シャドウバース攻略まとめ

(c) Cygames, Inc.

シャドウバース【シャドウバース】世界大会2018優勝はふぇぐ選手!終了直後のインタビューも掲載【シャドバ】

シャドウバースの攻略記事

【シャドウバース】世界大会2018優勝はふぇぐ選手!終了直後のインタビューも掲載【シャドバ】

2018-12-18 18:34 更新

そのほかのおすすめ記事

初心者向け記事

 

2018年の世界最強が決定!

2018年12月16日、幕張メッセにてサイゲームスから配信中の『シャドウバース(シャドバ)』の優勝賞金100万ドル(約1億1000万円)をかけた世界大会“Shadowverse World Grand Prix 2018”(以下、WGP)のGRAND FINALSが開催。

その戦いで見事優勝をはたしたのは、『シャドバ』プロリーグ“RSPL”でも活躍するよしもとLibalent所属のふぇぐ選手となった。

ogp

世界中から選ばれた総勢24名の選手たちが世界一を目指し競う本大会のGRAND FINALSは、前日に行われたDay1を突破した8名の選手たちによってトーナメント制のローテーションBO5対決で争われた。

会場は大歓声の渦に!

GRAND FINALSに駒を進めた8名のうち日本代表選手は4名。

優勝したふぇぐ/YL選手は初戦ヨーロッパ代表のHishiro/REV選手との戦いに勝利。続く準決勝では、Day1を1位の成績で勝ち上がった、同じ日本人選手のRiowh選手を打ち倒し、決勝へと駒を進めた。

2日間の長い戦いの最後の相手は、アメリカ代表のPotwasher/TS選手。

第1バトルは両者ヴァンパイアを選択。バトル中盤で、ふぇぐ/YL選手がマウスの操作を誤ってしまったミスから1本取られるも、その後マナリアウィッチの鬼ムーブで流れを取り戻す。その後、お互いに勝ち星を取りつつ、最終戦の第5バトルへともつれ込んだ。

両者残ったクラスはドラゴン。序盤からPotwasher/TS選手の堅実なプレイにふぇぐ/YL選手が押されるも、時折見せる直感的なプレイが功を奏し、最後の最後でふぇぐ/YL選手が勝敗を分けるカード“ポセイドン”を引いて見事勝利を収めた。

最後のドローの瞬間には、幕張メッセも揺れるほどの大歓声が観客から湧き上がった。

IMG_4644
IMG_4678
IMG_4696

本番終了後のインタビュー

大会終了後、メディア向けにふぇぐ/YL選手への囲みインタビューの時間が設けられた。その模様をお届けしよう。

IMG_4790

――優勝おめでとうございます! まずは、優勝を決めたときのお気持ちを聞かせてください。

ふぇぐ/YL選手 100万ドルのポセイドンが輝きましたね。マジでうれしいです!

――今回優勝できた要因はなんだったと思いますか?

ふぇぐ/YL選手 最後はミスもありましたが、準決勝までは自分でも納得のいくプレイができたので、その積み重ねだと思います。

――大会を振り返ってみて、どんな2日間でしたか?

ふぇぐ/YL選手 2日間とも1日に1回ずつ緊張でミスをしてしまって、自分のふだんのプレイができない部分がありました。優勝はできましたが、来年に向けてそこは直していきたいと思います。

――優勝したことをいちばん最初に伝えたい相手は?

ふぇぐ/YL選手 よしもとLibalentのチームメンバーに伝えたいです!

――今回の優勝賞金100万ドルの使い道は考えていますか?

ふぇぐ/YL選手 壮大すぎてまだよくわからないです。うーん、とりあえずマンション買いたいですね!

――賞金がもらえたことで、友達や親戚が増えそうですが対策は考えていますか?

ふぇぐ/YL選手 とりあえず親に預けようと思います(笑)。

――今日を振り返ってみて、いちばん苦しかったシーンはどこでしょうか?

ふぇぐ/YL選手 決勝戦の第1ラウンドで、本来出すはずじゃないカードを出してしまった場面があって。そこで集中の糸が一度途切れてしまいましたね……。集中し直すのに時間がかかってしまいました。

――今回の世界大会でいちばん活躍したカードを一枚挙げるとしたら?

ふぇぐ/YL選手 最後に大活躍してくれたポセイドンですね。

――決勝戦第2バトルでマナリアウィッチの強烈なムーブをしたときどう思いましたか?

ふぇぐ/YL選手 この動きは練習中でもやったことがないぞ、って言いながらやってましたね。あそこまでできたのは初めてです。

――デッキ構築について、マナリアウィッチを採用した理由を教えてください。

ふぇぐ/YL選手 BO3だったら、ドラゴンとヴァンパイアが間違いないと考えていました。そこにもう1クラス入れるなら、ロイヤルとネクロマンサーが多いだろうなぁと思って、その対抗策としてBO5ではサードリーダーをマナリアウィッチにしました。

――世界王者となったいま、今後の目標はなんですか?

ふぇぐ/YL選手 よしもとLibalentとして、チームでのリーグ優勝です。そして、来年の世界大会も連覇したいですね。

――eSportsはゲーム業界以外にも注目をされていますが、どんなところを広めていきたいですか?

ふぇぐ/YL選手 最後の試合を見ていただいたらわかる通り、観客の方も含めて全員が大声を出して共感できるところが楽しいものです。そこをもっと知ってもらいたいです。

――eSportsで勝つのに必要とされる力はなんだと思いますか?

ふぇぐ/YL選手 練習量と集中力ですかね。今回の場合、一日で8回の試合がありました。相手も限りなくミスが少ないなか、自分がどれだけミスをせずにプレイできるかが重要だったと思います。

――今後、esportsがオリンピックの競技になるかも、という話が出ていますが、選手の視点から見てどう思われますか?

ふぇぐ/YL選手 なってくれたらうれしいですが、まだeSportsというものに対して共感をできていない方も多いと思います。ですので、ゆっくりと土台を作りながら、盛り上がっていってくれればいいなと思います。

――最後に『シャドウバース』プレイヤーに向けてメッセージをお願いします。

ふぇぐ/YL選手 『シャドウバース』は本当にいいゲームなので、皆さんもっともっと遊んでください!

 

来年も“Shadowverse World Grand Prix 2019”が開催されることが発表された。優勝賞金は、今回と同じく100万ドル(約1億1000万円)となる。

続報については今後の“Shadowverse NEXT”で伝えていくとのことなので、今後の続報を楽しみに待とう。

最新YouTube動画

そのほかのおすすめ記事

初心者向け記事

ピックアップ 一覧を見る