シャドウバース攻略まとめ

(c) Cygames, Inc.

シャドウバース【シャドウバース】“RAGE 2018 Spring”東日本予選を突破した6名のデッキリストを公開!

シャドウバースの攻略記事

【シャドウバース】“RAGE 2018 Spring”東日本予選を突破した6名のデッキリストを公開!

2018-02-06 13:39 投稿

ドラゴン神話、いまだ健在!

2018年2月3日~4日にかけて、『シャドウバース』の賞金制大型大会である“RAGE Shadowverse Chronogenesis”(以下、RAGE 2018 Spring)の東日本予選が東京ビッグサイトで開催された。

本予選を勝ち抜き、決勝大会へと駒を進めた6名はTatsuno選手、K選手、ゼロ選手、ソルト選手、みずせ選手、Liga選手。

みずせ選手、ソルト選手は前大会の“RAGE Shadowverse Starforged Legends”に続き、2連続での決勝大会進出を成し遂げた。

今回の予選大会で目を引いたのは、やはり2018年1月に行われたカードパラメーター調整が結果的に追い風となったドラゴン。ファイナリスト6名中4名が使用したそのポテンシャルは、もはや疑いようがないだろう。

”現在はドラゴンとウィッチを中心とした環境”という見解が浸透しつつあるなか、意外な活躍を見せたのがエルフ。6名中3名がエルフを選んでいたことから(ウィッチと同数で使用率2位)も、今後、環境に一石を投じるファクターになるのではないだろうか。

RAGE

ファイナリスト6名が使用したデッキを公開!

Tatsuno選手

使用デッキ1:エルフ

 01tatsuno1

デッキコードはこちら

白狼+キングエレファントによるガード不能の大量得点を軸に抱えるデッキ。

ロキやジャングルの守護者といったカードの採用や、守備的な構築から“条件を揃えつつ耐えて、大量得点で勝ち切る”という筋が見える。

使用デッキ2:ヴァンパイア

01tatsuno2

デッキコードはこちら

エルフとは打って変わって超攻撃的なデッキ。ニュートラルを軸にすることで大きい恩恵を得る均衡の大梟、ヘクトル、ファントムキャットが強力に中盤を支えている。

バフォメットのサーチ先が自身、もしくはファントムキャット、ソウルドミネーター、デモンオフィサー・エメラダのどれかに絞られているのも印象的。

中盤以降にバフォメットをプレイすれば、確実に強力なカードにたどり着く設計に構築美を感じる。

K選手

使用デッキ1:ドラゴン

 02K1

デッキコードはこちら

まさに王道といった感のあるランプドラゴン。ドラゴサモナー、竜剣の少女・アイラの枚数を削って重めにチューニングしているのが印象的。

デッキ40枚に対する強力なカードの含有率が高く、必然的にターンドローも強くなりやすい構造だ。

使用デッキ2:エルフ

02K2

デッキコードはこちら

白狼+キングエレファントの強烈な一撃を軸にしたデッキ。

採用カード自体はTatsuno選手と1枚しか違わず(Tatsuno選手のロキ枠がK選手はアンリエットになっている)、カードの採用枚数も微差である。

白狼エレファント型のエルフはこの構築が現環境では正解に近い形なのだろう。

ゼロ選手

使用デッキ1:ドラゴン

03zero1

デッキコードはこちら

無謀なる戦、魔海の女王を採用した攻撃的なデッキ。無謀なる戦は設置のタイミングが問われるが、置かれてしまったら絶対に放置はできないカード。

対策できなければ魔界の女王+イスラーフィールで一気に17点が消し飛ぶ爆発力は脅威のひと言だ。

使用デッキ2:ウィッチ

03zero2

デッキコードはこちら

現環境を代表するパワーデッキのドロシーウィッチ。

精神統一の3枚採用やコールチェイン、ゴーレムアサルトなどから、スペル使用によるスペルブーストにも重点を置いているのがうかがえる。

ソルト選手

使用デッキ1:ウィッチ

04soruto1

デッキコードはこちら

ウィッチが擁するデッキはドロシーのみではない。この秘術ウィッチもドロシーに比肩するパワーデッキだろう。

連鎖する雷2、変異の雷撃3からは長期戦での捲りを許さない、絶対に勝ち切る意志を感じる。

使用デッキ2:エルフ

 04soruto2

デッキコードはこちら

エルフを使用した3名のうち、ほか2名と違いニュートラル軸。ビューティ&ビーストのコスト6を皮切りに、7、8、9、10とおなじみの強力なメンツが揃う。

中盤をビューティ&ビーストで制圧しつつ終盤戦に持ち込めば、有利な状況で大型フォロワーをプレイできるので攻めの展開を作りやすい。

ヘクトル、ジャングルの守護者、ゼウスといったフィニッシャーも用意されているので、勝ち切る手段にもこと欠かなそうだ。

みずせ選手

使用デッキ1:ドラゴン

05mizuse1

デッキコードはこちら

無謀なる戦による疾走ダメージを重視したドラゴン。

複数枚採用されている灼熱の嵐から、対ドロシーへの意識が感じられる(ドロシーが同時展開してくるゲイザー、キマイラの体力は4)。

ウリエルによる無謀なる戦の確定サーチやピン刺しされた魔界の女王など、細かいギミックにも注目したい。

使用デッキ2:ヴァンパイア

05mizuse2

デッキコードはこちら

復讐状態での強化を軸にしたヴァンパイア。このデッキタイプはディアボリックドレインやブラッドウルフを失ったことで小さくない痛手を負ったが、サーベイジウルフや吸血の刻印で代替を果たしている。

カオスシップの呼び出し先に若干のバラつきが感じられるが、それでも採用されているのはやはりデッキから軽いカードを2枚抜いて圧縮する効果が強力だという証左だろう。

Liga選手

使用デッキ1:ウィッチ

06liga1

デッキコードはこちら

Liga選手が選んだのも秘術ウィッチ。

ソルト選手同様に連鎖する雷と変異の雷撃を大量投入している点から、幻惑の奇術師で序盤を抑え、そのまま長期線を避けて早期決着を目指すというコンセプトがうかがえる。

使用デッキ2:ドラゴン

06Liga2

デッキコードはこちら

無謀なる戦と強烈なニュートラルフォロワーによる打点を軸にしたデッキ。

多くの選手がこのタイプのデッキを選択していることからも、段違いの決定力を有するデッキだということが感じられる。

全クラスデッキ一覧と戦いかた

シャドウバース_アリサシャドウバース_エリカシャドウバース_イザベルシャドウバース_ローウェン
エルフロイヤルウィッチドラゴン
シャドウバース_ルナシャドウバース_ユリアスシャドウバース_イリスシャドウバース_ネメシス
ネクロマンサーヴァンパイアビショップネメシス

 

シャドウバース

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルカードゲーム
メーカーサイゲームス
公式サイトhttps://shadowverse.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る