1. サイトTOP>
  2. 【注目アプリレビュー】『Heroes Call』濃厚なファンタジーの世界が味わえる王道ハック&スラッシュRPG

【注目アプリレビュー】『Heroes Call』濃厚なファンタジーの世界が味わえる王道ハック&スラッシュRPG

2012-06-08 16:14 投稿

●Retinaディスプレイ対応の無料で遊べる本格王道RPG

『Heroes Call』はハック&スラッシュタイプのRPGだ。ギルドのから依頼を受けて、ひたすらダンジョンを探索していくことになる。基本プレイ無料ながらそのクオリティは高く、Retinaディスプレイ対応した美麗グラフィックでプレイすることができる。

『Heroes Call』のここが
・直感で操作が可能
・薄暗いダンジョンの雰囲気
・美麗なグラフィック表現
ここが×
・フォントを加工しているので文字が読みづらい
・強制終了するときがある
こんな人にオススメ
・探索が好きな人
・ファンタジーの世界観が好きな人
・長くじっくり遊びたい人

 

●生き抜くために基本操作を覚えよう

まずは、ダンジョンを攻略する主人公キャラクターを選ぶことになる。キャラクターはBlood KnightとPlague Wizardの2種類。だが、Plague Wizardはジェムと呼ばれるアイテムが65個必要だ。ジェムはダンジョンを探索して入手するか、アドオンで購入することでしか手に入らないため、最初はBlood Knightで開始してゲームに慣れるほうがいい。キャラクターセレクトの中には、まだ選べないがCombat AlchemistやShadow Assassinなどもいるのでこれからのアップデートで遊べるようになるのだろう。

基本操作は行きたい場所にタップをすることで移動して、攻撃をする場合は敵をタップするだけだ。敵を連続でタップすることで、コンビネーションアタックもできる。アビリティを使いたいときにはゲーム画面の右にあるアビリティマークをタップするか、攻撃をしているときにキャラクターの場所を左右にスワイプさせるだけで発動が可能だ。ただ、左右にスワイプさせるのは敵を攻撃しているときに間違えてキャラクターを移動させてしまう危険があるため、アビリティマークをタップしたほうが操作ミスが少ないだろう。

▲ダンジョンの中には破壊できるオブジェクトもある。中身はゴールドや回復アイテムなどが入っているため、見つけたら壊してみよう。

▲緑のマークは移動をする場所、赤いマークは攻撃する敵、白いマークはオブジェクトを壊すときに出現するのでマークの色を覚えておこう。

▲戦闘不能になってしまうと、町に帰還するか同じダンジョンを最初からやり直しをすることになる。ジェムを3消費することでその場で生き返ることができる。

▲レベル1、4、7、10、13ごとに新たなアビリティが解放される。レベル1上がるごとに1個スキルを覚えることが可能だ。

●いざ、ダンジョン探索!

ダンジョンでクエストをクリアーするたびに、つぎのクエストを受注して新たなダンジョンにいくことができるようになるのだが、新たなダンジョンに行くためには一定時間経過させるか、ジェムを支払う必要がある。クリアーしたクエストは時間に関係なく受注することができるが、本作は新しいクエストをクリアーしないと経験値が入手できない仕組みになっているのでレベルは上がらない。武具を購入するお金を貯めるためか、武具を入手するためぐらいにしかいくことはないのだ。武具にはそれぞれレベルが設けられており、自分と同レベルかそれ以下のモノしか装備することはできない。ダンジョンで入手できる武具はレベルが高いモノが入手しやすいので、町にいるBlacksmithから自分のレベルにあった武具を購入するといい。

▲武具の中には紫、青、緑などの色のついているモノが存在する。それぞれに特殊な効果が備わっているおり、色のついている武具は、Blacksmithから購入するか、ダンジョンで手に入る。ダンジョンで入手した色のついている武具はscrollsを使い鑑定をすることではじめて装備できる。scrollsはダンジョン内で入手するか、アドオンで購入する必要があるのだ。

▲ダンジョン探索中はHPが自動回復するので、敵との戦闘中にピンチになったら逃げてHPを回復させるといい。早くHPを回復させたい場合にはゲーム画面の右にある回復アイテムを選択しよう。

▲敵に囲まれた場合にはBlood KnightのアビリティのWhirl Windを使い範囲攻撃をするか、Shield Bashで敵を気絶状態にしてから攻撃をすると受けるダメージを抑えられる。

Blood Knightでプレイをして感じたことは、本作は魔法使いの敵がもっともやっかいだということだ。魔法使いの攻撃は遠距離でキャラクターに誘導されオブジェクトを貫通して非常に当たりやすい。しかも、威力が高いのだ。敵と遭遇したら魔法使いがいるかを確認しよう。いた場合には後方に逃げて、魔法使いの攻撃が届かない場所で先に回りの敵を処理するか、魔法使いの目の前まで移動してShield Bashを使い気絶させる必要がある。

武器には攻撃速度と最大攻撃力、最小攻撃力が設定されているので、最大攻撃力が高ければ強いというわけではない。攻撃速度が速いほうが、必然的に攻撃回数が多くなるため継続したダメージを与えやすいがダメージは低く、最大攻撃力が高い武器は一度に大ダメージを与えられるが攻撃速度が遅い。手数で攻めることが好きな筆者は攻撃速度が上がる武器を選択。その中でも武器の特殊効果にダメージ増加が付加されていれば、継続して大ダメージを敵に与えることが可能だ。さらに攻撃速度が上げるアビリティfrenzyを使えばもっと手数を増やすことができる。

●英語が出来なくても問題なく遊べる

本作はすべて英語となっているため、英語がわからない人は手が出しづらい印象を受けるかも知れない。筆者は簡単な英語しか読むことができないのだが、操作方法は絵でしっかりと説明されていたし、RPGでよく使われている”Equip”や”Abilities”などの簡単な単語がわかれば、『Diablo』のような濃厚なファンタジーの世界が味わえるはずだ。クエストの内容が英語のためわからないことは多かったが、ダンジョンをくまなく探索して敵を倒していたらクリアーしていた。ただ、ダンジョンいるときに強制終了してしまうことがあるのが残念。アップデートで改善されることに期待したい。(ロコモコ大山)

Heroes Call

メーカー
Defiant Development
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 4.0以降のiPhone 3GS、iPhone 4、 iPhone 4S、 iPod touch(第3世代以降)、iPad

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧