、度肝を抜かれるのが、前作以上に美しく臨場感を増したグラフィック。最初のミッションから緊張感は全開で銃撃戦あり、ドローン操作あり、装甲車からの銃撃ありと盛りだくさん。もう、いきなり引き込まれてしまう。なお、画面はすべてiPhone 5で撮影したもの。
▲基本的な操作を覚えながらミッションを進行。

▲エイムアシスト機能もあり、シリーズ初心者でも安心だ。

▲ドローンを操作したり、ミサイルを発射したり、何かと便利な最新鋭デバイス。

▲ドローンの操作は基本的に照準を合わせるだけオーケー。赤く表示された敵を片っ端から掃除しよう。

今作のキャンペーンモードでは、ファントム隊だけでなく、テロリスト視点のミッションも展開。ドラマティックなストーリーが、ゲームへの没入感をさらに高める。プレイヤーが操るのは、テロリストの主犯格エドワード・ベイジ。最終目的はハワイを攻撃して大統領を捕らえること。その手始めとして、シアトルにある戦争犯罪調査局の破壊へ向かう。

▲ベイジ。この男、超凶悪!

▲戦争犯罪調査局に進入。敵に見つかることも恐れず、容赦なくUS軍を始末していくベイジ(プレイヤー)。この男、やっぱり凶悪!

▲元特殊部隊のサンダースとともに建物の最上階へ。道中ではイベントシーンも挿入される。

▲そして、舞台は再びファントム隊に。戦場と化したシアトルでテロリストたちとの戦いに挑む。

ここからさらに、バルセロナから果ては南極大陸まで舞台は移り変わり、物語はさらに加速。エイムアシスト機能や4段階の難易度により、初心者でも存分にFPSの醍醐味やストーリーを楽しむことが可能だ。

また、マルチプレイも大幅に進化。20000種類を超える、装備とスキルの組み合わせて自分だけの兵士をつくり出せる。戦略に応じてスキルを付け替えるスペシャリゼーションシステムや装備のカスタマイズ、ミリタリーサポートの選択など、プレイヤーごとに個性ある兵士を作成し、9種類の対戦モード、8種類の舞台で最強を目指そう。

モダンコンバット4:Zero Hour

メーカー
ゲームロフト
価格
600円[税込]
対応機種
iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、iPad 2 Wi-Fi、iPad 2 Wi-Fi + 3G、iPad (3rd generation)、iPad Wi-Fi + 4G、iPad (4th generation)、iPad Wi-Fi + Cellular (4th generation)、iPad mini、およびiPad mini Wi-Fi + Cellular に対応。 iOS 4.3 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み
備考
Android版も近日中に配信予定

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧