1. サイトTOP>
  2. 【モダンコンバット4攻略ガイド:第4回】絶体絶命の状況でも勝利のための活路を見出せ

【モダンコンバット4攻略ガイド:第4回】絶体絶命の状況でも勝利のための活路を見出せ

2013-02-21 14:15 投稿

●遂に明らかになる史上最強の大量殺戮兵器

たったひとり敵地に放り出されたブレーク。単独で大統領の救出作戦を続行する。大統領を捜索しているときに、テロリストの主犯格エドワード・ペイジが大量殺戮兵器を準備していることを知る。地球全体を巻き込む展開に、アメリカ軍ファントム隊は立ち向かう。

[関連記事]

※【注目アプリレビュー】スマートフォン向け最高峰レベルのFPSシリーズ第4弾『モダンコンバット4:Zero Hour』を徹底紹介!

※【モダンコンバット4攻略ガイド:第1回】まずはソロプレイでストーリーを楽しもう!

※【モダンコンバット4攻略ガイド:第2回】アツい戦場を駆け抜けろ! ソロプレイ中盤のミッションを解説

※【モダンコンバット4攻略ガイド:第3回】飛び交う銃弾の中、平和と正義のために敵テロリストを殲滅せよ!

 

 

●MISSION10オペレーションショーグン

プレイヤーはアメリカ軍のブレークを操作する。MISSION9の続きで、単独で敵拠点を攻めることになる。初期の武器はナイフのみ。ナイフは敵に近づいたときだけ使用できる。敵から入手できる武器はアサルトライフルの“KR-200”と“UFIA PSD-2”、サブマシンガン“OPS65”だ。今回は、射撃の反動が少なく、フルオート射撃が可能で扱いやすいアサルトライフル“UFIA PSD-2”の使用をおすすめする。まずは、銃を入手するための方法をお伝えしよう。MISSION開始直後に音を聞きつけた敵兵士が接近してくる。気づかれずに敵を倒そう。

▲開始直後の場面。このまま何もせずに立っているとすぐに発見されてしまう。発見されると、敵兵士が集まってきて集中射撃を浴びることになる。
▲“◇NEUTRALIZE”と表示されている場所に敵兵士がいる。物陰に身を潜めて見つからないようにしよう。
▲回り込んで敵を背後から見る。視界に入らなければ見つかることはない。
▲敵に近づくとナイフのアイコンが表示される。タップをすれば静かに敵を切りつけて倒す。近づきすぎると見つかってしまうので、ゆっくりと近づきナイフのアイコンが表示されたらそれ以上は近づかずにタップしよう。敵が落とした武器を拾い攻略を続行する。

このMISSIONでは複数の敵が同時に迫ってくる場面が多い。仲間がいないので、その状況を単独で攻略しなければならない。ポイントは、敵に身体を晒すのは射撃するときのみ。それ以外のときは物陰に隠れるということを徹底しよう。

▲例えばこの場面。左上のマップには敵の位置が表示されている。ルート通りに右側から進むと敵の正面に出てしまう。従って、ここでは窓の近くにしゃがんで身を隠しながら、敵を上から攻撃しよう。
▲窓の側にしゃがんでいる。敵を攻撃するときは“ズームアイコン”をタップしよう。
▲“ズームモード(精密射撃)”を使用すると、しゃがんでいた状態から身を起こして敵を射撃できる。もう一度“ズームアイコン”をタップすれば、再びしゃがんで物陰に隠れられる。

銃撃戦の流れは以下のとおり。まずマップで敵の位置を把握する。つぎに敵の射撃から身を隠せる場所を見つける。物陰にしゃがんで身を隠す。敵の射撃が止まったタイミングで“ズームアイコン”を押して、“ズームモード”で敵を射撃する。そしてすぐにまた“ズームアイコン”を押してしゃがむ。以上のことをマップ上で敵がいなくなるまで続けるのだ。

▲この場面では、マップで敵の位置を把握した後に、画面中央にある箱に身を隠そう。
▲“しゃがみアイコン”をタップして物影に隠れる。
▲“ズームアイコン”をタップして身体を起こし、照準の合った敵を射撃する。一体攻撃したらすぐに“ズームアイコン”を押して、再びしゃがんで隠れる。

大統領の捜索を続けて敵拠点を進むと、大きなスクリーンの前にたどり着く。

▲“◇ACTION”と表示されているポイントに近づこう。
▲画面に“ACTIONアイコン”が出るのでタップしよう。スクリーンに映像が表示されて、テロリストのエドワード・ペイジと大統領が現れる。

大統領がハンガーにいると判明する。進んでいくと、遂に大統領が捕らえられている場所にたどり着く。この後の大統領救出任務はこのMISSIONの一番の難所といえる。攻略法をお伝えするので参考にしてほしい。

▲攻略を進めて、ある部屋に入ると緑色の線で囲われた人物を発見する。この緑色で囲われた人物が大統領だ。
▲近づいていくと大統領の体力が白いバーで表示される。大統領を傷つけずに敵兵士を殲滅しよう。バルコニーから降りてしまうと身を隠せる場所が少ないので、下に行かずにバルコニーから敵兵士を射撃する。
▲バルコニーに隠れ、しゃがんで相手の攻撃を受けないようにする。マップで敵が大量に潜んでいることが分かる。
▲“ズームモード”で敵を一体ずつ倒そう。一体倒したらすぐに“ズームアイコン”をタップして身を隠そう。焦らずに少しずつ敵の戦力を減らすのだ。
▲マップで敵の姿がなくなったら、バルコニーから降りて大統領のもとへ行こう。
▲大統領の背後に回りこむと、“ACTIONアイコン”が表示される。タップして大統領を解放しよう。

そして大統領を脱出ポイントまで連れて行くことになる。敵地のど真ん中を瀕死の状態の大統領を連れて進まなければならない。拘束を解くと、大統領は勝手に進んでいってしまう。敵から撃たれようが、敵が近づいてこようがおかまいなしに脱出ポイントに進んでいく。大統領の行動を指示することはできないので、素早く進行方向にいる敵を殲滅しなければならない。

▲“◇PROTECT”と表示されているのが大統領。敵がまだ沢山いるのに大統領は進んでいってしまう。
▲ゆっくりと一体ずつ倒そうとすれば、敵の殲滅が間に合わずに大統領は死んでしまう。
▲この場面では物陰に隠れずに、動きながら手際よく敵を射撃しよう。積極的に敵に近づき、“ズームモード”を使って、大統領の歩く速さよりも早く敵を掃討するのだ。
▲画面中央にある“◇MOVE”まで大統領を連れていけばMISSIONクリアーとなる。

大統領から大量殺戮兵器が南極大陸にあると告げられる。世界が地獄と化す前に、エドワード・ペイジを倒すことをアメリカ軍は決意する。

●MISSION11コールドベンジェンス

このMISSIONでもアメリカ軍のブレークを操作する。南極大陸に降下してエドワード・ペイジを探すというシナリオだ。初期に装備している銃は、サーマルスコープが装着したアサルトライフル“UFIA PSD-2”と、スナイパーライフル“E24 SASR”だ。サーマルスコープは遠くの敵に対しても照準が見やすい。途中で敵が落とす武器は、アサルトライフル“CHARBTEK-28”とショットガン“Volkhov-12”だ。またMISSIONの途中でランチャー“CTK-88 Crumplor”を拾う。このMISSIONは屋外での戦闘が多く、そのせいで敵兵士が遠くにいる場面が多い。従って遠くの照準も見やすいサーマルスコープ付きアサルトライフル“UFIA PSD-2”の使用がベターだ。

▲遠くの敵に対して照準が合っているのかどうか分かりづらい。
▲サーマルスコープなら遠くの敵に対しても照準が見やすい。

ブレークはアメリカ軍兵士アンダーソンと行動をともにする。ここはアンダーソンに先導してもらいながら進んでいこう。このMISSIONはいままでのMISSIONの集大成とも言える構成になっている。以前の攻略のポイントを思い出しながら進んでいって欲しい。

まず、ランチャー“CTK-88 Crumplor”を拾う場面を説明しよう。

▲◇DESTROYと表示された戦車がこちらを狙っている。ランチャー“CTK-88 Crumplor”を拾って攻撃しよう。ランチャーを使用する前に近くにいる敵を掃討しておこう。ある程度の距離を取っていれば戦車も攻撃してこない。

このステージではさまざまな場所に撃つと爆発する可燃物が置かれている。爆発させると周りにいる敵兵士をまとめて吹き飛ばすので、積極的に利用しよう。

▲可燃物。赤色で目立っている。
▲敵兵士の側に可燃物が見えたときは、すぐに射撃して爆発させよう。

敵の数も多いので、隠れられる障害物を上手く活用しよう。

▲大きい障害物は敵からの射撃を防いでくれる。
▲しゃがんだ状態で横に移動する。視界に敵兵士が入ったら、“ズームモード”で素早く倒そう。

ステージ攻略を進めていくと、ドローンを操作する場面になる。いままでよりも敵の数が多いので注意が必要だ。

▲赤い線で囲われた敵兵士を射撃していく。数が多いのでいままで以上に素早い照準の移動が必要だ。
▲ドローンを操作する場面でも可燃物が幾つか置かれている。赤色で目立つ。発見したら射撃して爆発させ、周りの敵兵士をまとめて倒そう。

化学物質を製造するための実験室に着くと、40億人を殺せるほどの生化学兵器を発見する。アンダーソンが兵器を破壊する為に単独で中に乗り込むが、突如として現れたエドワード・ペイジに背中を刺されてしまう。

▲生化学兵器を破壊するためにボタンを押せと言われる。フリック操作を要求されるが、失敗しても問題なく先に進む。

生化学兵器が爆破されるが、アンダーソンも命を落とすことになった。爆破の衝撃でよろめくエドワード・ペイジ。アメリカ軍とテロリストの戦いもクライマックスを迎える。

●MISSION12エクストリームサンクション

MISSION12ではテロリストのエドワード・ペイジの視点で戦いが進んだ後、アメリカ軍のブレークの視点に移る構成。プレイヤーはまずエドワード・ペイジとなる。始めに所持している武器はアサルトライフル“KR-200”とハンドガン“Black Mamba”で、途中敵がショットガン“R780”を落とす。

このMISSIONは敵兵士が大量に出てくるという以外はとくに特徴がない。だが油断してはいけない。丁寧に敵を倒していかないと、大量の銃弾でやられてしまう。

▲マップを見ると、この先の通路で多数の敵が待ち構えていることが分かる。
▲横向きに歩いて、“ズームモード”を使って素早く敵を倒す。
▲一体倒したら素早く横向きに歩いて再び扉に身を隠そう。焦らずに一体ずつ倒していこう。

エドワード・ペイジ視点でのプレイは短い。建物内を移動していくと、アメリカ軍を発見する。相手を舐めきった態度のエドワード・ペイジは隙をつかれて背後を取られる。

▲ブレークがエドワード・ペイジに向かってナイフを振り下ろそうとしている。このフリック操作は失敗してもMISSION失敗にならない。

続いてエドワード・ペイジを刺殺したアメリカ軍のブレークに視点が移る。初期装備はアサルトライフル“KR-200”とアサルトライフル“VECT9”だ。敵が落とす武器もこの2種だ(銃弾の補充のみ可能)。

▲最後の任務は脱出地点に向かうことだ。
▲画面中央にあるような物体に身を隠しながら、“ズームモード”で一体ずつ敵を倒していこう。

MISSION12は銃撃戦の難易度が高いだけで、特徴のある場面はない。丁寧なショットを心掛ければ、問題なくクリアーできるだろう。

▲遂に脱出地点に到達した。
▲最後に敵拠点の建物内に仕掛けた爆弾を起爆するため、フリック操作を要求される。何度失敗しても大丈夫だし、時間制限もない。フリック操作を成功させて、タフな戦いが続いたストーリーモードは完結となる。

エンディングでいままでの事件の裏側を知る。真の脅威は未だに残っていた。アメリカ軍ファントム隊の戦いはまだまだ続く……。

これで、『モダンコンバット4:Zero Hou』のストーリーモードが完結した。次回は、よりストーリーモードの攻略を容易にする、ミリタリーショップの活用法をお伝えしよう。

[関連記事]

※【注目アプリレビュー】スマートフォン向け最高峰レベルのFPSシリーズ第4弾『モダンコンバット4:Zero Hour』を徹底紹介!

※【モダンコンバット4攻略ガイド:第1回】まずはソロプレイでストーリーを楽しもう!

※【モダンコンバット4攻略ガイド:第2回】アツい戦場を駆け抜けろ! ソロプレイ中盤のミッションを解説

※【モダンコンバット4攻略ガイド:第3回】飛び交う銃弾の中、平和と正義のために敵テロリストを殲滅せよ!

モダンコンバット4:Zero Hour

メーカー
ゲームロフト
配信日
配信中
価格
600円[税込]
対応機種
iPhone 4以降、iPod touch (第4世代)以降、iPad 2以降、iPad mini iOS 4.3 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み、Android 2.3以上
備考
Android版対応機種
●対応機種:
[DOCOMO]
Fujitsu F-07D
Fujitsu F-12C (Globetrotter Classic)
LG L-01D (Optimus LTE)
LG L-06D (Optimus Vu, JOJO)
LG Optimus G L-01E
Nec N-04C (Medias)
Nec N-06C (Medias WP)
Samsung SC-01C (Galaxy Tab)
Samsung SC-02B (Galaxy S)
Samsung SC-02C (Galaxy S II)
Samsung SC-02E (Galaxy Note II)
Samsung SC-03D (Galaxy S2 Next)
Samsung SC-04D (Galaxy Nexus)
Samsung SC-05D (Galaxy Note)
Samsung SC-06D (Galaxy S3)
Sharp SH-12C (Aquos Phone)
Sharp SH-13C (Aquos Phone f)
Sony Tablet S (S1)
Sony-Ericsson SO-01C (Xperia Arc)
Sony-Ericsson SO-02C (Xperia Acro, Azusa)
Sony-Ericsson SO-02D
Sony-Ericsson SO-03C (Xperia Ray)
Sony-Ericsson SO-03D (Xperia Acro HD)

[KDDI]
Casio IS11CA
Fujitsu ARROWS ES IS12F
Fujitsu ISW11F
Fujitsu ISW13F
HTC ISW12HT
HTC ISW13HT
Kyocera ISW11K
LG IS11LG
LG Optimus G LGL21 (LG Geeb)
Motorola IS12M
Motorola ISW11M
Nec IS11N
Pantech IS11PT
Samsung ISW11SC (Galaxy S2 WiMAX)
Sharp A01 (Infobar)
Sharp IS11SH
Sharp IS12SH
Sharp IS13SH
Sharp IS14SH
Sharp IS15SH
Sharp IS17SH
Sharp ISW16SH
Sharp SHX12
Sony-Ericsson IS11S (Xperia Acro)
Sony-Ericsson IS12S
Toshiba IS11T

[SoftBank]
HTC 001HT (Desire HD)

[その他]
Asustek Transformer Pad TF300T (TF300 Series)
Asustek Transformer Prime TF201 JP
Asustek Transformer TF101 JP
Asustek Transformer TF101G JP

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧