1. サイトTOP>
  2. 【モダンコンバット4攻略ガイド:最終回】ミリタリーショップを活用して戦闘を有利に進めよう!!

【モダンコンバット4攻略ガイド:最終回】ミリタリーショップを活用して戦闘を有利に進めよう!!

2013-03-08 20:00 投稿

●ミリタリーショップとは

キャンペーンモード(ストーリーモード)のMISSIONを攻略すると、ゲーム内通貨“ブルークレジット”を獲得できる。これは課金でも得られ、ミリタリーショップでさまざまなスキルや装備品を手に入れることができるぞ。購入できる要素は大きく分けて以下の3つ。一時的にキャラクターの能力を向上させる“ブースト”。キャラクターの能力が永続的に向上する“アップグレード”。そして最先端の装備品で武器をカスタムできる“アタッチメント”。ミリタリーショップを上手く活用すれば、より効率よく攻略を進められる。今回は、どんなスキルや装備品が売られているか紹介していこう。

[関連記事]
※【注目アプリレビュー】スマートフォン向け最高峰レベルのFPSシリーズ第4弾『モダンコンバット4:Zero Hour』を徹底紹介!
※【モダンコンバット4攻略ガイド:第1回】まずはソロプレイでストーリーを楽しもう!
※【モダンコンバット4攻略ガイド:第2回】アツい戦場を駆け抜けろ! ソロプレイ中盤のミッションを解説
※【モダンコンバット4攻略ガイド:第3回】飛び交う銃弾の中、平和と正義のために敵テロリストを殲滅せよ!
※【モダンコンバット4攻略ガイド:第4回】絶体絶命の状況でも勝利のための活路を見出せ

 

▲画面左上の上矢印で表示されている“ショップアイコン”をタップするか、“ポーズ画面”の中の“ショップ”をタップするとミリタリーショップに入れる。

●一時的に能力が飛躍する“ブースト”

“ブースト”は基本的に使い捨てアイテムだ。使うとなくなるので、購入する優先順位は低い。窮地に陥り、どうしてもMISSION失敗をしたくないときに、起死回生の一手として頭の中に入れておこう。では、どんな要素が売られているか紹介していく。

【ボディアーマー】1,500クレジット。次世代のボディアーマー。ダメージを吸収してくれる。装備すると%でボディアーマーの耐久度が画面上に表示される。ダメージを受けるとあっという間に破壊されるので、そこまで効果の実感は沸かない。
【アモパック】1,500クレジット。すべての武器の弾薬を補充することができる。使用している武器の弾数がゼロになったときに大きな助けとなる。
【ヘルスパック】1,500クレジット。体力を最大値まで回復することができる。敵からダメージを受けなければ体力は自然回復していくので、あまり活用する機会はないだろう。
【フラググレネード】1,500クレジット。フラググレネードを3個補充する。フラググレネードで敵をまとめて倒したい人は、購入すれば残数を気にせずに使用できる。
【フラッシュグレネード】1,500クレジット。フラッシュグレネードを3個補充する。フラッシュグレネードは爆音と閃光により敵の視界を奪う。無防備になった敵を落ち着いて倒していくことができる。
【投げナイフ】1,500クレジット。投げナイフを5本補充する。ナイフを投げるより銃を撃つほうが正確さも威力も勝るので、戦場で個性的な立ち回りをしたい人のお楽しみ用のアイテム。
【オートタレット】25,000クレジット。戦術的先進人工知能によって操作されるオートタレットを配備する。タレットは視界に入った敵すべてを銃撃する。敵が大量にいる場所で購入すれば、プレイヤーは物陰に隠れているだけで敵を殲滅できる。
▲画面中央にあるのがオートタレット。購入した場所に設置され、持ち運びはできない。
【アドレナリン】4,000クレジット。一時的に攻撃能力、精度、リロード速度、歩行速度などの能力を向上する。使用すると画面が薄く緑色で染まる。プレイヤーの操作する兵士の能力が格段に向上する。向上の度合いは大きいが、時間が短いので活用できる場面は少ない。
【スキップミッション】40,000クレジット。戦場から緊急離脱し、つぎのミッションが待つ戦場に移送する。使用すればその時点でMISSION攻略達成となる。消費クレジットが高いし、使ってしまうとMISSION攻略の達成感もなくなってしまう。できれば使わずに攻略を進めたい。

●永久的に能力が向上する“アップグレード”

一度購入すればつぎのMISSIONステージに移っても、操作する兵士が変わっても、能力向上の効果が持続する“アップグレード”。ミリタリーショップの中で、いちばん優先して購入したい要素だ。では、どんな要素があるのか紹介しよう。

【改良型ビジョンバイザー】15,000クレジット。使用すると戦場から必要な情報を得ることが容易となる。敵兵士のアウトラインが表示されるようになり、戦闘時の視認性を向上する。
▲“武器アイコン”の左にある“改良型ビジョンバイザー”のアイコンをタップすると、壁の向こう側にいる敵も赤線で囲われる。戦場を立ち回る上でかなり強力なアイテムだ。早めに入手したい。
【ヘルスインフューザー】15,000クレジット。体力回復が始まるまでの時間を短縮する。購入すると被弾したあとの立ち直りが早くなる。
【ヘルスファストリジェネ】15,000クレジット。体力の回復速度が上がる。被弾してもすぐに回復するので効率よくMISSIONを攻略できる
【アミュニッションベルト】15,000クレジット。持てる弾薬の最大数を増やす。なくても困らないが、あると便利。優先順位は低い。
【アイアンサイトムーブ】15,000クレジット。ズーム中の移動を速くする。少しは速くなるが、それでも遅い。敵を射撃するとき以外は“ズームモード”を解除すればいいので、そこまで必要なスキルではない。
【クイックエイム】15,000クレジット。ズームするまでの時間を短くする。かなり速度が上がる。“ズームモード”の切り替えが敵を手際よく殲滅するための鍵となるので、早めに手に入れたいスキルだ。
【ファストリロード】15,000クレジット。リロードにかかる時間を大幅に短縮する。ショットガンなどリロードに時間がかかる武器を好む人におすすめだ。
【コンポジットアーマー】25,000クレジット。受けるダメージを25%軽減する。あると耐久力が上がるので、安定して攻略を進められる。

●銃を強化する“アタッチメント”

銃に装着する“アタッチメント”は、以下の4種類に分かれている。敵に照準を合わせやすくする“サイト”。正確な射撃を助ける“ストック”。射撃時の反動を抑える“グリップ”。そして射撃の威力を高める“マガジン”だ。こちらも“アップグレード”同様、購入すれば永続的に使用できるので、優先して購入したい項目だ。まずは扱いやすい“サイト”をひとつ購入しておくと、攻略がぐっと楽になる。

【アイアンサイト】初期装備。スコープのないシンプルなアイアンサイト。照準が見にくいので、ほかの“サイト”を購入して装着させよう。

【レッドドットサイト】10,000クレジット。アイアンサイトよりは照準が見やすい。

【タクティカルドットサイト】10,000クレジット。緑色で照準が示されているので視認しやすい。

【ホロスコープ】10,000クレジット。ホログラフィックを利用した高精度な射撃を可能とするサイト。照準がはっきりしていて見やすい。

【タクティカルホロスコープ】10,000クレジット。ホログラフィックを利用した高精度な射撃を可能とするスコープ。さらに照準の鮮明さが上がっている。

【CTSスコープ】10,000クレジット。4倍ズームで遠距離戦に力を発揮する戦闘用光学照準器。遠くの敵を狙いたいときに力を発揮する。

【弾道補正機構付きスコープ】10,000クレジット。4倍ズームと弾道補正機構が付いているため、遠距離戦に力を発揮する戦闘用光学照準器。遠くの敵に正確な射撃ができる。

【サーマルスコープ】15,000クレジット。困難な状況であっても敵を補足できる改良型サーマルビジョンを搭載したスコープ。戦場が屋外のときに力を発揮する。視界が極端に狭くなるので注意しよう。

“サイト”はプレイヤーの照準の見え方を変える。いちばんプレイヤー自身が扱いやすいと思った“サイト”を購入するといいだろう。遠距離戦に力を発揮する“サイト”は、とくにストーリーモードの後半MISSIONでは装備しておきたい。

つぎに“ストック”を紹介しよう。“ストック”を購入して装着すれば、精度とハンドリング性を向上できる。銃器の精度が上がれば、射撃の正確さが上昇する。ハンドリング性が向上すれば、アサルトライフルなどでフルオート射撃を行っても弾のばらつきを抑えることができる。より、精度の高い射撃を行いたい場合に役立つ装備品だ。

【スケルトンストック】100,000クレジット。ズーム時の銃器のハンドリング性を向上する。
【コンポジットストック】10,000クレジット。ズーム時の銃器の精度を向上する。
【タクティカルストック】25,000クレジット。銃器のハンドリング性と精度を向上する。

“グリップ”は射撃時の反動を抑える。フルオート射撃をしていると、だんだん反動によって銃口が上を向いてしまうが、その動きを抑えることができる。こちらも射撃の精度を上げたいときに役立つ装備品だ。

【エルゴノミックグリップ】10,000クレジット。腰撃ち時の精度を向上する。腰撃ちとは“ズームモード”を使用していない通常状態での射撃のこと。
【バーティカルグリップ】10,000クレジット。射撃時のリコイルを低減する。反動が減るので正確な射撃を続けられる。

“マガジン”は装弾する弾の種類を代えれる。あると攻略が楽になる。おすすめは一発の威力を上げる“JHP弾用マガジン”だ。

【拡張マガジン】10,000クレジット。装弾数が通常より多いマガジン。装弾数が増えれば、リロードの手間が減る。
【FMJ弾用マガジン】10,000クレジット。貫通力を増し、敵を貫通することもある弾丸。敵をまとめて倒す確率が上がるが、そこまで激的な変化はない。
【JHP弾用マガジン】25,000クレジット。貫通力を下げることで威力を上げた弾丸。一発の威力が上がるので、少ない弾数で敵を倒していける。

ミリタリーショップを使えば攻略の助けになるし、銃撃戦の行動の幅も広がる。使えるものはすべて使ってより効率よくストーリーモードを楽しんでほしい。ストーリーモードでモダンコンバットに慣れたら、ぜひともオンラインでマルチプレイを楽しんでみよう。“人”対“人”なので、戦闘の複雑さは増すが、それ故におもしろさも増大する。スマートフォンのFPSでは、『モダンコンバット4』が群を抜く完成度だ。これからも腕を磨き、慢心することなくさらに上を目指してほしい。

[関連記事]
※【注目アプリレビュー】スマートフォン向け最高峰レベルのFPSシリーズ第4弾『モダンコンバット4:Zero Hour』を徹底紹介!
※【モダンコンバット4攻略ガイド:第1回】まずはソロプレイでストーリーを楽しもう!
※【モダンコンバット4攻略ガイド:第2回】アツい戦場を駆け抜けろ! ソロプレイ中盤のミッションを解説
※【モダンコンバット4攻略ガイド:第3回】飛び交う銃弾の中、平和と正義のために敵テロリストを殲滅せよ!
※【モダンコンバット4攻略ガイド:第4回】絶体絶命の状況でも勝利のための活路を見出せ

モダンコンバット4:Zero Hour

メーカー
ゲームロフト
配信日
配信中
価格
600円[税込]
対応機種
iPhone 4以降、iPod touch (第4世代)以降、iPad 2以降、iPad mini iOS 4.3 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み、Android 2.3以上
備考
Android版対応機種
●対応機種:
[DOCOMO]
Fujitsu F-07D
Fujitsu F-12C (Globetrotter Classic)
LG L-01D (Optimus LTE)
LG L-06D (Optimus Vu, JOJO)
LG Optimus G L-01E
Nec N-04C (Medias)
Nec N-06C (Medias WP)
Samsung SC-01C (Galaxy Tab)
Samsung SC-02B (Galaxy S)
Samsung SC-02C (Galaxy S II)
Samsung SC-02E (Galaxy Note II)
Samsung SC-03D (Galaxy S2 Next)
Samsung SC-04D (Galaxy Nexus)
Samsung SC-05D (Galaxy Note)
Samsung SC-06D (Galaxy S3)
Sharp SH-12C (Aquos Phone)
Sharp SH-13C (Aquos Phone f)
Sony Tablet S (S1)
Sony-Ericsson SO-01C (Xperia Arc)
Sony-Ericsson SO-02C (Xperia Acro, Azusa)
Sony-Ericsson SO-02D
Sony-Ericsson SO-03C (Xperia Ray)
Sony-Ericsson SO-03D (Xperia Acro HD)

[KDDI]
Casio IS11CA
Fujitsu ARROWS ES IS12F
Fujitsu ISW11F
Fujitsu ISW13F
HTC ISW12HT
HTC ISW13HT
Kyocera ISW11K
LG IS11LG
LG Optimus G LGL21 (LG Geeb)
Motorola IS12M
Motorola ISW11M
Nec IS11N
Pantech IS11PT
Samsung ISW11SC (Galaxy S2 WiMAX)
Sharp A01 (Infobar)
Sharp IS11SH
Sharp IS12SH
Sharp IS13SH
Sharp IS14SH
Sharp IS15SH
Sharp IS17SH
Sharp ISW16SH
Sharp SHX12
Sony-Ericsson IS11S (Xperia Acro)
Sony-Ericsson IS12S
Toshiba IS11T

[SoftBank]
HTC 001HT (Desire HD)

[その他]
Asustek Transformer Pad TF300T (TF300 Series)
Asustek Transformer Prime TF201 JP
Asustek Transformer TF101 JP
Asustek Transformer TF101G JP

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧